赤阪尊子(たかこ)は今現在も大食い?結婚相手や食べた記録をチェック!

この記事は2分で読めます

赤坂尊子の現在
Sponsored Link

はいさいー!

 

食は細い方のどうもミショーです。食べ放題とか行った時は、めちゃめちゃ食べるぞー!と意気込みはあるのですが、実際はそんなに食べられないというw

 

まー普通の女の子よりはさすがに食べられますが、男基準でいうと少食の部類に入るのかな。ただ、「よくご飯を食べる人が好き」という女性も多いので、モテの為にもう少し食べる量を増やしたいと密かに思っています(笑)。

 

さて、今日はそんな僕とは正反対のフードファイターについて書いていきます。しかも女性!歴代最強とも言われている赤坂尊子さんでございますよー!

sponsored link

赤坂尊子のwiki風プロフィール

赤坂尊子のプロフィール画像

生年月日:1955年2月25日
出身地:大阪府
身長:158cm
体重:47kg(若かりし頃ですw)
血液型:B型
キャッチコピー:「女王赤坂」「飢えるジャンヌダルク」

 

名前は知らなくても顔を見れば、あーこの方ね!と大食いファンなら知っている方も多いはず?

 

TVチャンピオンの全国大食い選手権などの大会では、男性フードファイターにも負けない食べっぷりで優勝しまくり!食べ方は汚いという声もありますがwその圧巻の食べっぷりは、まさに「元祖女性フードファイター」でございます。

 

今は細くて可愛いくて、割と綺麗に食べる女性大食いタレントが多いですが、赤坂さんはまさに「ファイター」という感じでガツガツ食いまくっていましたからね。

 

砂糖水を飲んで食欲を増すというのが得意で、他の参加者が限界になっているのに砂糖水を飲んで復活して更に食べまくり、戦意喪失させていたのは凄すぎの一言ですw

 

赤坂さん曰く、脳の満腹中枢が刺激されるのが人よりも極端に遅く、また胃下垂で胃が柔らかいためにどこまでも胃が膨らむのがたくさん食べられる秘密なんだとか。

赤坂さんは今も大食い?主な記録もチェック!

赤坂さんは2015年に放送された「いきなり!黄金伝説」に約十年ぶりに大食い番組に出演!レジェンドの出演に現在はどのぐらい食べるのだろう?この年でも大食いなのかな?と思っていましたが、その時の記録は白玉おしるこを5杯(6杯だったかな?)でした。

 

甘味物には特に無類の強さを誇っていた赤坂さんもさすがに歳には勝てないかとも思いましたが、直近まで盲腸炎にかかって手術を受けたばかりということもあって、コンディション的には万全ではなかったとは思いますね。

 

ただ、それでもこの歳でおしるこ6杯も食べるってのは、普通の女性よりも明らかに食べられますよね^^;甘い物好きの自分でも、多くても2杯で「もう十分です…」となりそうなのを考えると、やっぱり凄いです。

 

そんな赤坂さんの全盛期の記録をwikiでチェックすると

・30分で寿司62皿(TVチャンピオン・第4回全国大食い選手権・1994年)
・江戸雑煮60杯(TVチャンピオン・食初め全国大食い選手権・1996年)
・ぜんざい36杯(TVチャンピオン・甘味大食い女王お正月スペシャル決戦・2002年)

寿司62皿て…^^;しかも30分で!

 

10皿も行くかどうかの自分にとってはマジで考えられませんよ。。

 

さすが、大食いスタッフの中には「歴代最強は赤坂さん」と語る人もいるほどですね!

 

ちなみに、トイレの回数も異常に多く、1日に10回から15回行っていたんだとか。便秘とは無縁ですね。ってかこれで便秘だったらヤバイかw

赤坂尊子は結婚している?

赤坂さんには40代の頃に、結婚を決めている相手がいました。が、その相手とは破局することに。その原因が「もう大食いは辞めてくれ」と言われたことにあったそうです。

 

それからまた新たに新パートナーが見つかったのかは不明ですが、もしかすると現在も独身なのかもしれませんね。ちなみに、失恋した時は、40個の菓子パンに、コーヒー牛乳4リットルを食べたんだとか^^;アンビリーバボw

 

あぁ、結婚よりも大食いの道を行くと決めた赤坂さん。あなたこそ大食い界のゴッドマザーです!

 

赤坂さんの記事を書いているだけで、なぜか軽く胸焼けがしてきたところでお別れです(笑)

にふぇーでーびたん!(ありがとうございました!)

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 磯村勇人がイケメン!
  2. sasano-chieri
  3. 原宿駅前パーティーズの遠藤みゆが可愛い
  4. 中室牧子
  5. そうめん二郎
  6. お笑い芸人のもりせいじゅ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。