sponsored link

2019年7月25日発売のKiss 9月号に連載中の『わたしのお嫁くん』第4話!

 

会社でテキパキと仕事をこなす「はやみん」には”家事ができない”という致命的な秘密があった。

 

汚部屋暮らしが後輩男子・山本君にバレてしまい、山本君はすぐにでも嫁に行ける家事力を発揮してはやみんを助けてくれて…?

 

今回は最新第4話の『わたしのお嫁くん』のネタバレ、感想をまとめました。

 

前話(第3話)の内容を確認したい方はこちら

sponsored link

わたしのお嫁くん【第4話】のネタバレ

「嫁入りルームシェア」を始めて一週間。私はすっかり新婚ボケ状態で、生活面ではすっかり山本くんに頼りきっている。

 

家賃のために仕事も前より頑張ろうって思えるし、2人暮らしも新鮮で楽しい。順調すぎる毎日…ケンカはたまに…けっこうするけど…

 

「やっぱり山本くんでよかったよ。生活の不満ってその都度言ってくれた方が…うちの姉なんて優しすぎて我慢しちゃうタイプでね。3年に1回ぐらい爆発して全部言われるのがすごい怖かった…」

「それ、先輩が悪いですよ…」

「だから友達も家に呼んだことないんだー知らないうちに我慢させてたらイヤで…」

「なるほど…彼氏も呼んだことないんですか?」

「…彼氏…そういえば、思い返せばキレイに逃げてきたかも、家デート!」

「ふーん…へ~」

「あ、もう22時前だ!そろそろ解散ね!」

 

そう言い残し、部屋から去っていくはやみん。

 

「え、なんですか、解散って…」

「ほら明日も仕事だし!ね!じゃあおやすみなさい~」

 

――あぶない、あぶない…。夜はなるべく別行動しなきゃ。また山本くんをやらしい目でみてしまう。あれからふとした時、山本くんが知らない男子みたいに見えるときがあって、すこし緊張する。お風呂上がりに会ったくらいで恥ずかしい…仕事中はふつうに話せるんだけどな…。

 

翌日、一緒に外回りの営業へと出かけたはやみんと山本くん。

 

仕事ぶりから、だんだんと山本くんの成長を感じ取るはやみんは、少し焦りを感じる。

 

――この前まで「かわいい後輩くん」だったのに…成長どころかそのうち仕事でもフォローしてくれそうな、営業神にまでなりそうなオーラを隣からバシバシ感じるんだけど…。さすがに立場ない…家でも外でも頑張られたら、私廃人になっちゃうよ…なんとかしないと!

 

ある休日の朝。山本くんが起きると、すでにはやみんは起きており、珍しく台所に立っていた。

 

「…おはようございます、日曜なのに早いですね」

「おはよ~。ねえねえ今日って予定なかったよね?お弁当持ってピクニックしない?もちろん、私が作るから!」

「・・・・・」

 

はやみんの発言に言葉が出ない山本くん。

 

「あっ大丈夫だよ!山本くんに何度か教わったし…ほら簡単メニューで作ってるし…」

「なんでまた急に…」

「え、えーと…いつものお礼?」

 

二人ははやみんが作ったお弁当を持って公園へとやってきた。

 

「いただきまーす」

 

妙に色が黒いお弁当を一口食べる山本くん。

 

「…うん…うまくもまずくもないですね…」

「普通ってこと!?あーよかった!」

 

バッサリと切った山本くんの発言になぜか安心するはやみん。

 

「目標低くないですか!?」

「ほぼ人生初料理だもん、十分だよ!」

「そういうもんですか…でも正直味どうこうより、先輩がここまでしてくれたのがびっくり…てか嬉しいです」

 

――こんなの自分のためなんだけど…作ってよかった…!

 

すると、公園に遊びに来ていた子どもたちが話しかけてきた。

 

「しんこんふーふだ!」

「おねーさんは好きな人いるの?」

 

無邪気な質問に戸惑いつつも、正直に答えるはやみん。

 

「え。いやお姉さんはいない…」

「えーじゃあおにーさんは?」

「…いるよ」

 

――『いるよ』……いるの!?いつから!?えっ最初から!?いやでもそれなら私とルームシェアなんてしないよね…てことは最近…?

 

家に帰宅する途中、さっきの話題が気になったはやみんは思い切って山本くんに聞くことに。

 

「…ねえ山本くんって好きな人とは恋人になりたい派?」

「どういう質問ですか!?そん…そんなのなれるもんならなりたいでしょう!」

 

――そういえば恋愛のルールって全然決めてなかった…

 

「いや…もしこれからさ、ど、どっちかに恋人ができたら、この生活どうする…?」

 

二人の間にしばし沈黙の時間が流れる。

 

「…『恋人』できる予定でもあるんですか?」

「え、いや例えば…いつ何が起こるかわからないんだし…」

 

はやみんに恋人ができるイメージを想像した山本くんは、ひとりイラッとする。

 

「確かにそうですね…まあふつーにその時は、嫁なんかやってる場合じゃないですね!」

 

――嫁、なんか…。えっとつまり…彼女ができたらこのルームシェアは即解消…ってこと?
いやー!!こんな大事なこと聞いてなかったなんて…新婚ボケにもほどがある…

sponsored link

わたしのお嫁くん【第4話】を読んだ感想

以上、最新話第4話のネタバレでした!

 

いよいよ2人での新生活がスタートしたはやみんと山本くん。

 

家庭でも仕事でもテキパキと仕事をこなす山本くんに、自分の立場が危ういと焦りを感じ始めるはやみん。

 

日頃の感謝の気持ちを込めて料理に挑戦し挽回を図りますが、山本くんに好きな人がいることを知り、ルームシェアの危機を感じてしまいます。

 

山本くんの「嫁をやめる」発言をそのまま受け取ってしまうはやみん。

 

山本くんの思いは届くのでしょうか?次回以降の展開がとても楽しみです。

 

次回最新話が掲載されるKiss12月号は2019年10月25日発売予定です。お楽しみに!

sponsored link
おすすめの記事