sponsored link

はいさい!ミショーです。

 

今回の映画レビューは「ウインドリバー」です。

 

監督はテイラー・シェリダン(「ボーダーライン」「最後の追跡」の脚本を担当)、出演はジェレミー・レナー(ミッション・インポシブル・シリーズ)、エリザベス・オルセン(アベンジャーズ)。

 

2017年の第70回カンヌ映画祭の「ある視点」部門で監督賞を受賞した映画です。

sponsored link

ウインドリバーのあらすじと内容ネタバレ

舞台は米国西部のロッキー山脈のあるワイオミング州のインディアン居留地ウインド・リバー。冬はマイナス30度以下まで気温が下がる人口密度がとても低い土地です。

 

あ狼などの害獣駆除をしているハンターのランバート(ジェレミー・レナー)は、雪の中で倒れている少女の遺体を見つけます。

 

地域の部族警察に知らせますが、全員でも6人くらいしかいないので、FBIにも応援を依頼。しかしながら来たのは若い女性捜査官のジェーン一人でした。

 

少女の直接の死因はマイナス30度の中で走った事での肺の壊死ですが、暴行の痕跡もあったので殺人事件として捜査を始めます。

 

しかしながら地元の先住民たちは中々何も話そうとせず、捜査は進展しません。

 

ランバートも自身の娘を無くして以来、家族と疎遠になっていて、遺体で発見された少女の父親とも知りあいでした。そして被害者が資源開発をしている企業の従業員と交際していた事を知りますが、その人物も殺害されて森の中に埋められていました。

 

被害者の弟も麻薬中毒で、聞き込みに警戒して発砲して来たりと、殺伐としています。

 

そして資源開発の企業に聞き込みに行きますが、そこの警備員達は刺々しく警戒しているうえに、拳銃と散弾銃で武装しています。

 

従業員宿舎のトレーラーハウスへ行く途中で警察側が「囲む位置に陣取って撃つ気だろう」と構えますが、ジェーンが何とかなだめます。

 

そして宿舎のドアをノックすると、ドア越しに銃撃されます。

 

従業員と警備員対警察での銃撃戦が始まり、警察はほとんど撃ち倒され、ジェーンもとどめを刺されそうになりますが、森の中を捜索していたランバートが、いつの間にか近くまで来ていて、狩猟用の強力なライフルで銃撃して、警備員や従業員を倒していきます。

 

犯人は従業員たちで、仲間でそれを隠していたのでした。

 

そしてランバートは一人生き残った従業員を山の上にスノーモービルで連れて行きます。

 

そして被害者の少女と同じチャンスをやろうと言って、走って逃げられたら逃がしてやる、と言って放しますが、少し走った所で気温の低さで肺が壊死して倒れて死亡します。

 

その地域は先住民居留地の為、犯罪被害者の統計すら作られていないほど、州や連邦から差別されているとのことでした。

sponsored link

ウインドリバーを配信している動画サイトは?

U-NEXT、dTV、ビデオマーケット、ビデオパスなど、多くの動画配信サービスで配信されていますね!

 

オススメは月額料金が安いdTV、作品数が豊富なユーネクストです^^

sponsored link
おすすめの記事