伊勢田愛(いせだめぐみ)のwikiプロフ!出身大学や両親もチェック!

この記事は3分で読めます

伊勢田愛選手
Sponsored Link

はいさいー!

 

昨日は蒸し暑い寝苦しさよりも睡魔が勝って爆睡したどうもミショーです。

 

最近は風がなくて暑い日はクーラーつけて寝てまして、昨日も割とそういう夜だったんですが、疲れて横になってたら朝までグッスリでございました。(一応扇風機はつけてますw)

 

おかげで今日は頭もスッキリ!毎日こんなに長い時間寝まくりたいですw

 

さて、今日は女子セーリングのRSX級(ウインドサーフィン)のリオオリンピック代表選手の伊勢田愛さんに注目してみましたよー!

sponsored link

伊勢田愛(いせだめぐみ)のwiki風プロフィール

伊勢田愛選手のプロフィール画像

生年月日:1987年6月30日
出身:大阪市
身長:157cm
体重:56kg
学歴:青柳小→履正社中→履正社高→同志社大
ブログ:http://megumiiseda.shiga-saku.net/

 

名前は愛と書いて「めぐみ」と読むのでお間違いなく^^

 

伊勢田選手が競技を始めるきっかけとなったのは、ご両親の影響から。親がウィンドサーフィンのクラブを経営していて、ボードセイリングは身近なものだったそうです。

 

とはいえ、幼い頃はまだ「やらされている」ような感覚だったとか(笑)それから競技に打ち込んでいくうちに、いつかは親の仕事を継ぎたいと思うようになったそうです。

 

人に教えるようにならないといけないという目的で、大学でボードセイリング部に入部。本格的に競技に専念するのは意外と遅かったんだな〜と思ったのですが、ボードセイリングは大学から始める人も多いようですね。

 

それからインカレで優勝するなどし、就職はせずにボードセイリングの競技選手としての道に専念する事を決めます。居酒屋でバイトをしながら競技に励み、多い時は週に5日働いていたとか。

 

現在は、福井県体協に所属していて、ウインドサーフィン特別強化コーチとなり、県内での体験会や選手の指導もされています。

 

競技に集中するのには、決して恵まれているとは言えない環境ですが、

・テクノ293世界選手権 オープンレディース 優勝(2011・2012年)
・東京国体 2位(2013年)
・長崎国体 3位(2014年)

と、日本でもトップクラスの選手となり、リオ五輪の出場枠が懸かるセーリングのRSX級世界選手権で、日本勢最上位の21位に入り、国別出場枠を獲得して見事に代表の切符を掴みとりました!

 

まだまだマイナースポーツのため、大口のスポンサーもいないという事ですが、オリンピック代表に決まった事で、どこかが名乗りを上げてバックアップしてほしいものですね〜。

 

そうそう、自分もウィンドサーフィンはやった事がないのですが、親戚の海大好きなにーちゃんは、「マジで楽しい!」と目を輝かせて話していました。いつか一緒に連れてってもらって教えてもらおう♪

伊勢田愛選手の両親について

実家がウィンドサーフィンのクラブを経営していると紹介しましたが、お父さんの稔さんはなんとまだバリバリの現役選手!2013年には、全日本アマチュアウエイブ選手権メンズスペシャルクラスで準優勝しているんです!現在59歳というお父さん、かっちょ良すぎでしょ!笑

 

お父さんの夢が、娘にオリンピックに出て欲しいという事だったので、その夢を愛さんが叶えた時は本当に嬉しかったでしょうね。

 

お母さんの淑子さんは72歳という事で、姉さん女房なんですね。クラブ経営の他に、キャンプ場も経営していて、宿泊客は調理師免許をもった淑子さんの美味しい料理が食べられるそうですよ^^

 

ちなみに、愛さんも、調理師免許を取得していて、得意料理は親子丼だとか。現在彼氏はいるのでしょうか?もしまだなら、ぜひその手料理で男性の胃袋をゲットしてほしいですな!笑

伊勢田選手のオリンピックでの活躍に期待!

日本でトップクラスの選手ではあったものの、一番を取っていなかった伊勢田選手。それでも代表選考レースで見事にチャンスを掴んだ勝負強さは評価されるべきでしょう。

 

「まだまだ課題は多いですが、メダル獲得を目指して頑張りたい」と語っている通り、ぜひ本番でも力を発揮して上位の成績を収めてほしいですね!

 

それではこんなところで。

にふぇーでーびたん!(ありがとうございました)

 

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 競歩の高橋英輝(えいき)選手
  2. 高良一輝投手
  3. アーチェリーオリンピック代表の永峰沙織
  4. 競泳の牧野紘子選手
  5. ギャビ・ガルシア選手
  6. バドミントン選手の常山幹太(つねやまかんた)
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。