sponsored link

2019年3月1日発売のBE LOVE 4月号に連載中の『ブレードガール―片脚のランナー―』第10話!

 

骨肉腫で片足を失った女子高生、鈴。 生きる希望を失った彼女だが、義足技術者・風見と、競技用義足・ブレードとの出会いによって人生が大きく変わりはじめ…。

 

義足とともに駆ける、青春パラスポーツ漫画です。

 

単行本も大人気で、現在1巻が発売されています。

 

今回は第10話の『ブレードガール―片脚のランナー―』のネタバレ、感想をまとめました。

 

ブレードガール最新話のネタバレはこちら

sponsored link

ブレードガール【第10話】の内容をネタバレ

部内対抗リレーで、ケイとの友情を深めた鈴。二人で出かけ、初めてのスポーツショップに行くことに。

 

初めてのショッピング、初めての友達。そんな鈴に・・・?

 

「あ、スパイク!かっこいいなぁ。そうだ!おそろいにしようよ!」

「来年は大会に出るんだし?それで、何色にするの?」

 

鈴の誘いをさらっとかわすケイ。

 

「う~ん・・・スカイブルー。夏の青空の色だね」

 

2人で仲良く買い物を楽しんでいた時に鈴の携帯が鳴る。

 

「え・・・風見さんが!?」

 

練習場に駆けつける鈴。

 

「・・か、風見さん!」

「ただいま」

 

久しぶりに見るふわっとした優しいほほ笑みに思わず涙が出る鈴。

 

「早速お披露目したらどうだ?新作ブレード」

「新作ができたんですか!?」

 

——風見さん、がんばったんだ・・・どんな想いで・・・。

 

「これが新作モデルだ」

 

風見が取り出したそれは、従来のものよりも曲がっており、華奢に見えた。

 

「でも、考えがあって“この形”なんですよね?風見さん」

「試してみるか?」

 

風見が作った新作ブレードをつけ、走り出す鈴。

 

シュッ———カッカッカッカッカッ・・・

 

きれいなフォームで風を切って走る鈴。その姿を見た風見は驚いた。

 

「あいつ・・・」

「驚いたか?頑張ってたのはお前だけじゃないってことさ」

———すごい!走ったら思ってたより軽く感じる!ブレードに走らされてるみたい!

足が楽に振れる!これならもっとピッチを上げられる!

 

グンッ!

 

鈴の走り方はまたギアが変わり、さらに速さを増した。

 

「新型のブレードは軽くて振りやすく、踏み込みが強いブレード。それが新型だ!」

「これ、あたしのブレードだ!」

 

自分に合ったブレードを身に着けた鈴は喜びでいっぱいだった。

 

「それが世界と戦える国産ブレードか・・・」

 

現れたのは、風見がブレードの研究をしているIZUMOの開発部長であった。

 

部長の判断でこのブレードが制作できるかどうかがかかっている。緊張した空気が漂う。

 

「正直驚いたよ。・・・が、IZUMOには夢物語に出す時間も金も人員もない」

「そんな・・・!!」

 

風見に冷たい目線を送る部長。部長に食い下がる鈴を横目に、風見が頭を下げる。

 

「はっきり言ってもらってありがとうございました。おかげで目が覚めました。

俺、IZUMOを辞めます。

俺にはあきらめるという選択肢はない」

 

吹っ切れた表情で言う風見に面食らう部長。

 

「風見さんのブレード、とっても走りごごちいいんです・・・」

 

沈黙を破ったのは、鈴であった。

 

「義足がなければ立てないあたしが、走れて楽しくて・・・

風見さんの情熱が背中を押してくれるんです。もっと挑戦できるんだって」

——風見さんの想いに全力で応えたい・・・!

 

IZUMOという大きなスポンサーを失った風見。

 

「大丈夫、IZUMOの代わりのスポンサーを見つければいいんですよ!

新生ガレージチーム結成ですね!」

 

明るく前向きな鈴に心動かされる風見。

 

———おまえの情熱が、おれに新しい景色を見せたんだ———

sponsored link

ブレードガール【第10話】を読んだ感想

以上、第10話のネタバレでした!いかがでしたでしょうか?

 

風見が作った新型ブレードで気持ちよく走ることができた鈴。

 

IZUMOという大きな後ろ盾を失って、このブレードの製品化は実現できるのか?風見と鈴の情熱が届くのか?展開が楽しみですね!

 

次回最新話が掲載されるBE LOVE5月号は2019年4月1日発売予定です。お楽しみに!

 

ブレードガール最新話のネタバレはこちら

sponsored link
おすすめの記事