sponsored link

はいさい!ミショーです。

 

今回はどら焼きを愛し、どら焼きに愛された男(男?)

ドラえもんの新作映画について書いていきますよー!

 

多くの人が楽しみにしている映画の公開が

いよいよ3月に迫ってきていますね!

 

毎回実力派の監督と脚本家、豪華なゲスト声優、

そして主題歌にも注目が集まっています。

 

ということで、2019年3月1日に公開最新作

「映画ドラえもん のび太の月面探査記」の

あらすじや内容についてお届けします!

 

関連記事:のび太の月面探査機の前売り券やプレゼント情報はこちら

 

関連記事:映画ドラえもん「のび太の月面探査機」の主題歌と声優キャストまとめはこちら

sponsored link

のび太の月面探査記のあらすじと内容

今回の舞台はタイトルからわかる通り「月面」です。

 

前作までは宇宙や魔界などちょっとファンタジーな世界観が舞台でしたが、月面はもう少し身近に感じる舞台ですね。

 

映画の情報が続々と解禁になってきており、公開されている映像も増えてきました。

 

【動画】映画ドラえもんのび太の月面探査記スペシャル映像

 

【動画】映画ドラえもんのび太の月面探査記予告1

 

【動画】映画ドラえもんのび太の月面探査記特報

 

【動画】映画ドラえもんのび太の月面探査記予告2

予告編の映像からも映画の世界観やだいたいのあらすじを見て取ることができますね。少しですがあらすじをまとめてみました。

 

いつもと同じ平和な暮らしをしていたのび太がある日、テレビで

 

「月面探査機が月面で白い影を捉えた」

 

というニュースを目にします。

 

このニュースを見たのび太は、その影はうさぎに違いないと信じ、教室でみんなに話をします。

 

「僕はずっと信じていた、月には誰かが住んでいる」

「月にいるのは、そう、月のうさぎだ!」

 

友達の前で自信満々に発言するも、友達は誰も信じてくれずに大笑い。のび太のまたいつもの変な発言が出たよ、と馬鹿にされ、家に帰ってドラえもんに泣きつきます。

 

「ドラえもーーーん!!!」

 

お決まりののび太からのSOS。ここから冒険が始まっていきます。

 

のび太から相談を受けたドラえもんが出してくれたひみつ道具は「異説クラブメンバーズバッチ」。

 

これを使ってのび太とドラえもんは、月面に本物のうさぎ王国をつくることを計画します。

 

王国をつくった二人は、ジャイアン、スネ夫、しずかちゃんを誘い、みんなで楽しんでいました。

 

ある日、のび太のクラスに不思議な転校生がやってきます。

 

名前は「ツキノ ルカ」。

 

のび太たちはルカを連れてうさぎ王国へと行くことになるのですが、そこから月の伝説に関わる冒険へとつながっていくのです。

 

「転校生のルカと、まだ見ぬ世界へ」

 

月面の場面では、様々なシーンが描かれています。

 

1匹のうさぎがタケノコを持って逃げ回り、その先では月を眺める美しい着物をきた女の子がいます。まるでかぐや姫のような女の子。この子は「ルナ」。月に隠された伝説のカギを握ります。

 

のび太たちが月面で宴を楽しんでいるシーンからは一転して、悪役が登場し月面を爆破する場面もあります。月面から落下していくのび太たち。一体どうなってしまうのでしょうか。

 

予告編最後のシーンでは、のび太とドラえもんたちが月面から急いでどこでもドア内に逃げ込んでいきます。みんながドアに入ったところで月面に一人残ったルカ。

 

「ルカ、どうして!」

「・・・友達だからさ」

「ルカー!!」

「友達は仲間だよ、ただ友達っていうだけで、助けてよい理由になるんだ!」

 

一人残ったルカと月の世界の平和のために、のび太とドラえもんたちは再び月面へ行って友だちを救い出すことを決心するのです。

 

予告編から読み取れるざっとしたあらすじをまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

 

「月の裏側」「伝説」「侵略者」「友達」などさまざまなキーワードがありますね。

 

映画内に出てくるひみつ道具も大きな役割を果たしていることでしょう。

 

予告では「異説クラブメンバーズバッチ」が紹介されています。このひみつ道具は私も初めて聞きました。ちょこっとですが調べてみましたので、ご覧ください。

sponsored link

異説クラブメンバーズバッチ?

異説クラブメンバーズバッチはマンガやアニメでも何度か登場したことのあるひみつ道具のようです。

異説クラブメンバーズバッチは、マイクとセットで使用する道具です。

 

まず、マイクにある特定の考えを吹き込みます。そしてその考えを同調させたい相手にバッチをつけると、そのバッチを付けた人は全員その考えに同調する、というものです。

 

少し洗脳的な道具ですね(笑)

 

今回の映画でいえば、のび太が主張していた「月にはうさぎがいる」という考えを他のみんなにも同調してもらうために使用しているようです。

 

マイクに「月にはうさぎがいる」という考えを吹き込み、そのバッチをドラえもんやジャイアン達につけることで、みんなも「月にはうさぎがいる」と考えるようになる、ということですね。

sponsored link

映画を観た感想とネタバレ

2019年3月公開の「のび太の月面探査記」ですが、予告編を見る限り、壮大なスケールの冒険が繰り広げられそうで、とても楽しみですね!

 

今後もしかしたら追加で予告編が上がってくる可能性もあるので、そうしたらもっと映画の内容が分かってくるかもしれません。

 

予告編ののび太の

 

「友達は仲間だよ、ただ友達っていうだけで、助けてよい理由になるんだ!」

 

というセリフを聞くと、これまでの映画以上に、のび太の友達思いの優しい気持ちがみんなを世界を動かしていく内容になりそうです。期待大ですね!

 

映画の感想については、公開されて実際に観てから追記したいと思います!

 

以上、ドラえもんの映画最新作の予告編から、あらすじや内容について調べてみました。

 

早く3月1日がきてほしい!映画の公開が待ち遠しいですね。

 

関連記事:のび太の月面探査機の前売り券やプレゼント情報はこちら

 

関連記事:映画ドラえもん「のび太の月面探査機」の主題歌と声優キャストまとめはこちら

sponsored link
おすすめの記事