sponsored link

2019年5月1日発売のBE LOVE 6月号に連載中の『私の正しいお兄ちゃん』第6話!

 

大学生の理世はアルバイト先のスーパーで働く海利と出会う。眠れない海利に肩を貸すうち、幼いころ別れた兄の思い出を重ね好意を抱くように。

 

しかし、海利のアパートで彼が人を殺したという日記を見てしまい衝撃を受ける。好きになった人の正体は一体?

 

次々と明らかになる真実と海利への愛が理世を追いつめる! モリエサトシが贈るジェットコースター・クライムサスペンス&ラブ!!

 

単行本も大人気で、現在1巻まで発売されていますよ。

 

今回は最新第6話の『私の正しいお兄ちゃん』のネタバレ、感想をまとめました。

sponsored link

私の正しいお兄ちゃん【第6話】のネタバレ

大学生の理世はアルバイト先のスーパーで働く海利と出会い、好意を抱くようになる。しかし彼が殺人者と知り衝撃を受ける。秘密の共有で二人の距離は縮まるが、海利が殺したのは最愛の兄・正己だとわかり、理世は海利を警察へ突き出そうとするが・・・!?

 

――もっと海利さんを憎まなきゃ。10年以上も心の中で大切に思っていたお兄ちゃんと、親しくなって数ヶ月程度一緒にいただけの海利さん。比べようもない。私にとってそんな程度の存在だったの、お兄ちゃんは。それじゃお兄ちゃんがあまりに可哀想――

 

――死んでいた。お兄ちゃんは。殺したのは海利さんで。もう思い描いていた幸せな未来は来なくって。私は一人で。なんで、なんで。大事なものなんて少ししか無い。なのになんでそれが奪われていくの・・・。

 

でも、目的なら今はある。証拠を確保して、どうしてお兄ちゃんを殺したのか、海利さんを問い詰める。やっぱりまだ警察には行けない・・・。

 

「こんにちは」

「立花さん!いらっしゃいませ。お買い物ですか?」

「こっち方面に用があったから。ついでに飯を買おうと思って」

 

知り合いの警察官の立花が理世の働くスーパーを訪れ、二人は楽しそうに会話をする。それをこっそりと見ていた海利は、苦虫を潰したような顔をしていた。

 

その夜、仕事を終え、スーパーの入り口に立っていた理世の元に、海利が来る。

 

「どういうつもりなの、あいつ…警察と仲良くして。一緒にいられなくなったら、どうするの…」

 

立花がこちらにやってきて、不穏な空気感を感じ取る。

 

「お前は何を否定したいんだ?話してみろよ。そしたらお前を理解できるかもしれない…」

 

立花の言葉に、ゆっくりと過去の出来事を話し出す海利。

 

正しさは単純で、僕はそれを素直に行使できて、周りの皆もその正しさを支持してくれました。『でもあるとき、わからなくなった』その先生は頼りなくはあったけど、一生懸命さに好感をもっていた。先生から指名されて手伝うことも多かった。なのに、性的暴行で彼女が父を訴えたんです。

 

父に詰め寄るも『私を信じろ』としか言われない。先生に聞くと『嘘はついていない!動画を撮られて脅されている』という。データがあるなら、それで判断できる。

 

父のPCを盗み見るも、その現場を父に見つかってしまう。『彼女は自分の正しさを証明できない。なかったことにするほうが、彼女の傷は浅くて済む』…僕はそうかもしれないと思って、データを奪うのをあきらめた。彼女は被害届を取り下げ、教師も辞めました。

 

「正しいのはどちらか分かっていたのに、どうして自分を曲げてしまったんだろう。僕は父とは違うと示さなければ、父と同じ人間側になってしまうんです…!」

 

今にも泣きそうな海利は鬼気迫る顔で立花に話す。

 

「…もうそんなことしなくていいんだよ。お前、親父とは違うよ。お前、頑張ったよ」

「…あのとき、そう言ってくれる人がいたら、今とはなにか変わっていたのかな…」

 

海利と一緒に家へと帰宅した理世。

 

カバンの中にイヤホンが無いと捜し出す。すると、海利がさっきの交差点まで見てくるよと行って、家を出ていった。

 

「海利さんならそう言ってくれると思った」

 

今がチャンスとばかりに、押し入れの中から証拠を探し出そうとする理世。いくつかあるダンボールの中から、兄との思い出である恐竜の人形“がお~”を見つける。

 

――あとは、日記を見つけるだけ…!

 

「理世ちゃん、なにしてるの・・・?」

 

――ドクン!!

 

振り返ると、そこには立ち尽くしてこっちを見る海利の姿が。

 

――ドクン、ドクン、ドクン・・・

 

「…海利さん、聞きたいことがあるんです。
海利さんはどうして、その人を殺したんですか…?」

sponsored link

私の正しいお兄ちゃん【第6話】を読んだ感想

以上、最新話第6話のネタバレでした!

 

知り合いの警察官である立花の登場によって、海利の過去を知ることができた理世。

 

海利の過去を知って、立花が同情してしまわないうちに、何とか自分で証拠をつかもうと動き出します。

 

海利の部屋で日記を探していると、その姿を海利に見つかってしまいます。理世の思い切った質問に、海利はどう答えるのか…?続きが気になりますね。

 

次回最新話が掲載されるBE LOVE7月号は2019年6月1日発売予定です。お楽しみに!

sponsored link
おすすめの記事