川井梨沙子(レスリング)の出身高校と大学は?母親と妹も凄い!

この記事は3分で読めます

レスリングの川井梨沙子選手
Sponsored Link

はいさいー!

 

昨日は離島に遊びに行ってきたどうもミショーです。いやー沖縄本島の海も綺麗ですがやっぱり離島の海も綺麗でしたよー!透明度が素晴らしかったです。

 

魚も泳いでましたし、せっかく楽しむならシュノーケルは持ってた方がいいですね。一応自分はゴーグルは持ってたんですけど、やっぱり海に潜れる時間は限りがありますから^^;

 

島の雰囲気ものんびりだったし、良い休日が過ごせて元気が出ました♪

 

さて、今日のネタはレスリングの川井梨沙子さんです!リオオリンピック代表にも選ばれていて、ポスト吉田沙保里とも言われている強い選手でございます。

sponsored link

川井梨沙子のプロフィール

川井梨沙子のプロフィール画像

生年月日:1994年11月21日
出身地:石川県津幡町
身長:160cm
体重:本来は58kg級(今回のリオは63kg級で代表)
学歴:津幡中学→至学館高校→至学館大学

 

両親がレスリングをしていたという事もあって、小学2年生からレスリングを始めた川井さん。そこから英才教育を受け、「攻めるレスリング」を徹底的に体と頭に叩き込まれました。

 

中学生の時には52kg級で全国大会優勝!至学館高校に進学後も

・全国高校女子選手権 優勝
・世界カデット選手権 優勝
・全日本レスリング選手権大会 3位
・全日本選抜

など、結果を残します。

 

そして現在至学館大学に在学中ですが、ここでも

・ジュニアクイーンズカップ 優勝
・アジア選手権 優勝
・世界ジュニア 優勝
・世界選手権 銀メダル

という戦績で、リオオリンピック代表に選ばれました。

 

本来なら58kg級で戦っているのですが、この階級には吉田沙保里選手並みに強い伊調馨選手がいますからね。なんたってオリンピック3連覇、今年2016年に入って負けてしまいましたが、それまで189連勝という無敵中の無敵でしたからw

 

川井選手も全日本レスリング選手権大会で伊調馨選手と直接対決がありましたが、そこではテクニカルフォールで敗れています。

 

本来なら伊調選手を倒して絶対女王として58kg級で代表になりたかったそうですが、周囲の勧めもあり、階級を二つ上げて63kg級でオリンピック出場を目指す事になりました(そして見事代表に選ばれています)。

 

階級を二つ上げてパワーの差とかは大丈夫なのかな?と思いましたが、日本の大会では優勝していて、世界選手権でも銀メダルを獲得と武器であるスピードとテクニックが世界でも通じる事がわかっていますからね。オリンピックでもぜひ金メダルを獲得してほしい!

 

そして吉田沙保里選手や伊調馨選手というモンスター級に強い選手の歴史を受け継ぐレベルの選手へと成長してほしいですね^^

母親の川井初江さんと父親の川井孝人さんも凄い!

両親もレスリングをしていたという話を冒頭でしましたが、お母さんの初江さんは何と世界選手権で7位に入るほどの実力者!お母さんの時代にはレスリングはオリンピック正式種目ではなかったために、五輪に出たくても出られなかったそうです。

 

その夢を娘の梨沙子さんが叶えたということですね!

 

そして、お母さんの方が話題になる事が多いのですが、お父さんの考人さんも全日本大学チャンピオンでした。

 

まさにレスリングのサラブレッドですよね〜。この恵まれた才能に加えて英才教育を受けて努力を重ねた梨沙子さん。そりゃ強くなりますわ。

妹の川井友香子も強い!

左が妹の友香子さんで、右が梨沙子さん。
川井梨沙子選手の妹の友香子さん

川井梨沙子さんは長女なのですが、妹に友香子さんと優梨子さんがいて二人ともレスリングをしています。

 

友香子さんも梨沙子さんが通っていた至学館高校に進学していますが、お姉ちゃん同様に強く、日本でもトップクラスの選手へと成長しています。

 

全日本レスリング選手権大会の60kg級では姉妹での決勝対決となり、その時は姉の梨沙子さんが10−0で妹の友香子さんに勝利していますね。友香子さんは悔しかったでしょうが、これからまだ伸びるでしょうし、お姉ちゃんに追いつけ追い越せで頑張って欲しいです!

 

そして東京オリンピックでは梨沙子さんは本来の体重の58kg級で出場を目指すという事ですから、姉妹での五輪出場、そして姉妹でのメダル獲得にも期待できますね!

 

それではこの辺で。

にふぇーでーびたん!(ありがとうございましたー!)

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 伊勢田愛選手
  2. プロダーツプレーヤーの森田真結子
  3. キングスの津山尚大
  4. パラリンピック女子陸上日本代表の辻沙絵が可愛い
  5. 競歩の高橋英輝(えいき)選手
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。