sponsored link

2019年2月25日発売のKiss 4月号に連載中の『モトカレマニア』第21話!

 

難波ユリカ・27歳。彼女の心を占めているのはただ一人…22歳の時に別れた元カレのマコチこと斉藤真!

 

元カレを神のように崇拝するユリカは不動産店の営業として働くこととなったが、なんと、そのマコチと同僚として再会して…!? 元カレ×お仕事!? 切れ味バツグンのノンストップ・ラブコメディです。

 

単行本も大人気で、現在2巻まで発売されていますよ。

 

今回は第21話の『モトカレマニア』のネタバレ、感想をまとめました。

 

>モトカレマニアの最新話のネタバレはこちら

sponsored link

モトカレマニア【第21話】の内容をネタバレ

元カレの存在を引きずり、元カレマニアと化していたユリカ。

 

5年ぶりに再会したマコチに心揺さぶられるユリカは、マコチを吹っ切るため、脱MKM(モトカレマニア)作戦を決行したもののうまくいかなかった。

 

仕事に邁進するユリカだったが、マコチの優しい素振りについ「マコチが好き」と告白してしまった。一方、マコチの同居人・丸の内サクラがユリカの前に現れて・・・!?

 

「だからねぇ、ほんとすごい戦いだったの!

緊張、戦闘、そして弛緩からのまた緊張!」

 

さくらとの食事の様子を興奮しながら親友のひろ美に話すユリカ。

 

「でもさくら氏は恋も結婚も求めてないんでしょ?そんなんほぼ『霊』じゃん」

「・・・は!たしかに!そう考えると怖くないかも!」

 

ひろ美の冷静な考えに流され、楽観的に考えるユリカ。

 

「なーんだ、いないものと思って引き続き押していけばいーのか!」

「てか今は押してるの?」

「・・・う。」

 

ひろ美の的確な突っ込みに言葉がでないユリカであった。

 

大画面テレビで映画を観ながら部屋でくつろぐマコチ。横にさくらが座る。

 

「最近の俺、仕事以外ずっとこうしてて身体に悪いっすねー」

「運動すれば?隣のホームジム使っても別にいーよ」

ツンデレに話すさくらにキラキラした笑顔を向けるマコチ。

「さくらさん、俺今すぐ、やりたい・・・!」

「お好きにどーぞ」

 

ツンデレキャラを演じつつ、マコチとのやり取りに一人で悶絶するさくらであった。

 

ひろ美の強引なやり方で、マコチと飲みに行くことになったユリカ。普通のやり取りをしながら二人で過ごす時間に、もうこのままでいいかな、とも思い始める。

 

「そういえば、好きだったDVDがどっか行っちゃったんだよねー」

「え、マコチ、たぶん、それ家にある!」

 

ユリカの頭の中で様々な脳内ユリカが登場し、諭してくる。

 

「家に誘いなさい。」

「この流れなら言えるでしょ」

「さくらは『一緒に住むなら部屋買います』って言ったんだよ。こんなことで尻込みしてたら、勝ち目ないわ」

「い、い、い、行こう!今から、私のうち!」

 

マコチが自分の部屋にいる夢みたいな状況に浮かれるユリカ。

 

「ありえないって思ってたのに、またマコチが来てくれた。夢みたい」

 

目的のDVDを探そうと棚に向かう。

すると、予想以上に早く見つかってしまうDVD。

 

「どどど、どーしよー。今後の作戦何も考えてない・・・」

「わー!ほんとにあったぁ・・・」

 

嬉しそうな声を上げて近寄るマコチ。

 

ユリカを後ろから抱きしめるようにDVDに手を伸ばす。

 

声を聞き振り返るユリカ。

思っていたよりも近くにあるマコチの顔。

お互いに照れ臭くなり、赤くなる顔。

そして、引き寄せられるように———。

sponsored link

モトカレマニア【第21話】を読んでみての感想

以上、第21話のネタバレでした!いかがでしたでしょうか?

 

ユリカの妄想やぶっ飛んだ考え方が面白いマンガですよね。ピュアな心を持っていて、なかなか思い切った行動を取れないところも魅力です。

 

部屋にマコチを誘ったユリカ。二人の距離がとても近くなったところで、今回のお話は終わります。

 

続きがとっても気になる終わり方ですよね。一体どんな展開が待っているのでしょう?

 

次回最新話が掲載されるKiss5月号は2019年3月25日発売予定です。お楽しみに!

 

>モトカレマニアの最新話のネタバレはこちら

sponsored link
おすすめの記事