sponsored link

どうも!ミショーです。

 

5月には元号も変わり、新しい元号になる1年目に何か目標を立てる方も多いのでは?

 

学業成就や商売繁盛、恋愛成就など色々と願掛けをする際にはお参りをしてお願いするのももちろん良いですが、だるまを購入して願掛けをするのも良いと思います。

 

という事で、今回は日本三大だるま市の一つである「深大寺だるま市」についてご紹介!

 

江戸時代から続く伝統行事である深大寺だるま市は、静岡県富士市の「毘沙門天」、群馬県の「高崎」と並び、規模がとても大きいだるま市です。

 

だるま市の2019年の日程やみどころ、駐車場について調べましたので、ぜひ参考にしてください!

sponsored link

深大寺だるま市の2019年の日程は?

深大寺だるま市は毎年、3月3日、4日の両日にわたって開催されます。

 

ちょうど深大寺山門の紅梅白梅が見ごろを迎える時期であることから「東京に春を呼ぶだるま市」とも言われています。素敵ですよね^^

 

2019年の開催も、3月3日(日)、4日(月)の2日間で開催されることが決まっています。今年は開催日が日曜日にあたるので例年よりも多くの人出で賑わうことと思います。

 

開催日:2019年3月3日(日)・4日(月)の2日間
場所:天台宗別格本山浮岳山昌楽院 深大寺(じんだいじ)
〒182-0017 東京都調布市深大寺元町5-15-1

深大寺公式ホームページ

 

深大寺だるま市の当日は、境内には約300のだるま店、露店・屋台が立ち並び、だるまを買い求める多くの参詣者で大変にぎわいます。

 

朝からの来場者数は毎年6万人を超えるほど!2019年は日曜日にあたりますから、来場者数はもっと増えるかもしれませんね。

 

だるま市が有名ですが、このだるま市は深大寺最大の行事「厄除元三大師大祭」の中の一つの祭事です。

 

だるま市の当日は元三大師堂では諸願成就の大護摩供が終日厳修されます。

 

つまり、お祭りの期間中は終日御堂でお経が唱えられているということです。それだけを聞いても、境内付近は厳かな雰囲気が漂っていることが想像できますね。

 

sponsored link

深大寺だるま市のみどころは?

深大寺だるま市では、購入しただるまに「目入れ」をしてもらうことができます。

 

開眼祈祷をしてくれるだるま市は全国にもありますが、深大寺のだるまは目入れの方法が他と異なっており、そこが特徴の一つです。

 

「目入れ」は毎年大変人気があり当日は大変混雑します。細かくスケジュールが決まっていますので、時間に余裕をもって行動してくださいね。

 

平成31年3月3日・4日だるま市護摩祈願・だるま開眼スケジュール

護摩祈願時間
1 10:00
2 11:00
3 12:00
4 13:00
5 14:00 ※一般の方は大師堂に入堂不可
6 15:00
7 16:00

※御祈願の申し込みは時間15分前まで
※だるまの開眼は、大師堂前仮設開眼所にて、午前9時~閉堂まで(午後5時頃)

 

深大寺では、元三大師堂前の特設「だるま開眼所」で僧侶直々に目入れをしてもらえます。

 

これはだるまの目に梵字(インドの古い文字)を入れるという深大寺独特のもの。

 

古来「阿吽の呼吸」という言葉より、新しく求めただるまの左目には物事の始まりを意味する「阿」の字を入れて開眼し、願掛けした願い事が叶っただるまの右目には物事の終わりを意味する「吽」の字を入れ感謝の意を込めて寺に納めるというものです。

 

深大寺だるま市でだるまを購入したら、是非僧侶に開眼をお願いしましょう。ご利益満載ですから、きっと願い事も叶うと思いますよ^^

sponsored link

「お練り行列」はお祭りのクライマックス!

深大寺だるま市のクライマックスは「お練り行列」です。3日、4日共に午後2時より開始されます。

 

雅楽衆を先頭に、袍裳金襴七条袈裟に身を包んだ僧侶たちが境内を進む煌びやかなお練り行列は圧巻です。

 

その様子は平安時代にタイムスリップしたような、まさに平安絵巻さながらの優雅さがあり、大祭中最大の見せ場となっています。

 

だるま市に行く際にはぜひこの「お練り行列」を見られる時間にお出かけくださいね。

深大寺だるま市の駐車場とアクセスは?

深大寺だるま市には毎年多くの人が訪れますし、3日は日曜日とあってより混むことが予想されます。

 

深大寺付近の駐車場は満車となる時間が早いと思いますので、事前に周囲の駐車場情報を調べておくことをおすすめします。

 

【アクセス】

深大寺通り 両日とも一方通行(10:00~16:00)
※三鷹通りから進入不可。武蔵境通りより進入下さい。
調布インターもしくは国道20号を府中方面から
中央自動車道「調布インター」下車~国道20号を新宿方面に直進(約0.5km)~「下石原交番前」交差点を左折~(武蔵境通り)を直進(約1.3km)~「深大寺入口」交差点を右折して0.5km程で、深大寺の参道の入り口
国道20号を新宿、環八、仙川方面から
国道20号「下布田」交差点を右折し、三鷹通りを直進する道は交通規制のため進入不可になりますのでご注意下さい。
武蔵野、三鷹、小金井方面から
武蔵境通りからは「深大寺入口」で左折。
(武蔵境通りと東八道路との交差点は「野崎八幡前」になります)
※三鷹通りからは交通規制のため進入不可です。

 

深大寺の前に民間のコインパーキングがありますが、こちらは収容台数が11台と小さな駐車場のため、停めることがかなり難しそうです。

 

深大寺の北側には、大きく広がる植物園があります。こちらは第1と第2の広大な駐車場を完備しているため、そちらの駐車場を利用するのも良いかもしれません。

 

深大寺までは多少距離があるため、歩くことにはなりますが、おそらく駐車場が埋まってしまうことはないかと思います。

 

神代植物公園第一駐車場
住所:調布市深大寺北町1-4
営業時間:24時間
収容可能台数:228台
料金:1時間まで300円、以後30分ごとに100円
神代植物公園第二駐車場
収容可能台数:100台
料金:1時間まで300円、以後30分ごとに100円

 

深大寺は都内のアクセスしやすい場所にありますから、電車で行かれることもおすすめします。電車を使用する場合には最寄り駅からバスで深大寺まで行く方法となります。

最寄駅よりバス
①京王線
調布駅北口から
(1)14番乗り場「深大寺」行き
(調34)(乗車時間約15分)
終点「深大寺」下車  深大寺まで徒歩1分
又は「深大寺小学校前」下車 深大寺まで徒歩5分
(2)13番乗り場「吉祥寺駅」行き
(吉06)(乗車時間約10分)
「三鷹駅」行き(鷹56)(乗車時間約10分)
「深大寺入口」下車  深大寺まで徒歩8分
②京王線
つつじヶ丘駅北口から
「深大寺」行き(丘21)(乗車時間約15分)
終点「深大寺」下車  深大寺まで徒歩1分
③JR吉祥寺駅南口より (1)6番乗り場
a「深大寺」行き(吉04)(乗車時間約30分)
「深大寺」下車   深大寺まで徒歩3分
b「調布駅北口」行き(吉05)(乗車時間約30分)
「深大寺入口」下車  深大寺まで徒歩8分
(2)4番乗り場
「調布駅北口」行き(吉06)(乗車時間約30分)
「深大寺入口」下車  深大寺まで徒歩8分
④JR三鷹駅南口より (1)3番乗り場「深大寺」行き
(鷹65)(乗車時間約25分)終点
「深大寺」下車  深大寺まで徒歩3分
(2)5番乗り場「調布駅北口」行き
(鷹56)(乗車時間約25分)
「深大寺入口」下車  深大寺まで徒歩8分

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

深大寺だるま市は他とはまた違っただるまさんに出会うことができるだるま市です。

 

だるまを購入した際には、深大寺独自の「目入れ」をぜひ行ってもらってください。

 

そして願掛けをして願いが叶った際には、改めて深大寺を訪れてだるまの右目に「吽」の字を入れてもらってくださいね^^

sponsored link
おすすめの記事