渡辺令恵(ふみえ)の結婚した夫は誰?かるたクイーンの大学と経歴も調査!

この記事は3分で読めます

かるたクイーンの渡辺令恵(わたなべふみえ)
Sponsored Link

はいさいー!

 

指先が冷えてきてタイピングが遅いどうもミショーです。

 

ここ沖縄でも今日はかなり冷えてまして、足先も指先も冷えまくっています。元々冷え性なので余計に冷たくなってる^^;携帯でメールを打つ時もですが、パソコンで文字入力をするのも遅いし、いつも以上に打ち間違いがw

 

ホットココアでも飲んで、毛布もかけてまったりパソコンに向き合いたいと思います。

 

さて、今日はかるたクイーンの渡辺令恵さんに迫っていきまっせー!

sponsored link

渡辺令恵(わたなべふみえ)のプロフィール

渡辺令恵のプロフィール画像

生年月日:1964年8月30日
出身:東京都品川区生まれ
学歴:相模女子大学卒業
勤務先:神奈川トヨタ自動車

 

「令」と書いて「ふみ」って読むんですね〜。何回「ふみ」と打っても漢字の変換が出てきませんがw

 

渡辺さんがテレビの新番組「結婚したら人生劇変!○○の妻たちSP」に出演するという事で気になって調べてみたのですが、なんと競技かるたの選手で、しかもめちゃくちゃ強い女王だという事がわかりました。

 

横浜隼会に所属していまして、全日本かるた協会の理事(広報部長)も務めています。

 

選手としての実績が半端なく、全日本クイーン戦では驚異の11連覇!優勝回数は120回を超えていて、永世クイーンとなっています。

 

もうかるた会の吉田沙保里的な存在ですね!笑

 

競技かるたを知らない人がいるかもしれませんが、初めて見たときは本当に度肝抜かれますよ^^;

 

かるたって、一般的なスピードだと、読み終わって取るまでに「う〜ん、どこだ〜?あっ、あったー!」って感じじゃないですが。それが競技レベルになると、読み上げた瞬間、スパァーン!と手が飛んでますw

 

渡辺さんの競技の様子が映されているオフィシャルな動画がないので、こちらの動画を紹介しますね。

 

38秒〜あたりからです。

いかがですか?もう笑っちゃうぐらい早いですよねw

渡辺令恵さんがモデルのドラマも作成された!

石田ひかりさんが主演で、「かるたクイーン」という連続ドラマが作成されています。

 

こう言っては失礼ですが、それほどメジャーでない競技の人が注目されて、自身がモデルとなるドラマまで作成されるって本当に凄いですよね。

 

かるた競技のドラマで思い出しましたが、競技かるたを題材とした漫画「ちはやふる」も人気になって、映画化もされましたよね。

 

主演の広瀬すずちゃんの着物姿、かわゆし!

競技かるたも走り込みとか本当にしてるんかな?w

 

瞬発勝負ということで、持久力よりは筋トレをしたほうが競技に活きそうだと思いましたが^^;

渡辺令恵が結婚した夫はプロ棋士の吉田正和さん

プロ棋士の吉田(渡辺)正和

かるた会の女王の旦那様は、プロ棋士の吉田正和さんです。

 

びっくりしたのがその年の差。夫の吉田さんは1986年1月23日生まれの今年31歳。渡辺さんは53歳なので、年の差なんと22歳!

 

もはや親と子供状態ですな^^;

 

というか、競技も違うしこんなに年が離れてるのに、二人はどこでどうやって出会ったの?って感じですよね。

 

馴れ初めは森内俊之さんの竜王就位式のパーティーで偶然同じテーブルになったことが始まりです。

 

どちらかというと無口なタイプの吉田さんでしたが、渡辺さんから名刺をもらって連絡先の交換はしていたそうです。

 

それから吉田さんが「楽しかったです」とメールを送ってやりとりしている内に、二人でディズニーシーへデートに行くなどして交際がスタート!

 

あまり喋らないという事で、もしかしたらプロポーズは渡辺さんからしたのかな?と思いましたが、ちゃんと吉田さんからプロポーズしたそうですよ^^一安心(笑)

 

ちなみに、吉田さんは結婚して渡辺に姓を変えたので、現在は渡辺正和さんになっています。

 

かるた界の女王とプロ棋士という頭脳派なカップル。二人の間にお子さんはいないようですが、これからも末長く幸せになってほしいですね!

 

それではこの辺で。

にふぇーでーびたん!(ありがとうございました)

 

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 下剋上受験のスカジャンのブランドや販売価格について
  2. セネガル人ハーフモデルのマリエ
  3. ハーフタレントの大山愛紗
  4. テディベア作家の吉川照美さん
  5. 清原翔は塩顔のイケメン!
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。