sponsored link

はいさい!ミショーです。

 

今回は、スマホやタブレットで書籍を読もうとしている人におすすめの電子書籍サイト「BOOK WALKER(ブックウォーカー)」についてご紹介!

 

入会方法やサービスの内容、料金など気になるアレコレお届けします。

sponsored link

BOOK WALKER(ブックウォーカー)の登録方法

早速BOOK WALKER(ブックウォーカー)の登録方法について図解で書いていきますね。

1、HPの「無料会員登録」をタップ

ブックウォーカーの登録方法1

 

2、会員情報の入力に進みます

ブックウォーカーの登録方法2

 

3、入力確認後、仮登録をタップ

ブックウォーカーの登録方法3

 

4、送られてきたメール内のURLをタップし、会員登録が完了します。

ブックウォーカーの登録方法4

 

簡単ですね^^

sponsored link

BOOK WALKER(ブックウォーカー)の特徴

ブックウォーカーは、2005年に設立された大手出版社であるKADOKAWAグループが運営する電子書籍サイト。

出版社が直販している電子私書です。

 

【BOOK WALKER(ブックウォーカー)の特徴】

1、ライトノベル、コミックが読みたい人におすすめ

2、キャンペーンが多い

3、無料作品が多い

4、取り扱いは約57万冊以上

5、アプリでは、他の書店で購入した電子書籍を一緒に保管できる

6、同人誌、個人出版も取り扱い有

7、本棚を着せ替えできる

 

BOOK WALKERの取り扱い書籍は約57万冊と、他サイトと比較しても豊富な量となっています。

 

その中でメリットはコミック、ライトノベルの取り扱いの多さ。

 

BOOK WALKER(ブックウォーカー)の売上も、コミックが56%・ラノベが35%と全体の9割がこの2つのジャンルとなっておりますね。

 

またKADOKAWAグループが保有するレーベルが複数あるのも取り扱いが豊富な理由のひとつ。(角川書店、アスキーメディアワークス、エンターブレイン、メディアファクトリーなど)

 

KADOKAWAグループのレーベルから発売される作品が、BOOK WALKER(ブックウォーカー)で他サイトより早く販売されていることも多くあり、メリットでもあります。

 

ブックウォーカーでしか取り扱いのないラノベもたくさんあるから登録した人も少なくないでしょう。

 

ほかにも無料漫画が毎日更新されており、約15000冊以上が対象となります。

 

BookLive、auブックパスで購入した書籍を、BOOK WALKER(ブックウォーカー)のアプリ「BNリーダー」へ一緒に保管できるメリットもあります。

 

アプリにダウンロードしておけば、オフラインでいつでもみることができますよ。

 

アプリ内にはカレンダーがあり、いつ何をどれくらい読み、読んだ時間・冊数なども記載されます。

sponsored link

BOOK WALKER(ブックウォーカー)の料金体系は?

1冊買うと、100円につき1ポイント(=1円)がもらえます。会員ランクによって還元率がアップしていくのも特徴的ですよ。

※新着作品は、NEWというマークがある作品。クーポンで購入した場合、新着作品購入額には含まれず、前月購入金額にのみ反映されます。

 

また、書籍購入や通販商品購入の際に100円につき1コイン付与されます。

 

通常コインと期間限定コインがあり、有効期限や付与率が違います。1コイン=1円として次回の決済時に使うことができますよ。

BOOK WALKER(ブックウォーカー)の決済方法

・クレジットカード

・キャリア決済(ソフトバンクは不可)

・webmoney

・楽天Pay

・楽天edy(PC,android端末のみ)

・Bitcash(PC,android端末のみ)

・ニコニコポイント

・Paypal

・iD

・モバイルSuica(PC,android端末のみ)

 

などが使えます。

BOOK WALKER(ブックウォーカー)の特典について

・初回購入の合計金額の半額還元(上限なし)

・ニコニコカドカワ祭り(最大80%割引有)

・購入時、オリジナル書き下ろしのイラストや、ショートストーリー小冊子、ドラマCDなどがもらえる特典もあり。

・新刊予約でコインが通常の5倍もらえる

・会員ランクで特典が変わる「ブックウォーカークラブ」

 

毎月様々なキャンペーンを行っていますので、定期的にチェックすると良いでしょう。

BOOK WALKER(ブックウォーカー)の画質はいい?

他サイトと比較しても、画質は良いと評判です。

 

「めがイラスト」というコミックは、口絵・挿絵を拡大してみることができます。

 

拡大してもモザイクのように絵が荒くなることもなく、なめらかに見ることができますよ。

sponsored link
おすすめの記事