森海渡(東大)のwikiプロフ!出身高校と彼女についても!

この記事は2分で読めます

森海渡(東大)のプロフィール画像
Sponsored Link

はいさいー!

 

今日は快晴が気持ちがいいどうもミショーです。

 

風が心地いい!天気予報ではくもりだったのに、晴れて青空が見えてると嬉しくなりますな!今日はこの後外に出かけるので、なおさらです。

 

洗濯物を干して、レッツラゴーしたいと思います!(外出中に天気が崩れない事を祈るばかりですが^^;このパターンちょいちょいあるので)

 

さて、今日も頭脳王出場者の中から、森海渡さんに迫っていきます〜!

sponsored link

森海渡のwiki風プロフィール

学歴:私立東大寺学園高等学校卒業→東京大学文化一類

 

笑顔が可愛らしいイケメンの森さん。高校時代に高校生クイズに出場していまして「偏差値100」だと話題になっていました。

 

あっ、ちなみに同じ名前でサッカー選手の森さんもいますが、こちらは別人なのでお間違えのないようw柏レイソルU−18所属で、U−16日本代表候補にも選ばれていますからね。これでサッカーも頭脳も日本代表だったらもう驚き以外の言葉が出てきませんよw

 

しかし、偏差値100ってかなり凄いですよね^^;もうワケがわからないレベルですwちなみに、自分の出身高校の偏差値を調べてみたら50もありませんでしたw

 

いや、多分、自分の時の時代はもうちょっと良かったんだろうけど、最近は勉強よりもスポーツに力を入れて偏差値は下がっちゃったんだな。うんそうしよう。そう思う事にします。笑

 

話を森さんに戻しまして、ある調査の大学合格力ランキングでは、灘高校など有名高校を抑えて東大寺学園がトップでした。それだけレベルが高い生徒が集まっているって事ですよね。

 

森さん自身も全国模試1位を取っていますし、実際東大に合格していますし。物凄い学力をお持ちです。

予備校は東進ハイスクールに通っていた

森さんは、林先生が講師としても有名な東進ハイスクールの東大特進コースに所属していました。

 

このコースは優秀な生徒の中でも更に絞られて、限られた生徒さんしか入れないコースだそうです。このコースに入る事ができれば東大間違いなしと言われるほどだそうですが、その勉強量も半端じゃないらしく、普通の人では考えられないほどの学習時間で勉強しまくるそうです。

 

それを乗り越えて確かな実力を身につけた森さんですが、受験した時に感じた事は

国語と世界史の感触が良くないが、解いていて楽しい試験だった。

と語っていました。

 

試験を楽しむ余裕があるんかいー!って感じですよねwいやはや本当にレベルが違います^^;

 

東大合格者インタビューでも「絶対的な自信を持って臨む事ができた」と語っていて、その秘訣は「徹底的に入試を研究する事」だと秘訣を語っていました。

 

また、完璧な戦略を持つ事が大事&東大に合格する人は「なんであいつが?」と思う人間はいなくて全員がしっかりと受験に向き合っていたとのコメントも。

 

色々な森さんの発言を見ていて、決して天才というわけではなく、真面目に努力して学力を身につけたからこそ、溢れ出る自信と確信があるのでしょう。かっこよすぎるぜ!

 

今回頭脳王2016には初出場ですが、東大の試験同様、しっかりと過去の傾向を研究して徹底的にクイズ問題を解いてきたでしょうね。他の出場者も強力なライバルばかりですが、東大のIQ王子こと森さんが初出場初優勝となるのか、楽しみでございます^^

森海渡の彼女は?

頭脳王の他出場者同様、森さんの恋人情報を見つける事はできずでございました。

 

が、これだけ頭良くてイケメンであれば、恋人もいそうですけどね〜。高校生クイズに出場していた当時も「森くん、偏差値100でイケメンとか…」と、気になる女子も結構いたようですし、モテ度はありそうです^^

 

やはり、同じ東大女子とか、頭の良い子を選ぶのでしょうか。

 

何かの番組で、頭が良い人達は同じレベルぐらいの人間じゃないと話が合わなくて、そうでない人と話す時は気を使って疲れるという人も中にはいましたからね^^;

 

それではこの辺で。

にふぇーでーびたん!(ありがとうございました)

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 寿三美(吉幾三の次女)
  2. イタリアで有名な70歳日本人女性のトモコさん
  3. 女流棋士の香川愛生(まなお)が可愛い!
  4. 子役の新井美羽(あらいみう)
  5. アルミカンの高橋沙織が可愛い
  6. 伊藤咲子が現在も美人
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。