sponsored link

どうも!ミショーです。

 

今回お届けするのは、岡山県で毎年冬に行われる壮絶なお祭りで、日本三大奇祭の一つである「西大寺会陽(さいだいじえよう)」について。

 

真冬に約9,000人の男衆がふんどし姿で激しくぶつかり合うお祭りで「はだか祭り」ともいわれていますね。

 

テレビのニュースなどでも多く取り上げられているので、観た方もいるかもしれません。

 

そんな西大寺会陽はだか祭りの2019年の日程とみどころ、花火の開始時間や駐車場情報などなど、お伝えしていきますね!

sponsored link

西大寺会陽の2019年の日程は?

日本三大奇祭の一つに数えられる西大寺会陽は、毎年2月の第3土曜日に開催されます。

 

会陽を含めた神事は3週間前から始まり、一番盛り上がるのは裸の男衆が大勢集まる会陽当日の夜となっています。

 

開催日:2019年2月16日(土)
※すべての神事の日程は1月28日(月)~3月3日(日)

場所:別格本山 金陵山西大寺観音院

〒704-8116 岡山県岡山市東区西大寺中3丁目8-8

 

西大寺会陽公式ホームページ

 

会陽(修正会結願)
少年はだか祭り
餅投げ(1・2年生)
五福筒争奪(3・4年生)
宝筒争奪(5・6年生)
平成31年2月16日(土) 午後3時20分~
奉納演舞 午後5時40分~
会陽太鼓 午後6時30分~
午後7時30分~
会陽冬花火 午後7時~7時30分
宝木投下 午後10時

お祭りのメインである宝木投下は、西大寺観音院の本堂前で行われます。

 

約9000人の裸の男衆が集まりますからかなりの熱気です。20:00以降になると本堂境内周辺は参加者以外立ち入り禁止になりますので、ご注意を。

 

西大寺会陽の実際の様子(動画・youtube)

 

場所の詳細は公式の会場マップにてご確認ください。

 

公式会場マップ

sponsored link

西大寺会陽のみどころは?

西大寺会陽の一番のみどころは「宝木(しんぎ)の奪い合い」です。

 

「宝木」は14日間祈祷された非常に神聖なもので、昔は「神木」という字でした。この宝木を2本で1対にして、厄除けの護符のように包んだものを皆で奪い合うのです。

 

ふんどしを締めて裸になった男衆が境内で待ち受け、本殿の2階から住職たちによって投げられる宝木を奪い合い光景は壮絶で迫力があります。

 

午後8時頃になると、境内に裸になった人男衆が集まり始めます。

 

身体を清めた後境内を回って詣で、大床で押し合います。身体が熱くなると冷水で身体を清めて、また同じ順路を巡ります。

 

男衆達皆が本堂に集まり、夜10時になると、明かりが消され本殿2階から宝木が投げ落とされます。

 

我先にと宝木を取り合い奪い合い、うまく手に入れた者は「福男」と呼ばれ、その年1年間の幸福が約束されます。

 

境内のわずかな敷地に1万人近い裸の男衆が集まっているのですから、ものすごい熱気に包まれていることと思います。

 

そんな貴重な神事にぜひとも参加して福男になりたい!という方は公式ホームページから参加申し込みができますので、ぜひご検討ください。

 

公式ホームページ「参加申込フォーム」

入力項目:氏名、グループ名、メールアドレス、電話番号、住所

注意点:公式ホームページ記載の「裸参加者へのお願いと注意事項」を確認し、同意の上申し込むこと。

門前町着替え場所:当日荷物預かり1000円、さらし1000円、足袋1000円

19時~20時半目安に来ること

sponsored link

西大寺会陽の会場冬花火もおすすめ

男衆の迫力ある宝木奪い以外に、花火を目当てに来場される観光客の方も多くいます。

 

真冬に行われる花火大会は珍しいですよね。冬の花火は夏とは違って、冷たい空気中に花火が打ちあがるのではっきりくっきりと奇麗な花火が見られると言われています。

 

19時から30分にわたって、約2,000発もの花火が打ちあがります。ぜひお祭りの合間に楽しんでくださいね。

西大寺会陽の観覧方法は?

座席指定席 緑券 5,000円
立見席(東) 赤券 1,000円
立見席(西) 青券 500円
本堂(内陣・御福窓)拝観券 1,000円

裸まつりには参加しないけど、宝木奪い合いを間近で観覧したいという方のために有料観覧席が設けられています。

 

座席指定席(緑券5,000円)は窓口、電話、インターネット公式ホームページから事前予約することができます。

 

2種類の立見席はいずれも窓口予約か当日購入のみとなっていますので、ご注意ください。

 

お子様やお年寄りの方は座ってゆっくり観覧できる座席指定席が良いかもしれませんね。

 

立見席に関しては事前に売り切れてしまうことはまずないようなので、当日の購入でも大丈夫です。

 

購入窓口:岡山市東区西大寺中3-6-15岡山商工会議所西大寺支所2階
電話予約:086-942-0101
当日購入:9時~夕方までは窓口にて。19時~は観覧席入口にて。

 

立見席は2種類ありますが、私のおすすめは「立見席(東)赤券1,000円」です。

 

こちらの立見席は宝木奪いが行われる本堂の目の前に作られた座席指定席の真後ろにあります。そのため真正面からお祭りを見ることができます。

 

また、立見席の一番後方には寺の外へとつながる入口が設けられているため、混雑した会場から割とスムーズに退場することができます。

 

そこまで高い金額でもないので、立見席を購入する際はこちらがおすすめです。

西大寺会陽の駐車場は?

お祭り当日は多くの人で賑わうため、道路も混雑します。特に宝木奪いに参加したいと考えている人は時間に余裕を持って行動してくださいね。

 

駐車場は臨時駐車場がいくつか設けられていますので、ぜひ利用してください。

 

西大寺に最も近いのは有料の向州グラウンド駐車場です。

 

有料といっても1台500円ですので、多くの人がこの駐車場に停めようとするため周辺道路も非常に込み合います。

 

無料の駐車場は会場から少し離れていますが、歩けない距離ではありませんから、確実に停めたいと思うのであれば思い切って遠くの駐車場を選ぶのも手かもしれません。

 

周辺道路は交通規制が行われます。大体18:30以降は会場周辺を車で通ることはできませんので、その時間前に駐車場に停めてくださいね。

 

交通規制マップ】※平成30年のもの、まだ更新されていない

迂回経路図

 

車ではなく、電車で向かわれる場合の最寄り駅は、赤穂線西大寺駅です。

 

駅から西大寺までは歩いて15分ほどです。ほぼ一本道ですし、当日は西大寺に向かう人の流れができますので、迷うことはないと思います。

 

祭り終了後の帰りの時間帯には臨時電車の発着もあるようなので、事前に電車の時間を確認しておくと安心してお祭りを楽しめますね。

 

JR時刻表】 ※平成30年のもの、まだ更新されていない

いかがでしたでしょうか?西大寺会陽は迫力満点のとても見ごたえあるお祭りなので、日程の合う方はぜひ足を運んでみてください。

sponsored link
おすすめの記事