sponsored link

2019年3月8日発売のプチコミック 4月号に連載中の『深夜のダメ恋図鑑』第46話!

 

「浮気なんて男の本能みたいなもんだろ」「ウチの母親に料理教えてもらえよ」「キミの中にかけ込み乗車だ☆」

 

…深夜、3人の乙女たちにより繰り広げられるダメンズ談義。「こんな男いるいる」と思わずにはいられないダメンズ話を持ちより、痛快なまでにブッタ切る!!

 

爆笑必至、リアルな恋愛ネタ満載のエッセイです!

 

単行本も大人気で、現在5巻まで発売されていますよ。

 

今回は第46話の『深夜のダメ恋図鑑』のネタバレ、感想をまとめました。

 

→深夜のダメ恋図鑑 最新話のネタバレはこちら!

sponsored link

深夜のダメ恋図鑑【第46話】の内容をネタバレ

いつか王子様が現れる。そう信じる乙女たちの恋愛図鑑。春がきて恋に盛り上がってきた3人。次こそ“ダメじゃない”恋がしたいんだけど・・・!?

 

市来信博さんの場合———。

 

「世の中は理不尽と、理不尽と、理不尽と、理不尽でできている!」

 

満員電車で身動きが取れない状況の中、某エステCMのように両腕を上にあげ万歳の姿勢を取りながら、市来は考えていた。

 

「こんな満員電車の中、下した手が女性に触れてみろ。男は一気に痴漢扱いだ!これは防衛手段なのだ・・・!」

 

「・・・ちょっとっキモイんですけど!ワキ全開にしておしつけてくんなよっ」

 

市来の隣で押しつぶされそうになっている女性が市来から顔を背けながら、つぶやく。

 

「デリカシーない!手下ろせよっワキ見せんなよっ!」

——手を下ろしたら痴漢扱い、手を上げたらワキ全開キモ男。

 

「・・・理不尽だ」

 

気を取り直して大好きなアニメ映画を見に来た市来。子ども向け映画を観るため、マスクと眼鏡をして少しでも顔を隠していた。

 

チケット券売機に行くと、隣で母を探して泣いている女の子がいた。迷った市来は話しかける。

 

「迷子・・・?ママはどこかな?」

「う、う、うわーん!こわいよー!」

 

市来の不審な姿を見た女の子は泣き叫ぶ。慌てた市来は女の子が持っていたバックの絵柄が好きなアニメキャラクターであることに気が付き、話題を振る。

 

「その映画見に来たの?おにーさんもこれ知ってるよ。超しってるよ。」

「ひっく・・・ほんと?みゆちゃんね、このこがいちばんすきなの」

 

話ができる相手と分かり、泣き止んで笑顔を見せる女の子。

 

共通のアニメの話題で盛り上がってきた市来は周囲を気にせず、女の子と二人で楽しく話をしていた。すると、

 

「ちょっと!うちの子になにしてるのよっ!」

「ママ?」

 

近づいてきた母親らしき女性が市来をにらみ、女の子を抱き寄せる。

 

「やだ何?みゆに何してたのよ!?」

 

声を荒げながら市来から女の子を遠ざける母親。

 

「え、いや一人で泣いていたから、どうしようかと思って・・・」

 

周囲にいた騒ぎに気付いた人たちがざわざわとし始める。

———え、なにこれ。俺、不審者・・・?

 

「あのー? うちの連れがなにか?」

 

困っていた市来の横に現れたのは、円であった。

 

「その人、あなたの連れ?・・・そう、なんでもありません。失礼しますっ」

 

円の姿を見た母は自分の勘違いに気が付いたのか、女の子を連れ去っていった。

 

「・・・な、なんだいまの。なんでこんな扱いをされなけらばならない!

あんたは無条件で信用されたのに・・・!」

「そりゃこのご時世、マスク男が幼女に話しかけてたら親御さんびっくりするって」

「いやこれはっ!・・・はぁ。とにかく助かったよ、ありがとう」

 

そう言って立ち去ろうとする市来。すると、

 

「あのさぁ、私も一緒にこの映画見るよ。」

「え・・・」

「あの親子いるかもだし。私は無条件で信用されるんでしょ?」

「いやその、いいけど・・・」

——一体、何の魂胆が!?

 

数々の理不尽を味わってきた市来。彼の警戒心はもはや野生動物並みであった。

sponsored link

深夜のダメ恋図鑑【第46話】を読んだ感想

以上、第46話のネタバレでした!いかがでしたでしょうか?

 

今回のダメンズの話も「あるある」と感じる内容でしたね。

 

市来が理不尽だと感じたシチュエーションは日常でよくあることですし、女性からすると、ちょっと考えてしまう内容かもしれません。

 

市来と一緒に映画を観ると言い出した円。次回以降の話の展開が気になりますね。

 

次回最新話が掲載されるプチコミック5月号は2019年4月8日発売予定です。お楽しみに!

 

→深夜のダメ恋図鑑 最新話のネタバレはこちら!

sponsored link
おすすめの記事