サスケ君(森本裕介)の現在!就職先やSASUKE完全制覇後の夢は?

この記事は2分で読めます

SASUKE完全制覇の森本祐介さん
Sponsored Link

はいさいー!

 

梅雨明けして暑さが半端なく、バテそうなどうもミショーです。

 

いやー快晴で天気が良いのはいいんですが、もう暑すぎて暑すぎて。。私の今の住まいが、周りに緑が少なくてコンクリで太陽の直射日光を浴びるからかな…。

 

なるべく節約でクーラーは使わないようにと思ってましたが、もう使わないと汗で肌がべたついちゃうのでそんな事言ってられないレベルですw室内でも熱中症になるケースも多いそうなので本当に気をつけないとですよ。みなさんもお気をつけくださいね。

 

さて、今日は知る人ぞ知る有名人、サスケ君こと森本祐介さんについてでございます。

sponsored link

サスケ君こと森本祐介のプロフィール

サスケ君(森本祐介)

出身:高知県土佐市
身長:162cm
体重:体重58kg
学歴:高知中→高校→高知大学→高知大学院
うんていの日本記録保持者(425メートル)

 

サスケ君といえば、そう、あのいい大人達がハイパー難しい遊具にチャレンジする熱いスポーツエンターテイメント番組のSASUKEに昨年(2015年)出場し、完全制覇をした強者でございますよ。

 

サスケには一時期私もめちゃくちゃハマりましたね。いや、出場したとかではもちろんないんですが、純粋に視聴者として楽しんでいました。テレビでやってたら絶対見てましたもん。まーいつからか「必ず見る!」という感じにはならなくなりましたがw

 

このサスケの凄いところの一つは、サスケに人生を捧げる人もいる事。完全制覇するまで仕事を辞めてアルバイトで食いつなぎながら、筋トレやトレーニングをしているぜ!なんて人も。

 

いやいや働けよ!という方が多数でしょうけどねw完全制覇しても賞金は200万円とかだし。ミスターSASUKEの山田勝己さんみたいに多少テレビ出演の仕事は増えるかもしれませんが、やっぱり人生捧げるにはリターンが低すぎかなと個人的には思っています^^;

 

まーでもサスケにハマる人はそういった物差しでは考えていなくて、純粋にサスケが大好きなんでしょうね。

 

森本さんもその一人で、中学、高校時代は部活にも入らずにサスケ対策のトレーニングをしまくっていたそうです。

 

学校が終わると走ってトレーニングの場に向かい、そこでは体力の続く限りダッシュを繰り返す。さらには懸垂も300回から多い時には500回もしていたそうです!

 

いやいやこれは凄すぎですよ。帰宅部なのに半端なく運動できるやつがたまにいますが、森本さんはまさにそれですねw懸垂なんて5回もできれば上等、10回できれば達成感を味わっていた自分が恥ずかしいですw

 

基礎トレーニングに加えて、自宅にはSASUKEのセットを作って対策していたという事。やはり並々ならぬ努力が完全制覇につながったんですね。実際筋肉も物凄いですし。

 

ちなみに、これまで完全制覇をした人は4人で、第4回の秋山和彦さん、第17回の長野誠さん、第24回と第27回の漆原裕治さんに続く快挙となっています。

森本祐介さんの現在の職業は?

そんな森本さんは、高知大学院を卒業後は大阪のメーカーに就職が決まったそうです。森本さんの場合はサスケだけに打ち込むのではなく、学業の合間の時間を活用してサスケに向き合っていて、しっかり就職されているところもなんか好感が持てますね。

 

今年2016年もSASUKEは開催されまして、2年連続の完全制覇なるかと期待を寄せるサスケファンも多いと思いますが、なんと収録時期が会社の研修とかぶってしまい、今年は出場しないんだとか。このあたりの社会人のバランスが取れてるのはさすがですね。

 

ただ、現在も自宅のセットでトレーニングに励んでいて、また完全制覇をしたいと語っていたのでいつか出場した時には再度の完全制覇に期待でございますな☆

 

そして、自分が山田勝己さんらに憧れたように、SASUKEを目指す子供達に夢を与えられる存在になりたいと語っていました。もしかしたらサスケ君から第二のミスターSASUKEのようになるかも?^^

 

それではこのへんで。とりあえず懸垂15回はできるようになりたいと思ったミショーでした!笑

にふぇーでーびたん!

 

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 矢島愛弥(やじままなや)
  2. マッシュルーム王の経歴
  3. そうめん二郎
  4. 登山家の田部井淳子
  5. スーパーモデルのルマ・グローテ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。