綿貫陽介の出身中学と高校!兄弟と両親もテニスの実力が凄い?

この記事は3分で読めます

テニスプレーヤーの綿貫陽介
Sponsored Link

はいさいー!

 

今日本当に久々に腹筋と腕立て伏せをしたミショーです。

 

もうね。本当に腹周りに肉がつくとはこの事かって思うぐらいお腹に肉がついてきまして。昔はつねってもそんなに痛くなかったんですが、今は肉が厚くなってて普通に痛いですw

 

そういう事もあってちょいと筋トレをと思ってしたんですが、今更ながらにワンダーコアが気になりますwあれって本当に効くのかな?あと、全身運動にはトランポリンがいいってのをどっかで見たので、それも気になってます(道具頼みw)。

 

さて、今回はテニスの若手有望選手、綿貫陽介選手についてですよー。ミライモンスターにも出演しました^^

sponsored link

綿貫陽介(わたぬきようすけ)のwiki風プロフィール

綿貫陽介選手のプロフィール画像

生年月日:1998年4月12日
出身地:埼玉県
身長:178cm
体重:61kg

 

綿貫陽介選手を見てすぐに誰かに似てるなと思いました。もちろん同じテニスプレーヤーの錦織圭選手にもうっすら似てるとは思いましたが、それ以上に似てるスポーツ選手が!

 

それが、沖縄出身のプロ野球選手、ソフトバンクホークスの島袋洋奨(ようすけ)投手でございますよ!

島袋洋奨投手と綿貫陽介選手が似てる

ふふふ。これは沖縄出身の私にしか気づけないでしょう。笑 はっ!今気がつきましたが、名前も同じ「ようすけ」ですね!笑

 

綿貫選手がテニスを始めたのは、なんと2、3歳頃!と言ってもその当時からラケットを持ちながら遊びまわっていたという事なのですが、テニス歴に含めたいと思います!笑

 

こんなに早くからテニスの道を歩むようになったのは、家族の影響がありました。お父さんとお母さんはテニスクラブを営むコーチをしていて、兄二人もテニスをしていた事から自然とテニスに親しむ環境があったんですね。

綿貫陽介選手の出身中学と高校は?学歴をチェック!

綿貫選手は、地元埼玉の春日部市立豊春中学校を卒業後、西宮甲英高等学院に進学。

 

高等学校ではなく、高等学院ってのにはあまり聞きなれない感じですが、テニスが超強い強豪校。全日制と通信制があって、コースによっては週に3日の登校でよかったり、単位制だったりする、比較的自由な校風の学校です。

 

テニスに集中したいという綿貫選手にとっては、まさに最高の環境だったのではないでしょうか。ちなみに、メキメキと実力を伸ばしている綿貫選手の成績もチェックしてみましょう。

 

・全国中学生大会 シングルス準優勝
・MUFG準優勝
・埼玉国際ジュニア優勝
・ジャパンオープン・ジュニア準優勝
・全米オープン ダブルスベスト4
・全日本ジュニアU-18準優勝
・世界スーパージュニア・ダブルス優勝

 

日本国内はもちろん、世界の舞台でも結果を残しているって凄いですよね!

 

テニスでは世界ランキングがよく発表されますが、綿貫選手は現在何位だと思います?去年2015年は1760位でしたが、2016年5月現在は698位と大きくランクアップしているんです!

 

ジュニアに限れば、世界ジュニアランキングが14位から現在は2位!世界2位って凄くないですか?

 

日本国内のランキングでは、日本のトップ選手が集まるかしわ国際で、格上の選手を撃破しまくり見事優勝。国内のランキングを112位から19位へと見事ジャンプアップ。さすが世界ジュニア2位はダテじゃないですね。

 

競技は違いますが、陸上競技のサニブラウン選手も、あのウサインボルトよりも早い記録で世界のユースの大会で優勝してたりしますし、こうやって日本の若い世代が世界のトップ戦線で活躍するのは本当に嬉しいし、今後が楽しみですよね。

綿貫陽介選手の兄弟も日本トッププレーヤー!両親はテニスクラブ経営

両親が運営しているテニスクラブは、地元埼玉にあるグローバルプロテニスアカデミー。(ホームページはそんなにしっかり作り込まれている感じではないですね^^;)

 

父親の綿貫弘次(ひろつぐ)さんが校長で、母親の綿貫千鶴さんもコーチングスタッフをされています。

 

綿貫陽介選手は男三兄弟の末っ子で、兄に長男の綿貫祐介選手と次男の綿貫敬介選手がいます。みんな「介」がつきますね。って事はどうでもよくてw凄いのは兄二人もプロテニスプレーヤーなんです!しかも3人とも国内ではトップクラスの実力の持ち主。

 

お互いに切磋琢磨しながら、そして兄に励ましてもらったりしながら陽介選手は強くなってきました。

 

その兄とダブルスで組んで試合に出る事もあり、長男の祐介選手と兄弟ペアで出場した全日本テニス選手権では見事優勝しています。

 

思えば、テニスコーチである両親からも指導してもらい、強いプレーヤーの兄が身近にいる事でまさに環境も整った英才教育を受けているのもありますが、家族愛、兄弟愛も陽介選手を成長させている大きな要因ですね。

 

今世界のシングルスで世界のトップ選手の一人として大活躍している錦織選手に続く選手は、今後数十年は現れないだろうという声もありますが、陽介選手はその錦織選手にも迫るほどの才能があると言われています。

 

今後さらに成長していって、錦織選手のような活躍を見せて欲しいですね!もしかしたら、錦織選手とダブルスで試合に出るなんて事もあるかも?笑 そうなったら世界で優勝できそうです。

 

というか、そっちよりもグランドスラムの大会で錦織選手と綿貫選手の日本人対決での決勝なんて事になったら最高ですな!

 

それではこのへんで。

にふぇーでーびたん!(ありがとうございました)

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 元プロ野球選手の薮田安彦さん
  2. 競歩の松永大介選手
  3. アンヘラ・レイバ選手
  4. カレン・カチャノフ選手
  5. 山本由伸投手(都城高校)
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。