sponsored link

2019年6月1日発売のBE LOVE 7月号に連載中の『昭和ファンファーレ』第35話!

 

昭和初期、人々を魅了する一人の歌姫がいた──。ある日、少女・小夜子(さよこ)は河原で謎めいた男性と出会い、彼に「父親」の幻想を抱く。

 

いつの日か、彼に声が届くように少女は歌い続けることを決意するのだが!?

 

単行本も大人気で、現在6巻まで発売されていますよ。

 

今回は最新第35話、いよいよ最終話を迎える『昭和ファンファーレ』のネタバレ、感想をまとめました。

 

前話(34話)の内容を振り返りたい方はこちら

sponsored link

昭和ファンファーレ【第35話】最終回のネタバレ

「え、協力?」

「ああ、あんたがヤミまがいのことでやりくりしてんだって?俺も協力してやるよ」

 

戦地から帰ってきた天良は、小夜子らの家に身を寄せていた。

 

「何言ってるの?天良には映画の仕事があるでしょう!」

「これ、顔にこんな傷あっちゃあ映画俳優なんざやっちゃいられねえさ。それに今ァちっとそういう気になれねぇんだ」

 

――天良…その顔の傷はなんでできたんだろう…何かつらいことがきっとあった。天良は隠すから…痛みを全部あたしが背負えればいいのに…。

 

ある日小夜子が出かけから帰ると、道で子どもたちに劇を見せている天良を見かける。

 

「やっぱり天良は役者に戻るべきだと思うな。だって好きでしょう?演じるの。顔の傷のせいでできる役が限られたとしても、天良には星がある。天良の天地はキネマにあるよ」

「それを言うならあんただって歌が運命だろ。…待ってるぜ、みんな。俺も。澄み渡るようなあんたの歌をさ」

 

小夜子が家に帰ると、母が外で待ち構えていた。

 

「ああっ小夜子!帰ったのね!今、静代さんが玄関に…!」

 

小夜子が向かうと、そこには静代と一人の男性がいた。

 

「浅海と同じ部隊だったそうよ。遺品を届けてきてくださったの」

「もっと早くお届けしたかったんですが、なかなか復員できず。時間がだいぶ経ってしまいました」

「そうですか…」

「本当に偶然というか、奇跡としか言いようがないんですが。船から退避する時、兵の一人が海堂の荷物を自分のと間違えて持ち出しまして…私が預かることになったんです。自分は小夜子さんが『生き別れの妹』なんかではないことを知ってましたし…どうぞこれを。すべてあなたに宛てたものです」

 

そう言って差し出したのは、手紙の束であった。

 

「暇さえあればどこででもどんな時も書いていたものです。それを書いてる時の海堂はいつも幸せそうでした」

 

小夜子がその手紙の束をそっと開く。

 

それは、何枚も、何枚にも書かれた、あたしのための楽曲だった…

 

「浅海…っ」

『約束したろ、俺の作った曲を…お前が歌うんだ…』

譜面を握りしめ、泣き崩れる小夜子。

 

「浅海、浅海、浅海…」

 

――約束を、誓いを、忘れてはいなかった。
いつだって、幼い頃のあの約束を果たすために。

 

手紙を胸に抱えたまま、街へとあるき出す小夜子。

 

――風が気持ちいい。風が通る。
どんなときも歌うのが好きだった。
『歌え、小夜子』
…声が…する…

 

目に涙を浮かべ、胸には手紙を抱え、小夜子は歌い出す。

 

――頭にある、悲しいときにも、悔しいときにも、嬉しいときにも
明日を築く歌を――

 

数年後。華麗な衣装を来て、大きなステージで美しい歌を響かせる小夜子がそこにはいた。

 

「おいで、明音。
開幕のトランペット。走り出すピアノの旋律。はずむように、流れるように。軽やかに揺れるスウィング。これは、明日の歌。
愛の歌。この曲を作ったのはね。
あなたの お父さん」

sponsored link

昭和ファンファーレ【第35話】最終話を読んだ感想

以上、最終話となる第35話のネタバレでした!

 

今回で最終回を迎えた「昭和ファンファーレ」。

 

友人によって届けられた浅海の遺品は、小夜子に再び歌うことを届けてくれました。

 

 

浅海が作った愛の歌をステージで華麗に披露する小夜子。再び歌に向き合うことができて本当に良かったですね。

 

リカチ先生の新連載は初秋を予定しているとのことです。次回の作品も楽しみですね。

sponsored link
おすすめの記事