大貫久男の1億円拾得事件後の人生と現在は?落とし主が誰か気になる

この記事は3分で読めます

1億円を拾った大貫久男のその後の人生は?
Sponsored Link

はいさいー!

 

車検の費用が思ってたより高かったどうもミショーです。

 

10万km以上走ってますが、まだまだ乗れそうなので車検に出す事に。軽自動車なんですけど、予想していたよりも高くて5万円ぐらいしました。勝手に3万5千円前後くらいかなと思っていたので、ちょっと痛いですw

 

次回は新車でも買えるように、今から頑張って稼ぎたいと思います!

 

さて、今日は羨ましいお話。

 

昔、1億円を拾った人物がいたのをご存知ですか?拾った方は大貫久男さんという男性ですが、持ち主が見つからずに、お金は大貫さんのものに!

sponsored link

1億円拾得事件についての概要

TBSで放送の「爆報!THEフライデー」で1億円事件の事が取り上げられる事で大貫さんを知ったんですが、「1億円拾得事件」としてwikiにまで掲載されとります!これは当時の人は誰もが知っているニュースだった事でしょうね。

 

この事件が起きたのは、1980年4月25日(まだ生まれてねーw)。

 

トラック運転手をしていた大貫さんが、東京都中央区銀座3丁目の昭和通りで風呂敷包みを発見。古新聞かなと思って何気なくトラックの荷台に積み込んで自宅に戻ったそう。

 

それから帰宅後、中身を奥さんが先に確認してみると、なんとびっくり!1000万円の札束が10個!合計1億円ものお金がくるまれていたそうです。

 

慌てて拾得物として警察に届け出ましたが、落とし主が現れる事はなかったそう。

 

当時の遺失物法に基づいて6ヶ月(2007年12月以降は原則3ヶ月)の届け出期間を過ぎ、1億円全額が大貫さんのものになることに。一時所得として所得税約3,400万円は納付したそうですが(税金取りすぎ!w)、6,600万円もの大金が入ってくる事になったんですよね。

 

当時のお金で6,600万円であれば、現在で言えばもっと価値があったでしょうね。ちなみに、その頃のジャンボ宝くじが前後賞合わせても5千万円だったという方もいるので、今で言えば最低でも1億円、3億円と言ってもおかしくないぐらいの価値ですかね?とにかく凄い金額という事は間違いないですな。

 

うーむ。自分もトラック運転手に転身するべきか。w

1億円を拾った後の人生に変化は?

一般的に、宝くじなどで高額当選をした人は不幸になる確率が高いと言われていますよね。

 

それだけのお金を稼ぐ、コントロールできる器がなく、散財してしまったりする人が多いからだそうですが、大貫さんの場合はどうだったのでしょう?

 

1億円を拾ったことが全国的にもニュースになって、当時は時の人と言われるまで話題になったそうなので、大貫さんがお金を拾ったことは誰もが知っているわけです。

 

なので、脅迫を受けたり嫌がらせの電話なども多く入っていたそうですよ…。羨ましい気持ちはわかりますが、イチイチ電話してまで嫌がらせを言うような人の気持ちは全然わからんですな^^;

 

お金を受け取りに行く日は、早朝の日課のランニングを装って、防弾チョッキも着て行ったそうです。悪いことをしたわけではないのに(むしろちゃんと警察に落し物として届け出てるのにw)、命の心配もしないといけないのは可哀想ですな。

 

で、手に入れたお金を何に使ったかというのは、やはり皆さん気になりますよね!

 

一部報道では、約3,700万円のマンションを購入して、残りのお金は貯金したと言われています。

 

お金が入ってからもトラック運転手として真面目に勤務されたそうですよ。多分、その後も何か落ちているものがお金じゃないか気になってたんじゃないかと推測しますが^^;

 

いやーでも自分だったら絶対仕事辞めますな。そして事業を起こして…(←大金が当選したら破滅する人の典型?w

 

大貫さんが現在どのようにされているか調べてみましたが、2000年に62歳の若さで既に他界されたそうです。

 

拾得後も堅実に働いていたということで、そこまで波乱万丈の転落した人生ではなかったかと思いますが、その後の人生については、孫の幹枝さんがテレビで語ってくれることでしょう。

 

実は、大貫さんの孫の大貫幹枝さんは、タカダ・コーポレーションというコンビ名でお笑い芸人をされています^^爆報ザフライデーにも出演するので、どんなエピソードが出てくるか楽しみですね^^

 

関連記事:大貫久男の孫は、なかなか可愛い吉本の女芸人だった!

1億円拾得事件の落とし主は結局誰?

普通、これだけの大金であれば絶対落とし主は名乗り出そうじゃないですか?

 

それが、誰も「自分が落としたお金です!」と出てくることがなかったので、こういう点でも当時の注目を集めていたそうです。

 

やっぱり考えられるのは表に出てこれない人のお金なんじゃないかということですよね。詳しくはわかりませんが、裏の社会の人たちですとか、どこかのマネーロンダリング用の資金だとか。

 

今現在でも誰かわかっていないので真相は闇の中ですが、有力だと言われているのは、投資家の加藤暠(かとうあきら)さんなのではという説もあります。

 

風呂敷が置かれていた現場から歩いて2、3分のすぐのところに加藤氏の個人事務所があったそうですし、お金を運ばせる時に加藤氏はいつも急かしていたので、運搬役の人が慌てて運び損ねてしまったという話も。

 

一方で、お金自体は加藤氏のものではないという話もあり、「落としたのは加藤氏説」も含めて結局は誰のものかわからない状態です。

 

いずれにせよ、お金を失った方は悔やんでも悔やみきれないでしょうね…。自分がもし1億円を落としたらって考えると、多分絶望しまくると思いますw

 

以上、大貫さんについてでございました!

 

教訓として、今後は落ちている荷物は積極的に拾っていきたいと思います!笑

にふぇーでーびたん!(ありがとうございました)

 

大貫幹枝タカダ解散後の現在は?結婚した旦那と夫婦のじかんで芸人継続中!

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. グァバの美味しい食べ方や食べ頃について
  2. しいたけ占いが当たると話題
  3. ケンタッキーORマイスターとは?
  4. レア雪見だいふく2016年情報
  5. フェンネルシードの効果や効能などまとめ
  6. サロンデュショコラ2017の最新情報
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。