小鴨由水(こかもゆみ)の現在と年齢!結婚・離婚の元旦那と息子についても!

この記事は3分で読めます

小鴨由水さん
Sponsored Link

はいさいー!

 

今日はなかなかの頭痛がしてテンションが低めだったどうもミショーです。

 

元々偏頭痛持ちなんですが、今日のは寝不足から来る感じの痛さでした。グーグルさんで「寝不足 頭痛 ツボ」とかで検索して試しまくってましたwさすがに治るまではいかないまでも、若干和らいだような気はしましたね。まーやはり一番効果的なのは睡眠で、寝たら良くなりますた(笑)

 

さて、今回は石橋貴明のスポーツ伝説「光と影」に出演される悲劇の天才マラソンランナー、小鴨由水さんについてでございます。

sponsored link

小鴨由水(こかもゆみ)のプロフィール

小鴨由水のプロフィール画像

生年月日:1971年12月26日
出身地:兵庫県明石市
身長:171cm
学歴:兵庫県立明石南高等学校卒業→ダイハツ工業に入社
→1994年龍谷大学短期大学部に入学後、卒業。
ツイッター:https://twitter.com/etutakemama
Facebook:https://www.facebook.com/yumi.matsunaga.3

 

小鴨さん、前にもテレビ出演されたのを見たことあるなーと思ったら、「爆報!THEフライデー」でした。その時も身長高い方だなーと思ったのですが、170cm超えてたんですね。

 

今の若い人は全然知らないと思いますが、小鴨さんはバルセロナオリンピックの女子マラソン日本代表選手。ですが、そのバルセロナ五輪が彼女の人生に絶頂とどん底をもたらします。

小鴨由水がバルセロナオリンピックに出場するまでの流れ

女子マラソンのオリンピック代表選手の選考は揉めることが多いですよね。(最近は福士加代子選手の時もそうでした。)

 

一発勝負の選考レースがあるわけではなく、複数の選考レースがあり、しかもその結果だけが考慮されるものでもないという。確かにオリンピックで活躍する選手は誰かというのを協会は考えているとは思いますが、皆が納得できないケースもあります。

 

ちょっと脇道にそれますが、柔道なんかもそうですよね。国内の大会では負けても、世界の舞台で実績を残していればその選手が選ばれる。逆に競泳なんかは一発勝負で、しっかり順位と五輪派遣標準タイムをクリアしないと出場できません。(北島康介選手が出場できなかった時は本当に残念に思いました…

 

話を戻しまして、バルセロナの選考当時は、有森裕子選手と松野明美選手が有力でした。1992年の大阪国際女子マラソンで松野選手は当時日本最高記録でゴールしますが、それを更に上回るタイムで小鴨選手がゴールします!

 

小鴨選手はこれが初マラソン。しかも、同じダイハツのチームの浅利純子さんのペースメーカーでの出場だったので、最初から優勝を狙っていたわけではありません。

 

が、浅利選手が36kmあたりで脱落してしまったので、そのまま独走でぶっちぎりの優勝をしたのです。これこそまさに運命のいたずらですね。

関連記事:浅利純子選手が現在は3人の子供を持つ美人ママに!

 

オリンピックの切符は3枚あり、一枚はこの大会の前に世界陸上で銀メダルを獲得していた山下佐知子選手が内定済み。残り2枚が有森選手と松野明美選手が有力だったという事ですが、新人ながらも2時間26分26秒という当時の日本最高記録で初マラソン世界最高記録の好タイムで優勝した小鴨選手を無視するわけにはいかず。

 

最終的に、代表には有森選手と小鴨選手が選ばれます。

 

で、バルセロナオリンピックでは、有森選手は見事に銀メダルに輝きますが、小鴨選手は29位と惨敗。こんな結果なら、代表には松野選手を選んだ方が良かったじゃないかとバッシングが起きます。

 

小鴨選手は、日本代表というプレッシャーに押しつぶされ、眠れない日々が続いていたとか。どんなに疲れていても眠れず、当然タイムも伸びない悪循環に陥ってたそうです。また、五輪前の高山でのトレーニングがうまくいかず、調整は全然うまくいかないまま本番を迎えてしまったんですね。

 

小鴨さんの真面目な性格がゆえの問題だったとは思いますが、本当、万全な状態で臨めていればと思います。小鴨さんはオリンピックの翌年、マラソンを引退してしまいました。せっかくの才能が…もう少し五輪の結果が違っていれば違う人生だったのかなとは思いますが、これも運命なのかもしれません。

小鴨さんの現在の職業は生保レディー

マラソンから離れた小鴨さんですが、しばらくしてから再度マラソンに携わっています。

 

福岡に移り住んでから、岩田屋陸上部に入部。市民ランナーとして現在も数多くの大会に出場しています。

 

また、自身がマラソンを指導する立場にもなり、

・福岡市障がい者スポーツセンターの運動指導員を月2回
・福岡大学での公開講座の講師を月1回
・ランニングの個別指導教室や小学生のジョギング教室、知的障がい者のジョギングサークルなどのボランティア

などの活動をされています。

 

臨時職員や非常勤講師という形で収入はありますが、それだけでは足りず、現在フコク生命の営業レディーとしても働かれています。

 

後述しますが、子育ても仕事もマラソンもと、スケジュール管理も大変でしょうし、体力も必要になると思いますが、それをこなしているのは凄いの一言です。

 

そして何より、今も楽しそうにマラソンと関わっている姿は、こちらも嬉しくなります!

小鴨さんの旦那さんと息子について

小鴨さんは、パン職人の松永さんと出会い、結婚。そこで松永由水となりまして、Facebookのアカウントではこちらの松永姓で登録されていますね。

 

そのご主人とは二人の子ども(長男・次男)もできますが、生活のすれ違いから離婚。その約3年後、別れたご主人が仕事中に大動脈瘤解離で他界してしまいます。

 

離婚したとはいえ、険悪な仲ではなく、子どもたちとも週に1回は会っていたということですから、父親を亡くした子どもたちも可哀想ですね。

 

ちなみに、息子達はマラソンには全く興味がないんだとか。せっかく優秀な遺伝子が受け継がれているだろうに、もったいないなぁと思うのは自分だけではないはず?笑

 

本当に波乱万丈で平坦な道のりではないですが、小鴨さんならどんな人生のコースもしっかりと走りきっていけると思います!自分も頑張ろう。

 

それではこの辺で。

にふぇーでーびたん!(ありがとうございました)

関連記事:同じく「光と影」に出演。ボンバーヘッドの元なでしこジャパン荒川恵理子選手の現在は?

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. イタリアで有名な70歳日本人女性のトモコさん
  2. JJCCのメンバーは6人?7人?
  3. 森海渡(東大)のプロフィール画像
  4. ラスト陰陽師と呼ばれる橋本京明さん
  5. 佐生雪が可愛い!
  6. 石田典華(いしだふみか)
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。