ミスト(映画)あらすじと観た感想レビュー!ブルーな気分になりたい方にw

この記事は2分で読めます

映画ミストのあらすじとレビュー
Sponsored Link

はいさいー!

 

うまくいかなくてメンタルが落ちるのが長引いてしまってるどうもミショーです。

 

自分が計画していたのが、後回し癖によって達成できず。しかも負担がどんどん増えるので悪循環になっております。

 

まー悪い流れになる前にちゃんと手を打って対策しとけって話ですけどね^^;自己嫌悪になりますが、切り替えて前に進むしかないっすな。

 

さて、今日は映画「ミスト」のあらすじや観た感想を書いていきますよー!

sponsored link

ミスト(映画)あらすじと観た感想

この映画は、あのスティーブンキングが著した小説が原題の映画です。

 

スティーブンキングといえば有名な映画「スタンド・バイ・ミー」を作った監督。この映画タイトルを聞くとああ~ってなった方も多いのではないでしょうか^^

 

この監督、スタンド・バイ・ミーのようなほっこりした映画も作れるくせにめちゃくちゃホラーとかも大好きなんですよね。そしてこの映画も気味が悪い…。というより単刀直入にいうと胸糞が悪いですw

 

見終わった後の「ああ…」って感じがものすごいです。一日中ブルーな気分でいれます。はいw

 

ジャンルはホラーなのかな?一応謎のモンスターも出てきますし。

 

あらすじとしては、舞台は平穏な田舎。いきなりミスト(霧)が立ち込めて謎のモンスターが住民たちを襲い始める。追い詰められる人々、主人公は愛する息子を救うことができ、平穏な暮らしに戻れるのか。といったところでしょうか?

 

サブタイトルをつけるとしたら「瞬き禁止 最後の10秒であなたの気分をどん底に突き落とします」という感じですかね。本当に救いようがないです。どうあがいても絶望です。自分があの立場になってしまったらと考えると尚更ブルーになりますね^^;

 

この映画は一見、モンスターが人々を襲い出し、パニックに陥るみたいなよくあるパニック映画にも見えないことはないですが、「ミスト」はパニック状態に陥った人間の心理や、限界に追い込まれたら人間はどうなるかということを暗示しているように感じます。

 

映画中に襲われた人々がスーパーに逃げるシーンがあるのですが、普段生活していたら、「いやいや、おかしいでしょ」と思うような宗教おばさんに短時間で洗脳されてしまい、人の命を奪うシーンがあるんです、そこは本当にスティーブンキング監督がさすがだなと思います。

 

何度もしつこいようですが、本当にイヤな気分になります。エンディングは貴方の目で確かめてほしいのでネタバレ禁止にしておきますが、終わり方も霧に包まれるような最後ですし、本当にブルーになる映画でした。

 

気持ちが落ちている方は更にズーンとなること間違いなしなので、1日の初めには見ないほうがいいかもですw1日中ブルーな気分で過ごさないといけなくなっちゃいますからねw

 

それではこの辺で。

にふぇーでーびたん!(ありがとうございました)

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 映画アイランドを観た感想
  2. ゴシップガールのレビュー
  3. マンデラの名もなき看守を見た感想
  4. ダイハード4のレビュー
  5. 映画ララランドのあらすじとレビュー
  6. 名探偵モンクのレビュー
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。