sponsored link

愛知県名古屋市天白区にある名古屋市農業センターは、通称「dela(でら)ファーム」と呼ばれる農業公園で、全国的にも珍しいしだれ梅が一面に広がる梅園を有しています。

 

地元の人の憩いの場にもなっているでらファームで行われる「しだれ梅まつり」は県外からも多くの人が訪れる規模の多いなお祭りです。

 

梅の咲き始める時期になると12品種約700本のしだれ梅が咲き誇り、その光景は圧巻です。

 

全国各地に梅の名所は多々ありますし、「しだれ桜」の名所もありますが、「しだれ梅」はあまり聞きなれませんよね。私も梅は初耳でした!

 

しだれ梅まつりの期間中は毎日イベントも行われるようなので、それも楽しみですね。

 

今回は名古屋しだれ梅まつりの2019年の日程やみどころ、アクセスについてお届けしますので、ぜひ参考にしてください!

sponsored link

しだれ梅まつり2019年の日程は?

しだれ梅まつり市は毎年2月下旬から3月中旬にかけて行われますが、その年の開花状況にもよって変わってきます。

 

今年2019年の開催期間は、2月23日(土)~3月17日(日)と決まりました。

 

開花状況によって変動がありますから、梅の開花状況をこまめに確認しながら、満開の時期に訪れてくださいね。

 

開催期間:2019年2月23日(土)~3月17日(日)
※期間中無休・開花状況によっては変動の場合あり

場所:名古屋市農業センターは「dela(でら)ファーム」
〒468-0021 名古屋市天白区天白町平針黒石2872番地の3

入場料:無料

ホームページ

 

でらファームのしだれ梅は、例年2月の上旬頃から咲き始めますが、2月の第1週はほぼつぼみの状態です。

 

2月中旬ごろで3分咲き、2月20日ごろで8分咲き、2月最終週で満開になることが多いです。

 

満開の状態は3月上旬まで見られることができます。そのため最も見ごろを迎える2月最終週~3月の頭にかけてが訪れる人の数も多いです。

 

土日は子供向けイベントと重なるため混みあいますが、平日はそこまでではないようです。ゆったり梅の鑑賞を楽しみたい人は平日を狙うと良いでしょう。

 

しだれ梅の開花状況はでらファームの公式Twitterから確認することができます。

 

また、過去10年間の開花データも発表されていますから、開花状況を見ながら、お出かけの計画を立ててくださいね。

 

でらファームTwitter

 

過去開花データ

sponsored link

しだれ梅まつりで見ることができる梅の花は?

梅の花は約100種類あり、種類によって開花の時期が変わってきます。

 

でらファームにある梅の花はすべてしだれ種のため、名前に「枝垂」と付いている品種です。全部で12種類の色とりどりのしだれ梅を鑑賞することができます。

早咲き 1月中旬~2月中旬頃
中咲き 2月上旬~3月中旬頃
遅咲き 3月上旬~4月上旬頃

 

名古屋市公式HP写真

花の色から大きさまで本当に色々な種類のしだれ梅が植えられています。

 

中にはぱっと見、梅の花に見えないものあります。

 

しだれ梅のため、梅の花が目線の高さまで下りてきていますから、じっくりと鑑賞して、自分好みの梅の花を探すのもまた楽しいかもしれませんね。

sponsored link

しだれ梅まつりのみどころは?

名古屋市農業センターでらファームのしだれ梅まつりでは、期間中毎日楽しいイベントが企画されています。

 

園内をゆっくり散歩しながら梅の花を楽しむことももちろんできますが、せっかくですからイベントにも参加して楽しい思い出を作ってくださいね。

 

イベントの数が多いので、ここではいくつかピックアップしてご紹介します。イベント全部の日程や詳細は公式パンフレットにて確認してください。

 

【しだれ梅まつり公式パンフレット】

 

1.朝市・青空市
〈日程〉期間中毎日 ※売り切れ次第終了
〈場所〉噴水広場
〈内容〉地元の新鮮野菜の直売所です。リーズナブルな価格で購入できます。

 

2.小動物とのふれあい
〈日程〉ヒヨコ:期間中の土日、モルモット:3月3日(日)
〈時間〉13:30~14:30
〈会場〉ヒヨコ:孵化展示室、モルモット:めん山羊放牧場または名古屋コーチン資料館
〈内容〉ヒヨコやモルモットとふれあうことができます。どちらも無料です。
小さなお子様連れの方は一緒に楽しめるイベントです。

 

3.名古屋コーチンまつり
〈日程〉3月4日(月)~3月10日(日)
〈時間〉9:00~16:30
〈内容〉謎解きイベントや卵料理教室、名古屋コーチンの料理・製品をお得に購入できるスポットなど盛りだくさんのイベントです。

 

どのイベントも子供から大人まで楽しめそうなイベントですよね。

 

まつり会場であるでらファーム自体がとても広大な敷地をもち、芝生広場や牛放牧場など自然味あふれるスポット満載です。

 

しだれ梅まつりを楽しみつつ、ちょっと休憩や食事を兼ねて園内を散策して回るのも楽しいかもしれません。

【でらファーム公式マップ】

しだれ梅まつりの駐車場とアクセスは?

しだれ梅まつりの期間中は毎年多くの人が訪れますし、周辺道路は大変混雑が予想されます。

 

でらファームの駐車場が有料で開放されますが、台数に限りもあるので、ゆっくりと楽しみたい方は公共交通機関を利用しての来場がおすすめです。

 

〈第1駐車場〉
普通車190台駐車可能
普通車:1回500円、自動二輪・原付:1回150円

 

〈第2駐車場〉
普通車34台駐車可能
普通車;1回500円、自動二輪・原付:1回150円
料金:1時間まで300円、以後30分ごとに100円

 

電車やバスを使用してのアクセスは以下の通りです。

 

地下鉄の最寄り駅から歩くと20分ほどかかりますが、公式パンフレットでは徒歩が推奨されており「地下鉄から歩いたら、消費カロリー往復で140キロカロリー!ソフトクリーム1個分!」と案内されています(笑)

 

しだれ梅まつりで梅グルメや名古屋コーチングルメをたくさん食べる予定の人は、健康的に歩いて少しでもカロリーを消費する方法もありますね。

 

〈電車〉
地下鉄鶴舞線「平針」又は「赤池」下車、徒歩約20分

 

〈バス〉
●市バス「地下鉄平針」から「地下鉄原」行き「農業センター北」下車、徒歩約5分
●名鉄バス:地下鉄「赤池」駅から「祐福寺」行き又は「前後」行き「荒池」下車、
徒歩6分

※「地下鉄平針」から、3月の土日に限り随時臨時バスが運行されます。
詳しくは交通局緑営業所(052-876-9821)まで要問い合わせ

 

いかがでしたでしょうか?桜の季節の前に、一足早いお花見として、しだれ梅を楽しむのも良いですよね。

 

でらファームのしだれ梅は全国的にも規模が大きい梅園ですから、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

sponsored link
おすすめの記事