マクミラン彩(ギネス認定員)は結婚してる?wikiや経歴を調査!

この記事は3分で読めます

ギネス認定員のマクミラン彩さんが美人!
Sponsored Link

はいさい。

 

いつもと違うオレオにビビったどうもミショーです。

 

もらったオレオを食べてたんですけど、なんかいつもより美味しくなくて違和感を感じてたんですよ。で、3個目を食べた時によくよく見てみると、中のクリームがチョコになっとるやないですかー!

 

パッケージもちゃんとみると、白と青ではなくて、茶色と青。全然気がつかなかったw

 

白のクリーム以外にチョコクリームもあったとは初めて知りましたが、個人的には断然白いクリームの方が好きですね^^;

 

さて、今日は美人すぎるギネス記録認定員のマクミラン彩さんに迫っていきますよー!

sponsored link

マクミラン彩のwikiプロフィール

マクミラン彩のプロフィール画像

マクミランさん、生年月日から出身地までほとんど情報得られず^^;ですが、わかる限り書いていきますね!

 

まず、名前と見た目からも予想できるように、マクミランさんはハーフです。

 

お父さんがカリフォルニア州出身のアメリカ人で、お母さんが日本人。うん、そんな感じしますな。顔が整っていてかなりの美人さん。ぱっと見木村カエラっぽいなと思いました。(ちなみに、木村カエラはお父さんがイギリス人。)

 

同じくギネス認定員にマクミラン舞さんという方がいますが、舞さんの方も美人さんだし、おそらく姉妹でしょうね。

マクミラン舞さん

マクミラン彩さんの結婚相手は?

ブログ、ツイッターやフェイスブックなどのSNSもされていないようでして、プライベートな情報は上記ぐらいしかわからず。

 

仕事中だからというのもあるかもしれませんが、画像を見ている限り左手薬指に指輪もされていないので、結婚はまだかと思います。

 

しかし、画像を見れば見るほど綺麗でずっと見て入られますなw

 

2017年1月22日(日)放送の「林先生が驚く初耳学!」に出演して、ギネス世界記録の裏話やオススメのギネス記録のお話も紹介してくれるようです。番組内で少しでもプライベートな情報が聞ける事に期待ですね。

マクミラン彩さんが立ち会ったギネス記録

「いつも認定イベントに立ち会う際、挑戦に参加される、ひとりひとりの方に、楽しみながらギネス世界記録に挑戦していただけるよう、心がけています」と語る、マクミランさん。

 

これまでに

・「1分間の連続ハイタッチの人数」
・同時に一ヶ所で行われた将棋の対局数ナンバーワン
・キャットウォークを歩いた人数
・ゆるキャラ141体「ヒゲダンス」
・太陽光発電LEDの最大のディスプレイ

などの記録に立ち会ってきたそうです。

 

認定員の仕事は、時には重いものを持ったり、走り回ったり、また、一日中暑い中もしくは激寒の中立ってひたすら待っていたりと、体力も精神力も必要な仕事だと語っていました。

 

そういう大変な記録の時でも、気合で乗り切ると語っていたあたり、仕事に対しての責任感も強く、また、しっかりと厳格に判定しなければいけないので性格的には細かい所もあるでしょうね。

 

仕事にもやりがいを感じていて、「挑戦の成功、失敗に関わらず、挑戦者の方々に「やって良かったです!」、「またやりたい!」というお声をいただくことが嬉しい」と語っていました。

 

うーん、美人なだけでなくハートフルな一面もあるマクミランさん。あなたに会いたい!笑

 

そうか!何かギネスに挑戦するような事をすれば、認定員としてマクミランさんに会えるかもと思ったそこのあなた!

 

残念ながら、認定員の指名などはできないそうです^^;

 

まーもし指名OKだったらマクミランさんは(夜の飲み屋のお店じゃないですがw)完全にナンバー1になって忙しくなりまくるでしょうからね。

 

ちなみに、ギネス記録の公式認定員を派遣してもらう費用はもちろん無料ではなく、一人呼ぶのに60万円以上かかります!二人だと100万円以上。

 

一目会いたいだけで呼べる金額ではないですなw

 

なので、最後に動画をご紹介します(笑)いつの日か、あなたのお住まいの近くの地域でギネス挑戦イベントが開催されて、マクミランさんが来ますようにと祈っていますw

あー鼻も高くて美しい!笑

 

それではこの辺で。

にふぇーでーびたん!(ありがとうございました)

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. グラビアアイドルの岬愛奈
  2. そうめん二郎
  3. 蜂谷晏海(はちやあみ)が可愛い!
  4. イタリアで有名な70歳日本人女性のトモコさん
  5. 竹原ピストルさん
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。