香川愛生(まなお)の熱愛彼氏と大学は?可愛いけど性格は番長?

この記事は2分で読めます

女流棋士の香川愛生(まなお)が可愛い!
Sponsored Link

はいさいー!

 

今日泊まりに来てるホテルが最高すぎるどうもミショーです。

 

到着すると、ウエルカムドリンクでオリオンビールが!部屋からの景色も最高で、綺麗な海に、遠くには伊江島たっちゅーも見えます!やばい、これはテンションあがりますよ!

 

たまには贅沢して羽を伸ばすのもいいですな。明日のチェックアウトまで満喫させていただきますぜ^^

 

さて、今日ご紹介するのは、可愛すぎる?女流棋士の香川愛生さんでございます!

sponsored link

香川愛生のプロフィール
香川愛生のプロフィール画像

生年月日:1993年4月16日
出身地:東京都狛江市
ブログ:http://lineblog.me/mno/
ツイッター:https://twitter.com/MNO_shogi

 

まなおって、男みたいな名前(しかもややホストっぽい?^^;)ですが、本名で女性でございます。

 

しかもかなりの美人さん!目も大きくて顔が整っていて、多分自分が見てきた歴代の女流棋士の中でも一番に可愛いかもしれません!

 

そんな愛生さんですが、可愛いだけじゃなくて将棋の実力も凄いんです。2005年と2006年に女流アマ名人戦を2連覇し、全国中学生選抜将棋選手権大会(女子の部)でも優勝!そして、当時史上最年少の15歳でプロ入りを果たしています。。

 

プロ入り後も学業と並行しながら試合に出て、女流王将のタイトルも手にするなど、顔も実力も将棋界トップレベルの逸材なのでございます!

 

また、将棋だけでなく、映画にも出演したり(しかも主演!)主題歌を歌ったり、趣味であるゲーム関係のお仕事もしたりと、様々に活動されています。

 

いやーやっぱり可愛いと何かと得ですな〜w

 

香川愛生主演映画「女流棋士の春」

まー、この予告を見た感じではそんなに面白そうと惹きつけられはしないですが(あくまで個人的にですよ?^^;)、愛生さんの可愛い所を見る映画だと思えばいいかな?w

香川愛生の出身高校と大学は?

愛生さんは、東京都立神代高等学校を卒業後、立命館大学文学部に進学されています。

 

棋士は様々なタイトルのトーナメントがあって、試合数も時期によって異なり生活は不規則だとか。なので、やはり学業との両立は難しかったとのことで、現在は卒論を出すためだけに大学5回生をされています(単位は全て取得済み)。

 

現在は卒論真っ只中で大変そうですが、なんとか卒業の目処がたって、卒業できそうとのこと。卒業したらより将棋にも集中できそうですし、あともう一踏ん張り頑張って欲しいですね!

香川愛生の性格は番長で男勝り?

香川さんのニックネームは番長と呼ばれています。

 

可愛い顔とは裏腹に、めっちゃ怖い性格をしているのか!?と思いきや、そのあだ名の由来は、香川さんが執筆したコラムのタイトルの「落し物バンチョー再来!」がニコニコ動画で紹介されたからというのと、攻めの棋風からも由縁になっているようですねw

 

ですが、甘いものが大好きでちゃんと可愛らしい女性の一面も持ち合わせています^^

 

男っぽい愛生さんも、女性らしい愛生さんも、どっちも可愛い!笑

香川愛生の彼氏は糸谷哲郎?

将棋界注目の美人棋士の恋愛事情はやはり気になりますよね。

 

噂になったのは、同じ将棋界の糸谷哲郎さんです(竜王のタイトルも持っていました!)。

 

二人が局の解説をしている時の様子がかなり仲が良さそうで、そのイチャイチャしているようにも見える感じから二人は付き合っているのではないかとファンの間では噂になったようです。

 

が、交際については二人ともに否定しているようですけどね。

 

それ以降は特に熱愛情報はないのですが、もしかしたら二人は密かに愛を育んでいて、次の報道では結婚なんていう事も?まーそれならそれで祝福したいと思いますが^^まだ若いですし、結婚はもう少し先ですかね。

 

僕も将棋は結構好きなのですが、テレビでやっててもたま〜に見る程度でした。が、これからは愛生さんが対局していたら全力で応援したいと思います!笑

 

それではこの辺で。

にふぇーでーびたん!(ありがとうございました)

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ローラの妹分、モモナが可愛い!
  2. 木暮久雄は真理亜の元家庭教師だった
  3. 水谷萌(めぐみ)が可愛い
  4. 太田カティーが美人!
  5. 丞威(ジョーイ)
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。