sponsored link

2019年3月8日発売のプチコミック4月号に連載中の『痴情の接吻』第4話!

 

図書館で司書として働く 柏木和華。大好きな本に囲まれ 充実した毎日を過ごしています。半年ほど 彼氏はいないけれど、恋愛したいとも思っていません。

 

そんなある日、高校の同級生上条忍が、和華が勤める市立図書館に訪れました。

 

強引に、仕事終わりの和華に不動産屋への案内を頼む忍。高校の頃 突然キスをされて、しかも その直後“しまった”という顔をした忍と、これ以上は 関わりたくない和華でしたが…。

 

単行本化が楽しみな大人気作品です。

 

今回は第4話の『痴情の接吻』のネタバレ、感想をまとめました。

 

→痴情の接吻 最新話のネタバレはこちら

sponsored link

痴情の接吻【第4話】の内容をネタバレ

大切な本の所蔵スペースを確保するため、高校時代の同級生・上条忍と同居生活を始めた柏木和華。しかし上条は、和華のことが好きだと告白してくる。

断ってもひるまず迫ってくる上条だけど・・・?

 

「上条!飲み会の相談なんだけどさ…」

「悪いけどやめておくよ。付き合ってないけど好きな人はいるから」

 

同僚からの飲み会を断る上条の表情は柔らかかった。

 

もうすぐバレンタイン。職場の同僚と和華はその話題について話していた。

 

「柏木さんはチョコあげないの?」

「チョコ?あげるって誰に?」

「例のメガネのイケメンに決まってるじゃない」

「彼氏でもなんでもない同居人ですよ・・・」

――上条に諦めさせるつもりだった。でも、計画は失敗に終わり、現在は…

上条の作った美味しい料理をいただく毎日。

「絶対下心があると思うんだけど・・・快適に暮らせてるからこのままでもいいのかな」

「柏木さえ良ければリビングにソファを置きたいんだけど」

 

洗い物をしている和華に提案する上条。

「ソファがあれば柏木にとっても読書に便利じゃない?」

「いいわね、ソファ…!一緒に見に行こうか」

「休みは柏木に合わせるから。一緒に暮らしてるんだから、もっと僕を頼って」

――上条と一緒に暮らしながら、作っていく生活――

 

14日。休みを合わせて二人でインテリアショップに足を運んだ二人。

 

「このソファ素敵!でも予算的に無理か…」

「じゃあ買う?僕が出すからさ」

「付き合っているわけじゃないし、共有のものは私も出すわ」

「じゃあ付き合っちゃえば?お得だよ」

 

ニヤリとした笑顔を見せながら、さり気なくアピールする上条。

 

「正攻法でダメなら、僕の使えるものは全部使わないと。

いい人でいるだけじゃだめだ、って思うぐらい、自分でもどうしようもなく柏木が好きだから」

 

急な告白に慌てる和華。

 

「何言ってんのよ、上条ってば!」

――おかしいな、困るというより恥ずかしい気持ちの方が強いかも

 

二人で気に入ったソファを見つけ、お互いに買おうと考えていた棚とラグも購入し、帰宅した和華と上条。

棚の組立作業は二人で協力して行うことに。

 

「なんか…いいね、こういうの。」

「俺も、柏木といろんなことができて楽しいよ」

 

どんどんと自分のパーソナルスペースに入ってくる上条に戸惑う和華。

するとインターホンが鳴った。宅配便が届いたようであった。

 

「柏木、これ。今日はバレンタイデーだから、俺から柏木へ」

 

目の前に広がるバラの花束に呆然と立ち尽くす和華。

 

「告白っていうより、パートナーへの日頃の感謝って感じで」

「…ここは日本だよ」

 

恥ずかしくなり、バラに顔をうずめる和華。

 

「そうだけど、どうしても柏木にあげたくなったんだ」

――パーソナルスペースだけじゃない。上条はどんどんと私の中に踏み込んでくる。

「柏木が自分の時間を大切にしてるのわかってる。でも付き合えばもっと楽しくなるよ」

 

だんだんと近づいてくる上条の真剣な瞳と唇。

――今なら抵抗できるはずなのに――

sponsored link

痴情の接吻【第4話】を読んだ感想

以上、第4話のネタバレでした!いかがでしたでしょうか?

 

押して押して押してくる上条くんは策士ですね。これで落ちない女性なんているのでしょうか。和華もそんな上条くんにドキドキし、最後のシーンではとうとう…!

 

次回以降の展開がとっても気になりますね。

 

次回最新話が掲載されるプチコミック5月号は2019年4月8日発売予定です。お楽しみに!

 

→痴情の接吻 最新話のネタバレはこちら

sponsored link
おすすめの記事