おんな城主直虎のあらすじとネタバレ!第2話「崖っぷちの姫」

この記事は3分で読めます

おんな城主直虎のあらすじとネタバレ
Sponsored Link

はいさい!

 

昨日は甥っ子の誕生日会だったどうもミショーです。

 

大きな紙に手書きでプログラムとかも用意していて、子供達のダンスなどもあって可愛かったです^^(流行りの恋ダンスを踊っていました。)

 

しかし時が経つのは早いなとも思いますね。まだまだチビッ子だったのにあっという間に小学生になって。これからどんな大人になっていくか楽しみでもあります☆

 

さて、今日はNHK大河ドラマ直虎のあらすじです。第2話「崖っぷちの姫」。

sponsored link

直虎第2話のあらすじをネタバレ「崖っぷちの姫」

おとわが寺に行くと言ったきり戻ってこないことを母の千賀が心配している中、亀之丞らしき者を捕まえたとの知らせが入り、今川の追っ手が亀之丞の服を来た子どもを屋敷に連れてくる。

 

逃げ切れずに捕まってしまったかと全員が絶望していた中、子どもが顔をあげると、その子はなんとおとわだった。

 

昨夜、龍潭寺の井戸端で亀之丞の笛を見つけ、父親からもらった大事な笛だから届けてあげようと思ったおとわは、山中を探し回って運良く亀之丞を見つけることに成功。

 

そして「何があっても死ぬなよ。決して」と声をかけ、亀之丞も「馬も手習いも誰よりもできるようになってみせる。誰よりも強い男になって、そして、必ずおとわの元に帰ってくる。」と二人は話す。

 

そこでおとわと亀之丞は服を取り替え、おとわが囮(おとり)になっている間に時間を稼ぐことができ、亀之丞は逃げ切ることができたのだった。

おとわと鶴丸が夫婦約束をする事に

それから数日後、直満の葬儀が行われた。そこに小野政直が弔問でやってきて、悔やみの言葉もそこそこに話すと、今川義元からの下知を読む。

 

内容は、直満の謀反を見抜けず、亀之丞を取り逃がした落ち度で左馬助の責任の追及と、新たな目付として政直を追加するというもの。さらに、政直の子である鶴丸とおとわが夫婦になるようにも命じられていた。

 

これに激昂した直平が政直に切りかかろうとするも、直盛が必死に止めて、「追って返事はする」と政直を帰す。

 

政直ばかりが得をする事に、「告げ口をしたのはあいつじゃ!」と直平は決めつけているものの、その証拠はどこにもなく、仮にあったとしても政直の内部告発は今川からすれば正しい行為で、井伊家が抗する術はなかった。

 

後日、おとわは、直盛と千賀から鶴丸と夫婦約束をしなければならない事を告げられる。謀反を企み、亀之丞の首を差し出す事ができなかった事に対して井伊家を許す条件だと理由を聞かされるも、なぜそこで亀之丞と夫婦約束をしたばかりなのに、鶴丸になるのか納得がいかない。

 

しかし、母の千賀に他に手立てはないと強く言われ、その場は黙って聞く事に。

 

その後、龍潭寺の井戸端でおとわと出くわした鶴丸は、気まずさからその場を去ろうとするとも、おとわに追いかけられて止められる。そこで、鶴丸の父が亀之丞の父親の謀反を密告し、それが理由で直満は切られて亀之丞を追われる事になった事を覚悟を決めておとわに話す。

 

おとわは、鶴丸がやったのではないのだから、鶴丸の父を恨んでも、鶴丸を恨む事はないと話す。この言葉を聞いて鶴丸も救われた気持ちになる。

 

二人は、どうにかして夫婦約束を反故にする手立てはないものかと考える。

おとわが失踪する

その夜、おとわは居館を出て行き、おとわの姿がなくなった事に井伊家では、かどわかし(人さらい・誘拐の意味)だと大騒ぎとなる。

 

おとわは村はずれの小屋にたどり着くと、あばら屋の男(後の瀬戸方久)と出会う。あばら屋の男がおとわが疲れて眠っている間に、こっそりおとわが持ってきた荷物を物色していると、外が騒がしい事に気がつく。

 

よく聞いてみると、井伊家の姫がかどわかしにあったと騒いでおり、その姫がおとわだという事に気づく。

 

連れて行けば褒美がもらえるはずだと思ったあばらやの男は、翌日おとわを連れて井伊の居館に出向く。が、危なくおとわかしの犯人だとして首をはねられそうになるも、おとわが「その人は悪くない。自分が勝手に家を出た」と打ち明ける。

 

千賀がおとわに平手打ちをし、「そなたは井伊のたった一人の姫なのですよ!」と叱ると、おとわは「だからじゃ!われがいなくなれば夫婦約束もなくなると思ったのじゃ!」と大声で泣く。

 

亀之丞が戻ってくると信じているおとわは、その時に鶴丸と夫婦になっていてはかわいそうではないかと思っていたのだ。

 

直盛はおとわの気持ちをわかりながらも、「亀之丞を思う気持ちと同様に、井伊家のみんなを思う気持ちも持って欲しい。」と諭す。

 

しかしおとわは、「鶴丸と夫婦にならず、井伊家も潰されない方法を考えれば良い。父も母も何も考えが思い浮かばない阿呆なのか」と暴言を吐き、これに怒った母の千賀がおとわを部屋に閉じ込められてしまう。

 

その部屋の中で、南渓和尚の「答えは一つとは限らない」という言葉を思い出し、ある考えを思いつく。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 大河ドラマ直虎のテーマ曲は菅野よう子が作曲!
  2. おんな城主直虎のあらすじとネタバレ
  3. NHK大河ドラマ直虎の再放送の日程時間は?
  4. NHK大河ドラマおんな城主直虎のキャスト一覧!
  5. おんな城主直虎のロケ地まとめ
  6. おんな城主直虎のあらすじとネタバレ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。