sponsored link

はいさい!ミショーです。

 

寒くなってきて暖かい食べ物がより美味しい季節になりましたね。私はおしるこが大好きで寒くなってくるとよく食べます。

 

おもちはすぐ太るので食べ過ぎ注意ですがw

 

さて、今日紹介するのはジャーナルスタンダード(JOURNAL STANDARD)の福袋!

 

中身や予約方法についてお届けしてまいります。

sponsored link

ジャーナルスタンダードの福袋2019年の中身は?

ジャーナルスタンダード福袋はメンズとレディースがあります。

 

2018年の福袋を見てみると、福袋価格は15,000円で、約50,000円相当が入っていました。

 

アイテムはメンズだと

 

・アウター
・ニット
・シャツ
・バッグ

 

の4点です。

 

レディースは

 

・アウター
・シャツ
・カーディガン
・ダウンベスト
・手袋などの小物

 

など4~5点程度が入っていました。

 

(2015年の福袋の中身)

通常、アイテムの定価は5,000~20,000円程度ですので、上記のラインナップだったらアウターやバッグ1つで元が取れてしまいます。

 

2014年、2015年には20,000円で販売されていました。

 

15,000~20,000円の福袋だと、ちょっと高めに感じますが、内容的には元がとれるかと思います。

 

シンプルで落ち着いた色のアイテムが多いようなので、地味と思うか、使いやすいと思うか意見が分かれますね。

 

ビームスやアーバンリサーチなどのブランドが好きな人はおすすめのブランドです。

sponsored link

ジャーナルスタンダードの福袋予約方法をチェック

毎年12月上旬に公式サイトで福袋予約詳細がアップされます。なので、12月上旬に予約開始されると予想します。

 

予約開始当日に詳細がわかったこともありました。

 

ジャーナルスタンダード公式サイト以外では

 

・楽天ブランドアベニュー
・ZOZOTOWN
・アイルミネ
・藤井大丸オンラインショップ

 

でも福袋の販売がされていました。

 

現在ジャーナルスタンダード福袋の情報はまだアップされていませんが、情報は出てくると思いますので、前々からサイトをチェックしておきましょう。

 

ちなみに2017年は12月2日13時~

2016年12月4日15時~藤井大丸オンラインショップで予約販売開始しました。

 

12月の最初の金曜が予約販売の可能性が高いですかね。

 

しかし、一概に金曜日とも言えないのでサイトをこまめにチェック、SNSなどで情報を集めて、ジャーナルスタンダード福袋の予約販売開始にアクセスできるよう、予約開始後すぐに完売する大人気商品なので、事前に準備しておくことが大切です。

 

ちなみに、ジャーナルスタンダードは福袋の販売がなかった年もあったようです。

 

公式サイトや福袋販売しているショップのメルマガなどを登録しておき、最新情報が入ってくるようにしておくと良いですね。

sponsored link

初売りはある?

店頭での販売も初売りとして行うと思われます。

 

店頭での予約受け取りは、毎年あるとは限りませんので、店舗に確認したほうが良いでしょう。

 

そして福袋の初売りの店頭販売は、毎年行列です。並ぶことを覚悟して参戦しましょう。暖かい格好で行ってくださいね。

最後に

ジャーナルスタンダードは、ベーシックで落ち着いた印象のデザインが特徴ですね。カジュアルで清潔感のあるコーデに仕上がります。

 

幅広い年齢の人に使えるデザインなので、福袋も挑戦しやすいです。

 

初売りの混雑具合や福袋の情報など、ツイッターなどのSNSで逐一チェックして、確実にジャーナルスタンダード福袋をゲットしたいですね!

 

それではこの辺で。

にふぇーでーびたん!(ありがとうございました)

sponsored link
おすすめの記事