西郷どん(せごどん)2018年大河ドラマの主役は誰?キャストを予想!

この記事は2分で読めます

NHK大河ドラマ西郷どんの主役は誰に
Sponsored Link

はいさいー!

 

めちゃくちゃ筋肉痛のどうもミショーです。

 

たまにジムに行くんですが、今回は割と筋トレで鍛えている友人と初めて一緒に行ったんですよ。

 

そしたら自分より重いウェイトなので、ついていくのに必死。まー途中からは力を使い果たしてついていけてませんでしたけどw

 

久々に腕がプルプルして力が入らなくなるくらい筋トレしたので完全に腕が重いですが、充実感もありますね。当面の目標はこの友達と同じぐらいの重さでトレーニングできるようになる事でっす^^

 

さて、今日のネタは大河ドラマから!2018年放送は西郷どんに決まったそうですが、その主役がまだのようです。

sponsored link

2018年の大河ドラマが西郷(せご)どんに決定

NHKが8日、第57作目となる2018年の大河ドラマが西郷隆盛を主人公にした「西郷どん」(せごどん)に決まったと、会長の定例会見で発表した。原作は林真理子氏、脚本は「花子とアン」、「Doctor-X 外科医・大門未知子」などの作品で知られる中園ミホ氏が務める。
引用元:デイリースポーツ

ほほー!脚本はヒット作を飛ばしている中園ミホさんなんですね!

 

大河ドラマって見る人は見るけど、見ない人は全然ってイメージがあります。ですが、西郷隆盛ぐらいの皆が名前を知っているような人物の作品ならきっと興味を持つ人も多いはず。面白い一昨になる事を期待ですね。

 

で、主役が誰なのか気になりましたが、現在のところはまだ未定のようです。

 

これまでの報道では堤真一で決定!という報道もありましたが、より最近のニュースでは堤真一は出演を断ったという記事もあります。そういう経緯もあってまだ未定としか発表できなかったんでしょうね。

西郷どんの主役が誰か予想!

もしかしたら今でも堤真一さんに出演依頼を続けている可能性もありますよね。これで「やっぱり堤真一」となれば丸く収まりそうですが、一度主演決定の報道が出ている分、他の俳優さんへのアプローチは難しそう。

 

オファーが来る俳優さんの中には、「大河ドラマなんて大チャンス!」と思える立場の人もいるでしょうが、「堤真一に振られたから俺のとこに来たんだろ?」という印象を持ってしまう人も当然いるでしょう。

 

「あーあ。本命の人に振られちゃった。じゃー次に良いと思っていたのはあなたなんだけど付き合わない?」ちょっと大げさにいうとこんな感じで言われているわけですからw

 

それにNHK大河ドラマの主役という事で、恐らく若手の抜擢というよりは経験も演技力もある俳優さんを選びそうですし、なおさら後者の反応になってしまう人も多いかもしれませんね。

 

では、もし堤真一でなくなった場合は誰が西郷どんになるのでしょうか。

 

ビジュアル的に言えばやっぱり元横綱の武蔵丸光洋さんですよねw見た目のそっくり度では群を抜いていると思います。が、さすがに演技力の部分で難しいでしょう。

 

見た目でもう一人、加藤諒さん(笑)まゆげだけは満点ですが、こちらも演技力と、後は背が低いということで大抜擢とはならなそうですね。加藤諒が西郷どんを演じても、顔だけのアップならおおー!となりそうですが、全身を映した時はイマイチ迫力に欠けそうw

 

あとは強面俳優で安岡力也さんと竹内力さんなんかも見た目的には似てるかも!ただ、力也さんは最近は体調がよろしくないですからね。竹内力さんは最近テレビでよく見ますし、バラエティ番組にも出演されていますが、逆にそれがちょっとNHK大河ドラマの主役にはふさわしい感じがなくなるのかな?なんて個人的には思っています。

 

で、個人的に本命だと思っているのが勝也さん!

勝也がNHK大河ドラマせごどんの主役に?

キムタク主演の大ヒットドラマ「HERO」で、守衛さんに抜擢された人と言えばわかる人も多いハズ。

 

見た目もかなり似ていますし、ドラマに舞台に演劇にと数多くの経験を積んでいますので演技力もバッチリでしょう!

 

NHKさん、僕の予想はどうですか?笑

 

またキャストの発表がありましたらこちらでも追記しますね。

 

それではこの辺で。

にふぇーでーびたん!(ありがとうございました)

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 僕のヤバイ妻で、佐々木蔵之助と真理亜の関係は?
  2. 吉本恒生
  3. アルミカンの高橋沙織が可愛い
  4. 井上苑子が可愛い
  5. おおたか静流の本名は大高静子?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。