吉川照美(テディベア作家)のプロフィール!結婚や年齢もチェック!

この記事は2分で読めます

テディベア作家の吉川照美さん
Sponsored Link

はいさいー!

 

休日の朝はゆっくりする事が多いどうもミショーです。平日は仕事に間に合うようにドタバタしてるので、休みの日ぐらいは…ね?笑

 

ただ、今日は外を走っている近くの学校の部活生の足音を聞いて、「朝早くから頑張ってるな〜。自分も1日無駄にしないようにしよう。」と思いました。

 

さて、今日はマツコの知らない世界に出演する吉川照美さんについてでございますよー!

sponsored link

吉川照美のwiki風プロフィール

吉川照美のプロフィール画像

生年月日:1960年12月25日
血液型:B型
出身地:新潟(生まれは岐阜)
ブログ:http://ameblo.jp/rosebear1989/
ツイッター:https://twitter.com/terumi_rb

 

吉川照美さん、クリスマスの日に生まれたんですねー!現在の年齢は56歳ということですが、見えないですなー!好きなものに囲まれて好きなことを仕事にして生き生きとしているからでしょうか。40代と言われても通じる気がします。

 

吉川さんがテディベアを作り始めたのは1988年から。きっかけはイギリスのアンティークベアにとても魅力を感じ、自分にもできないかと思って作り始めたそうです。

 

もう26年もテディベアを作り続けているって本当に凄いですな。しかもそれを仕事にできているのが凄い。

 

人形とかぬいぐるみが大好きだという人は多くいると思いますが、それを仕事にして収入を得ていく人って普通いないじゃないですか。吉川さんのテディベア愛は本物だということですよね。

吉川照美さんのブランド「ROSE BEAR(ローズベアー)」

吉川さんは自身のオリジナルブランド、ROSE BEAR(ローズベアー)を立ち上げます。その吉川さんの作品は国内外で高く評価されていて、

 

・日本テディベアコンベンション 金賞
・East Meets West Teddy Bear Convention ブルーリボン賞
・Golden Teddy Awards ノミネート
・Golden George ノミネート

 

などなど、もう数え切れないほどの賞を受賞していて、パリのルーヴル装飾美術館にも展示されました。

 

メディアへの出演も、めざましテレビ、TVチャンピオン、たけしの誰でもピカソ、はなまるマーケット、とんねるずのみなさんのおかげですなど、他多数でこれまた数え切れない出演数です(笑)書籍の出版もされています!

(ドラマや映画なんかにも出演されているので、ちょっと芸能活動みたいなこともされてたのかなぁ?)

 

もっと調べていくと

1993年  7月 皇太子様と雅子様のご成婚祝いとして小和田邸にて『雅子様ベア』を贈呈
2001年 12月 愛子様のご誕生祝いとして小和田 恒氏に『ロイヤルBABYベア』を贈呈

 

の一文が!皇太子さま、雅子さまなど天皇のご家庭にもプレゼントするほどって凄いですね!

 

その他著名人をモチーフにした作品も本人にプレゼントしていて、たけしベアーなどは話題になったようです。和田アキ子さんとか久本雅美ベアー、所ジョージさんイメージのベアーやくりぃむしちゅー上田ベアーなど面白い作品がいっぱいです!

 

吉川照美さんの著名人テディベアーはこちら。

 

たけしベアー欲しい(笑)

 

マツコデラックスさんモチーフのマツコベアーもこのページで紹介されるようになるかもしれませんね^^マツコベアーも欲しいw

吉川照美さんは結婚している?

吉川さんは結婚されているのか調べてみましたが、その情報は得られず…

 

好きなアーティストに矢沢永吉さんとしている事や、座右の銘に生涯現役としているあたり、自分一人でもたくましく生きて行くタイプにも思いますね。実際に大好きなテディベアで起業されていますし。

 

ただ、美人さんだし、趣味はディスコ(クラブ)で踊る事としていてイケイケな感じもあるので、男性との出会いや交際は多そうなイメージです。ディスコと書いてるあたりやや時代を感じたのは内緒ですw

 

以上、吉川照美さんについてでございました。

にふぇーでーびたん!(ありがとうございました)

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 月野もあが可愛い!
  2. 小鴨由水さん
  3. SASUKE完全制覇の森本祐介さん
  4. Mummy-Dがイケメン!
  5. 森海渡(東大)のプロフィール画像
  6. ダウンタウン松本のものまね芸人、松本等しい
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。