デコピン浜ちゃん(ダウソタウソ)が浜田に激似!本名と芸歴や年収を調査!

この記事は2分で読めます

ダウンタウン浜田雅功モノマネ芸人のデコピン浜ちゃん
Sponsored Link

はいさいー!

 

開脚のストレッチがなかなか継続できないどうもミショーです。

 

前にも書きましたが、ベストセラーになった誰でも4週間ぐらいで開脚できる方法を実践しております。が、疲れて寝落ちしちゃったりして、毎日継続してできていないのが正直な所です^^;

 

毎日やったらもっとどんどん柔らかくなっていくのかなと思いますが、1日空いちゃったりする事で、振り出しに戻ってるような感覚ですございますw

 

何気に痛いから進んでやりたいと思わないのも、毎日できない理由の一つなんですけどね^^;そう言えば、全開脚できるようになったら最終的には痛くなるのかな?気になります。(いずれにしても毎日できるよう頑張ろうw)

 

さて、今日はダウンタウン浜田雅功のそっくりさん芸人、ダウソタウソのデコピン浜ちゃんについてですー!似すぎてて笑っちゃうw

sponsored link

デコピン浜ちゃんのwiki風プロフィール

ダウソタウソのデコピン浜ちゃん

生年月日:1957年4月22日
出身地:東京都
ブログ:http://ameblo.jp/katuaki-taisuke/

 

デコピン浜ちゃん、出身は関西じゃなくて東京なんかい!笑

 

芸歴はどのくらいなのか調べてみましたが、詳しい経歴をまとめてあるサイトがないですねw所属している事務所のオフィス南さんの紹介ページでも詳細な活動履歴はありませんでした。昔から浜ちゃんのモノマネでたまーにテレビに出ているのを見ていますし、芸歴は長いかと。

 

しかしこの浜ちゃんの笑い声を真似できるのは心底羨ましい!この笑い声をマスターすれば、絶対鉄板でウケると自分も練習してみた事が実はあるんですがw声質が全然違いすぎて真似るのは無理でした^^;

 

デコピン浜ちゃんは顔もマジで激似だし、クオリティがすばらしいですな^^

※15秒ぐらいから明るくなって本人(本人?笑)が登場してきます。歌い出しが似てて、しょっぱなから吹いちゃいましたw

デコピン浜ちゃんの本名は?

本名は石井勝明さんというそうです。

 

ちなみに、身長は165cmで浜田雅功と一緒だとか!これは奇跡(笑)まさに浜ちゃんのモノマネをやるためにこの世に生を受けたのかもしれませんね!w

デコピン浜ちゃんの年収はいくら?

あるモノマネ芸人は、一人のモノマネを極めると年収は1,000万円は稼ぐとテレビで話していました。

 

デコピン浜ちゃんも相当な激似度ですし、モノマネショーやイベントなどの営業も数多くあるでしょう。水曜日のダウンタウンの枠で放送の「水曜日のダウソタウソ」に出演するなど、たまにテレビのお仕事もあるようですし、仕事は順調そう。

 

それに、ビニールボール製造会社社長としての顔も持つようで、実は1,000万円以上稼ぐ勝ち組芸人さんかもしれませんね!

結婚はしている?

お呼ばれゲストとして結婚式を盛り上げるお仕事は多くされてきたかと思いますが、デコピン浜ちゃん自身は結婚しているのかな?調べてみた所、そういう情報はないんですよねぇ。。

 

結構稼がれていると思いますし、芸人にありがちな経済的な不安はなさそうなんだけどどうなんでしょ。

 

ちなみに、好きなタイプは小川菜摘(浜田雅功の嫁)と言っていますwこのあたりキャラクター設定が徹底していますな^^

 

小川菜摘のモノマネを得意とする女芸人の「とくこ」と交際していたら面白いなと思いましたが、どうやらとくこさんは誉(たかし)さんというイケメン男性と結婚して子どももいるそうなので、この二人がくっつく事はなさそうですw

女モノマネ芸人のとくこ

※とくこさんのモノマネをしている動画もアップされているので、ぜひYouTubeで検索して見てみてください!笑えます!笑

 

デコピン浜ちゃん、今後、スーパーブレイクするという事はなさそうですが、堅実にお仕事はありそう。これからも芸人活動頑張って欲しいでっす!

 

それではこの辺で。

にふぇーでーびたん!(ありがとうございました)

 

関連記事:ダウソタウソ松本等しいも似すぎて笑えるwほぼ本人ですww

 

関連記事:オードリー若林に激似芸人、八木良が腹筋崩壊レベルの激似w

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. フラワークリエイターの篠崎恵美さん
  2. そうめん二郎
  3. 加瀬南斗(かせみなと)が可愛い!
  4. 蜂谷晏海(はちやあみ)が可愛い!
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。