稲葉基大(もとひろ)のwikiと経歴!結婚は?修行時代の老舗和菓子店はどこ?

この記事は3分で読めます

稲葉基大(和菓子職人)
Sponsored Link

はいさいー!

 

ストレス解消には甘いもののミショーです。

 

毎日チョコとか甘いものを必ず食べるんですが、もし「今日は1日甘いものは一切口にしてはいけません」と言われたら、何気に我慢できないかも…^^;

 

もしかして甘い物依存症レベルになってる?と思えるぐらいなので、甘いものが苦手っていう人が本当不思議でしょうがないです。

 

さて、今日記事にするのは和菓子職人の稲葉基大(もとひろ)さん!和菓子!食べたい!笑

sponsored link

稲葉基大(もとひろ)のwiki風プロフィール

1973年東京生まれ
血液型:A型
ブログ:http://www.neol.jp/blog/minaba/
ツイッターアカウント:https://twitter.com/mo2any
フェイスブック:https://www.facebook.com/motohiro.inaba
製菓技能士一級・製菓衛生師

 

稲葉さんは、高校を卒業してから和菓子の世界に入り、それから20年間老舗和菓子店で働きます。

 

20年間の内の6年間は海外勤務だったという事ですが、海外にも進出している和菓子店ってどこだよ?って気になりません?聞けば誰もがわかるような和菓子の老舗店でございます。それは

 

「虎屋(とらや)」さん。

 

ニューヨーク店の出店時に稲葉さんもメンバーとなって海外勤務されていたんですね。

 

稲葉さんは、とらやに勤めるかたわら、様々なジャンルのメンバーが手作りのものを一つ持ってくるいわばサークル活動的な集まりの「て」に参加します。

 

そこで稲葉さんが持ち寄った和菓子や、イベントなどで和菓子を作って欲しいというリクエストを受けた品が好評を受けたのが、現在の独立したお店「wagashi asobi(わがしあそび)」ができるきっかけですね。

 

ちなみに、稲葉さんは本の出版もされています。

 

タイトルは「わがしごと」。

 

おー「和菓子」もかかっているし、「私ごと」「我が仕事」にもかかっている!
素晴らしいタイトルの本ですねー!中身はわからないけどw でも読んでみたい!

wagashi asobi(わがしあそび)は浅野理生さんとのユニット

wagashi asobiは稲葉さん一人でのお店ではなく、とらやの同僚だった浅野理生(りお)さんと二人のユニットとなっています。(ユニットというとなんだかバンドメンバーみたいですが 笑)

 

【お店の情報】

wagashi asobi
〒145-0064 東京都大田区上池台1-31-1-101

TEL & FAX 03-3748-3539
東急池上線「長原」駅 徒歩1分
改札を出て左・つきあたりを右・80m進んだ左側の駐輪場手前
小さなハーブガーデンが目印です。
営業時間 10:00~17:00
定休日:不定休
イベント等で不在の場合がございますので、ご来店の際は事前にお問い合わせください。
ホームページ:http://wagashi-asobi.com/index.html

販売している商品はこだわりの2品だけ!

 

「ドライフルーツの羊羹」と「ハーブのらくがん」のみ!いやー凄いですね。近所のパン屋さんなんか多分30種類ぐらい売ってて、それはそれで選ぶ楽しみもありますが、こうやって商品を絞って厳選したものというのもまた良しだと思います。うん。食べてみたい!

稲葉基大は浅野理生と結婚している?

稲葉さんが結婚しているかの情報を調べてみたのですが、ちょっと見つける事が出来ませんでした。

 

一緒に和菓子の創作活動をしている浅野さんが結婚相手だったりして?とも思ったのですが、まず苗字が違いますからね。

 

後、稲葉さんのツイートに子どもと野球観戦をしているのかツーショットの写真があります。これが稲葉さんのお子さんなのかはわかりませんが、もしそうだとすると結婚して子どももいるのかもしれませんね。

メディアへの出演も多数!

wagasi asobiはこれまで取材も多く受けていて、テレビへの出演もあります。

 

直近ではあのCrossroad(クロスロード)にも出演!1ヶ月密着取材を受けたんだとか。

今後さらに腕を磨いて和菓子の道を極めていってほしいですね!

 

それにしても、この予告編動画を見るとますます食べたくなりますw

にふぇーでーびたん!(ありがとうございました)

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. お茶の水女子大学の高橋凜が可愛い!
  2. 矢島愛弥(やじままなや)
  3. 平田雄也(ひらたゆうや)
  4. イタリアで有名な70歳日本人女性のトモコさん
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。