sponsored link

2019年7月8日発売のプチコミック8月号に連載中の『どうしようもない僕とキスしよう』第2話!

 

爆発的人気!恋愛漫画の巨匠、北川みゆき先生が贈る珠玉シリーズの最新作です。

 

セフレ、親友、ケンカ友達、そして・・・弟。彼らが語る“彼女”は、一体何者なのか?満を持して、最後の男が語り始める・・・。

 

今回のシリーズは“弟”目線でのシリーズとなります。

 

彼女は一体何者なのか、ずっと答えを探している。でも本当は知っている。その答えはひとつしかない。だから、もがき続けている。違う答えに辿り着きたくて――

 

ついにあの男が語る、心の奥にずっと潜む、その心。気持ち。そして……恋。

 

今回は最新第2話の『どうしようもない僕とキスしよう』のネタバレ、感想をまとめました。

 

前話(第1話)の内容を振り返りたい方はこちら

sponsored link

どうしようもない僕とキスしよう【第2話】のネタバレ

「台風の夜は、父さんや母さんを亡くした事故を思い出すから、怖いんだろ?」

「放しなさい翠斗!放し…ッ」

 

翠斗の背中を叩きながら、腕の中で暴れる藍。

 

「大丈夫だから、オレがいるから、もうひとりで怖がるなよ。姉さ――」

 

――ガリッ!

 

翠斗の指に噛み付いた藍。拍子に2人には距離が生まれた。翠斗をじっとにらみつける藍。

 

「…オレを…オレを拒むときだけ、オレを見てくれるんだね…」

「宮野帰るの?たまには泊まらねー?」

「蘇芳くん。帰るよ。…あたし、誰とも付き合う気はないから」

 

――オレはこの女にハマっている。同期の宮野藍。彼女をよく知るプライベートの人間たちも知ったけど、わからないことだらけの女だ。時々寝るような関係になっても、キスはしない。

 

翌日、職場で仕事をしていた蘇芳のもとに、1本の電話がかかってきた。

 

「え、…マーケルズホテルの宮野さんが?…わかりました、お通ししてください」

 

蘇芳が受付に行くと、プレゼンを行った営業先のマーケルズホテルから、翠斗がやってきていた。

 

「突然お伺いして申し訳ありません。どうしても直接お話したかったもので――」

 

――宮野翠斗。宮野藍の弟。彼女が時々する遠い目が見ていたのは、弟だった。…わからない女、わからない姉弟。まさか本当に衣通姫のように、実のきょうだいを――

 

「…ですから、蘇芳さん。上司に相談したところ、ぜひヒカリビールさんと契約をとの話になりました」

「…え、あ、ありがとうございます!!」

 

当然断りの訪問だと思っていた蘇芳は、まさかの展開に驚くばかりであった。

 

「これからよろしくお願いします!」

 

その契約の様子を見守っていた同僚達の強い希望もあり、就業後、蘇芳・翠斗を含め、複数人でお祝いの飲み会が開かれることとなった。

 

「タカオさん、こんばんは」

 

お祝いにと訪れた店は、蘇芳が行きつけのタカオのお店であった。そこには偶然飲みに来ていた朱鷺島もおり、席を一緒にすることに。

 

「急に大勢ですみません、うまい酒が飲めるお店がほかに浮かばなくて…」

「…藍が…姉弟で来るなんて、初めてだね…」

 

朱鷺島が驚いた顔でそう告げると、藍の代わりに同僚が答えた。

 

「無理やり連れてきたから、宮野さんずっとだんまりなんですよー。それにしても、蘇芳くん、すごいね。断られてもまたプレゼンするなんて!」

「だってオレ、仕事も恋愛も諦めるって選択肢ないから」

 

すると、蘇芳の携帯が鳴り、一旦蘇芳は電話のために店を出ていった。

 

「え、会社に戻る!?」

「忘れ物思い出して…宮野さん、途中で失礼してすみません。またご連絡させていただきます。渉さん、タカオさん、また…」

 

そう言うと急ぎ足で蘇芳はその場をあとにした。

 

店を出た蘇芳は捕まえたタクシーに乗り込み、行き先を告げようとする、その時

 

「神田のヒカリビールまでお願いします」

 

その声と共に隣にすっと乗り込んできたのは、藍であった。

 

「…みや…?なんで…?」

「マルケーズホテルとの契約は蘇芳くんが一番力を入れている案件でしょ。飲み会で相手を置いて帰るなんてらしくないじゃない。だから…本当はトラブルとかじゃないの?」

 

会社に戻った2人は、急いで仕事をすすめ、なんとか納期までに終えることができた。

 

「あああああ…マジで助かった…宮野様…来週提出だと思ってた神田リカーの見積書が、まさかの明日期限だったとか…言い訳できねえや、かっこわりい…」

「…『ミスした時は助けてってすぐに言えよ。ミスなんて誰だってするんだからさ』…前にミスしたあたしを助けてくれた人が言ってくれたの」

 

落ち込む蘇芳に藍がかけた言葉は、かつて藍に対して蘇芳がかけた言葉であった。蘇芳を優しく見つめる藍。

 

「…好きだ」

「…蘇芳く…」

「わかってる、誰とも付き合う付き合う気はないって、やんわり断られたよな。でも、オレが大事にしたいって思ってることだけは、わかってほしい。宮野も…ふたりの関係も、身体だけじゃなくて、ちゃんと――」

「――ちゃんとなんですか?」

 

藍を後ろから抱きしめるようにして現れたのは、翠斗であった。

 

――ドクン、ドクン、ドクン…

 

――姉を心配して追ってきたのか…?

 

「断られたのなら、きっぱり諦めたらどうですか?それがちゃんとするってことでしょう」

 

蘇芳くんをまっすぐに見つめる翠斗。

 

――心配?…違う。まるで、これは…殺意―――

 

「――放しなさい、翠斗…」

 

翠斗の手からすっと抜け出した藍。

 

「あたしは、蘇芳くんと、付き合う」

 

翠斗から抜け出した藍は、蘇芳の元へと歩みだした――。

sponsored link

どうしようもない僕とキスしよう【第2話】を読んだ感想

以上、最新話第2話のネタバレでした!

 

藍にだんだんと自分の思いを伝え始めた翠斗。時には強引な行動にも出ますが、藍は動じず、冷静に対応します。

 

藍を巡って翻弄される4人の男たち。翠斗、蘇芳、朱鷺島、タカオ…。

 

それぞれと藍の関係性はどうなっていくのか、展開がとても楽しみな作品ですね。

 

次回最新話の掲載は未定となっています。再開を楽しみに待ちましょう!

sponsored link
おすすめの記事