sponsored link

はいさい!ミショーです。

 

なんかたまに無性に食べたくなる!それがサブウェイですよね。

 

どの組み合わせがベストなのか考えるのも楽しいですし、野菜もたっぷりで何より美味しい^^(今日のお昼はサブウェイにしようかなw)

 

そんなサブウェイですが、福袋も販売されている事を知っている方はあまり多くないのでは?

 

気になる2019年の中身などご紹介していきますね!

sponsored link

サブウェイの福袋の2019年の中身は?

2018年の中身は

 

・サブウェイの2000円分チケット(200円券×10枚)

・コールドボトル(500ml)

・保冷トートバッグ(W325×H200×D125(mm))

 

去年はこのような内容になっています。数量限定で追加販売はありませんでした。

 

福袋の販売価格は2,000円(税込)です。チケットが2,000円分入っているので、元が取れますね。

 

コールドボトルはサブウェイオリジナルの野菜柄がプリントされた透明のプラスチックのボトルです。(耐熱60℃コールド専用)

チケットの使用期限は2018年3月31日までとなっていました。(チケットは福袋購入店舗のみ有効)

 

ちなみに2016年(2,400円福袋)は

・ドリンク回数券(5杯分800円相当)
・ブランケット
・サンドイッチ(生ハム・マスカルポーネ)チケット
・サンドイッチ(ローストビーフ)
・サンドイッチ(えびアボカド)
(チケットは福袋購入店舗のみ有効)

 

2017年(2,300円福袋)は

・ドリンク回数券(5杯分800円相当)
・キルティングトート
・サンドイッチ(生ハム・マスカルポーネ)チケット
・サンドイッチ(ローストビーフ)
・サンドイッチ(えびアボカド)
・ポーチ
(チケットは福袋購入店舗のみ有効)

 

2015年までは、新年の干支がモチーフの置物が入っていたようですが、2016年からこの商品は入っていないようです。

 

サブウェイのサンドイッチを持っているところがなんとも可愛いですね。

2018年からチケットが変更になりました。指定の商品との引換券ではなく、金券として使う200円券が入っています。

 

チケットの有効期限は、以前の引換券だと半年でしたが、この200円券は3月末と期間が短かったですね。

 

さらに、発行店でのみ使用可能というしばりがあったので、よく使う店舗ではないところで買った場合、使いにくい金券です。

 

2019年の中身も上記のように販売金額分のチケット+オリジナルグッズのセットでしょうね。今書いたように、買った店舗での利用縛りもあると思いますので、サブウェイの福袋を購入する際は行きやすい店舗での購入をおすすめします。

 

料金ですが、福袋の金額は毎年下がっており、昨年は2000円(税込)となっています。2019年も2,000円前後での販売になるかと。いずれにしてもチケットで、まるっと返ってくるはずなので、オリジナルグッズがゲットできる分お得なのは間違いなし?^^

sponsored link

サブウェイの福袋は予約できる?

サブウェイの一部の店舗では、以前は予約販売の受付をしていました。予約の時点で会計も終わるので、初売り当日は引き換えのみになっていました。

 

が、一昨年、昨年の福袋の情報をみると、店頭販売のみ、数量限定で販売されていたようですね。ですので、今年も店頭販売のみとなるかと思います。

 

予約可能がどうか店舗に確認するとよいでしょう。

 

店頭販売の福袋は当日売り切れになる店舗も多いようなので、早めに買いに行きましょう!

 

サブウェイは駅前やショッピングモール内などに店舗があることが多いですね。

 

ショッピングモール内店舗は初売りに合わせて福袋を販売することもあるので、初売りで行く場合には、店舗の場所を確認!他の福袋との兼ね合いを考えて効率よくゲットできるよう考えていくと良いでしょう。

sponsored link

今年も福袋楽しみですね

サブウェイはトッピングが追加でできるので「たっぷりと野菜が摂れるサンドイッチ」と、女性にも人気。またボリュームも満点なので男性もリピーターが多いです。

 

自分もサブウェイ好きで、セットで買っても安く、ボリュームがあって満足できます。ひそかにこの福袋を狙っているので、新年福袋をゲットしたいと思います!

 

それではこの辺で。

にふぇーでーびたん!(ありがとうございました)

sponsored link
おすすめの記事