sponsored link

はいさい!ミショーです。

 

今回の映画レビューは「マイ・インターン」

 

アンハサウェイが出演している映画が好きなのですが、今回はいつものようなラブストーリーではないような気がしてなかなか見る機会が遠のいていました。

 

U-NEXTで配信されているのを知り初めて見て見ましたが、想像以上の面白さで感動しました。

sponsored link

マイ・インターンのあらすじと見た感想

アンハサウェイも今回はいつもとは違う雰囲気の役を演じていて表紙にも載っているあのおじいさんが特に私は好きになりました。

 

見る前は、もしかしてこの2人のラブストーリーなのか、とも思っていましたが実際に見ていると2人の人間関係、友情が深まっていくようなストーリーで心が温まる映画だなと思いました。

 

私の中では久しぶりに最初から最後まで真剣に見た映画と言っても過言ではないほどの素晴らしい作品。

 

毎日忙しそうな仕事現場が舞台となっていますが、その中にシニア採用として登場してきたおじいさん、ベンの活躍によって忙しそうな仕事現場がどんどん変わっていき穏やかになっていくところもとても良かったです。

 

特に好きなシーンは、アンハサウェイがシニア採用で入ったベンのことを偏見の目で見ていて全く仕事を与えていない状態で、その状態の中自ら行動をしていって人のためにバリバリ動いていくベンのシーンが感動しました。

 

自分から動くことで信頼感や人間関係を築いていって結果的にはアンハサウェイとの信頼関係もとても深いものとなっていき、プライベートのことまで解決をしていました。

 

そうやって、人のために親身になって動いているベンのシーンを見て自分と照らし合わせて見ることが出来ました。

 

これは私だけではなく、多分他の方が見たとしてもどこか考えさせられるような良いシーンになっているので是非見る方には注目して見ていただきたいです。

 

マイインターンを観て感じたこと、考えたことは、寝る暇を惜しむ程仕事をバリバリとしていたらもちろん仕事現場では大事な存在になりますが家庭には支障をきたしてしまってどちらかが厳かになってしまうということを改めて感じました。

 

だから、仕事現場でも家庭内でもバランスをよくというよりかはちゃんと時間を作ってコミュニケーションをとったりもっと周りを頼ったりすることも大事だなと思いました。

 

ただ、バリバリと仕事をこなすアンハサウェイの姿はとてもカッコよかったですけどね。

 

この映画は、家庭を持っていて自分も働いている方あとはもう既に定年退職をされた方、仕事が好きな方、これからの生き方や働き方について悩んでいる方におすすめな映画だと私は思いました。

sponsored link
おすすめの記事