フロムダスクティルドーンのあらすじと見た感想!ネタバレあり!

この記事は2分で読めます

フロムダスクティルドーンの感想レヴュー
Sponsored Link

はいさい!

 

トランプ大統領になって本当に大丈夫かと思っているどうもミショーです。

 

就任するやいなや大統領令を出しまくって入国制限をしたり、反旗をひるがえした司法省のトップを即解任したり…

 

いったいこの先どうなっていくんでしょうね^^;

 

日本との安全保障条約もどうなるかわからないし。いい方向に進んでいくといいんですけど。

 

さて、今日はあの有名な監督クエンティン・タランティーノが初めて脚本兼出演した映画「フロム・ダスク・ティル・ドーン」のレビューです。

sponsored link

フロム・ダスク・ティル・ドーンのあらすじと見た感想

まず主演がジョージ・クルーニーなのがすごい。あまりホラー映画に出ているイメージがない彼が、まさかのアクションホラー。ワイルドでかっこいいクルーニーに、実はぴったりなのかも^^

 

そしてクルーニーの弟役にタランティーノ!

 

かなり変わった性格をしていたり、情緒不安定な役は適役すぎる(笑)。観ていると、おバカで余計なことばかりしてしまう彼だけど、演技がくせになってついつい目で追ってしまいます。

 

この大物2人が出ている映画なら面白いに違いないと思って観てみたんですけど、個人的にかなりヒットでした。

 

一応アクションホラー映画となっていますが、主演2人が強盗して指名手配されてる、恐喝して家族を誘拐する、突然ヴァンパイアは出てくるという忙しい映画ですw

 

主演が悪役の映画はよくありますが、ここまで極悪なのはそうないのでは?

 

途中まではそんな2人が大暴れするだけですけど、飲み屋に入った瞬間…飲み屋のいかつい店員、美しいお姉さん全員ヴァンパイア!いきなり過ぎてビックリしてしまいましたw

 

これが単にヴァンパイアを倒して終わりだったらどこにでもあるヴァンパイア映画なんですが、生き残ったお客も、個性の強い人達ばかり。大昔戦場で活躍していた人や股間に拳銃(笑)を忍びこませている人、誘拐された家族の一人が元神父だったり。みんな強いのが面白いです^^

 

そして、ヴァンパイアやゾンビ映画でお決まりのストーリー、仲間の一人が感染しているというオチはありましたw

 

ただ、コメディ要素も入っているから仲間の襲い方が面白い!ただただ噛むだけじゃない。ここは実際観た方が楽しめるかと思います。

 

ネタばれになりますが、まさかのこの時点でタランティーノさんもヴァンパイアになるとはwこんな大物を即座に命を奪うなんて早すぎですwちなみに出演メンバーで最初にヴァンパイアになってしまうのも彼。ちょっと不憫に思ってしまいました^^;

 

作品中ではクルーニーのかっこ良さが爆発!汚い言葉遣いや容赦ない暴力をしていた彼が変わっていくのも見ものです。

 

ヴァンパイアとの死闘シーンもなかなかのコメディ仕様。結構キツいシーンがあるので、食事中や食後に見るのはちょっと危険かも?w

 

一つ残念なのが、本来の姿を現したヴァンパイアのメイクの安っぽさですね。1996年作だからでしょうか?なのでまーしょうがないかなという気もしていますが。

 

個人的なレビューとしては、90点以上のかなりの高得点で面白かったです。

 

家族や兄弟ならではの強い絆、人間の強い部分、弱い部分。これらが約一時間半の映画の中でかなり詰め込まれています。

 

是非ともオススメの一本ですよ^^

 

それではこの辺で。

にふぇーでーびたん!(ありがとうございました)

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. マンデラの名もなき看守を見た感想
  2. 映画ミストのあらすじとレビュー
  3. 美女と野獣のレビュー
  4. 映画ラマンチャの男を見た感想
  5. 海外ドラマフレンズのあらすじとレビュー
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。