sponsored link

2019年6月25日発売のKiss 8月号に連載中の『コミンカビヨリ』第45話!

 

飢え死にしないために、古民家を購入したアラサー独身イラストレーターの萌と、古民家オタク一級建築士の池内くんの瀬戸内を舞台に繰り広げられる、ラブとサバイバルが話題の『コミンカビヨリ』。

 

単行本も大人気で、現在8巻まで発売されていますよ。

 

今回は最新第45話の『コミンカビヨリ』のネタバレ、感想をまとめました。

 

前話(第44話)の内容を振り返りたい方はこちら

sponsored link

コミンカビヨリ【第45話】のネタバレ

老後が不安なアラサーイラストレーターの萌は、古民家オタクの建築士池内くん(フランス在住)と遠恋中。

 

人間ドッグにひっかかり、精密検査になってしまった萌は「不安だからそばにいてほしい」と池内くんにお願いする。

 

だけどフランスにいる彼からは「仕事が立て込んでいて帰れない」との答えが。

 

遠恋の辛さを感じ、心が折れそうになってしまう萌。こんな彼女に池内くんは「お付き合いを続ける方法を一緒に考えたい」と言ってくれて…!?

 

「結婚しよっか。…萌さんが病気かもしれないってなって考えた。おれは萌さんが不安な時やつらい時に支えたい。だから家族になりたいなって。どう?おれと結婚してくれますか?萌さん」

「池内さん…あ、えっと、えっと……か、考えさせてください…」

「なんでそこで『はい』って言わないかなー」

「だってーーー!!」

 

翌日、萌は親友の佐野に相談をしていた。

 

「池内さんみたいなハイスペックイケメンが彼氏なだけでもラッキーすぎるのに…。この上結婚なんて私の人生の運全部つぎ込んでも足りないじゃん!この先いいこと1個も無くなっちゃうよ!」

「…萌って、なんでそういう考え方なの?夢を叶えた上で女性としての幸せも手に入れてる人なんていっぱいいるよー」

 

佐野の指摘に言葉につまる萌。すると、ある女性が声をかけてきた。

 

「佐野さんと赤石さんじゃない?やっぱり!高校同じだった高瀬です、覚えてるー?」

「あー!久しぶり!」

「そういえば噂で聞いたよ、赤石さん。イラストレーターになったんでしょ?すごいね、夢叶えて!私はCAになりたくて受けまくったけど、全然ダメで…。就活に疲れて適当な会社に入っちゃったよ」

「高瀬さん…」

「でもその会社で取引先の営業のダンナと出会って、今幸せだからいいんだけどね☆じゃ、がんばってね、ふたりとも。応援してるね~」

 

ノロケと幸せオーラを撒き散らして去っていった高瀬さんに、しばし呆然とする二人。

 

「…ほら~やっぱり全部なんてムリなんだよ~。そりゃ世の中には全部手に入れてる人だっているけどさ。我々はそんな器じゃないよ…」

「何いってんの。別に何かを手に入れたら別の何かを諦めないといけないわけじゃないんだからさ」

―――そっか。全部なんてムリだって思ってたけど。別に諦めなくてもいいのか…。

 

「…そうだよね、…結婚、してみようかな…」

 

二人がデザートを注文しいざ食べようというタイミングで、遅れていた唯一の既婚者・南野がやってきた。

 

「ごめんね、お待たせ!」

 

南野にも一連の流れを説明する萌。すると

 

「ハイスペックイケメンと結婚したらこの先いいこと1個もなくなっちゃう?大丈夫だよ、結婚ってそんな幸せいっぱいじゃないから!!」

「…え」

「幸せを手に入れるって面もあるけど、同じくらい苦労もついてくるから、人生の運を使い果たすなんてほどのことじゃないよ~」

「大丈夫かな…?」

「大丈夫、大丈夫!」

 

一方その頃池内さんは、萌へのプロポーズがうまくいかなかったことを悩んでいた。

 

「考えさせてくださいって…どういう意味なんだ…。いい雰囲気だと思ったんだけどなあ…何がいけなかったんだろ」

sponsored link

コミンカビヨリ【第45話】を読んだ感想

以上、最新話第45話のネタバレでした!

 

池内さんから思いがけないタイミングでのプロポーズを受けた萌は、自分の気持ちがうまく整理できず「考えさせてください」と保留の返事をしてしまいます。

 

親友の二人に相談をすることで、結婚に少し前向きになった萌。池内さんへのお返事も近いうちにあるでしょうか?上手くいってほしいですよね。

 

次回も見逃せない展開になりそうですね!

 

次回最新話が掲載されるKiss10月号は2019年8月25日発売予定です。お楽しみに!

sponsored link
おすすめの記事