sponsored link

今年は10連休ということで、旅行や買物など、出費がかさむ人も多いですね。

 

GW期間中にお金が必要になったとき、GW期間中のATMが利用できるのか、手数料など気になるところです。

 

今回は、三井住友銀行のATM、手数料などを調べてみました。

sponsored link

三井住友銀行(SMBC)のGW営業日(銀行窓口)は?

三井住友銀行(SMBC)のGW営業は全て休業です。

 

4月26日(金)まで営業、営業再開は5月7日(火)となっております。

窓口の営業時間は9時~15時となっています。

 

銀行窓口での対応は4月26日までとなるので、4月22~26日は特に混みあうと予想されますので、窓口に行く場合には、早めに行くことをおすすめします。

 

窓口業務の休業は、他銀行も同様ですね。

 

GW直後の窓口も混雑すると思いますので、余裕を持って窓口に行きましょう。

sponsored link

三井住友銀行(SMBC)のGW期間中、ATMの稼動は?

三井住友銀行(SMBC)のATMは、24時間365日利用可能となっております。

 

なので、GW期間中も、いつでもATMを利用することができますよ。

 

いざとなったら、いつでもお金の引き出しができるとわかれば、安心しますね。

 

ただし、GW期間中は手数料がかかります。

sponsored link

三井住友銀行(SMBC)のGW期間中、ATMの手数料は?

三井住友銀行(SMBC) のGW期間中、ATMの手数料はいくらかかるのでしょうか。

 

引き出し、預け入れ、振込(キャッシュカードのみ)は終日108円の手数料がかかります。
(※通帳での預け入れは手数料無料)

 

三井住友銀行(SMBC)のATMでも手数料がかかってしまうので、ちょっと損な気分になります。

 

ちなみに三菱UFJ銀行の引き落としや振込などは、時間帯によって手数料がかからないなど、他銀行では手数料がかからない場合もありますよ。

三井住友銀行(SMBC)提携ATMの手数料は?

まず、提携ATMは

 

・イーネット銀行
・ゆうちょ銀行ATM
・ローソン銀行ATM
・セブン銀行ATM
・ビューアッテ

 

があります。

 

これらから三井住友銀行(SMBC)を利用した場合、終日216円の手数料がかかります。

 

24時間利用可能ですが、手数料がかかるので注意してくださいね。

 

休日の場合は、利用時間に関わらず216円がかかります。

三井住友銀行(SMBC)ATMから、他行口座に即時振り込みができる?

2018年10月9日から、24時間365日いつでも他行口座に即時振込みができる「モアタイムシステム」が誕生しました。

 

このシステムを導入している銀行同士であれば、いつでも即時振込ができます。

 

三井住友銀行(SMBC)を始め、多くの銀行やネットバンクなどがモアタイムシステムを使えるので、振込みの際には確認すると良いでしょう。

 

GW期間期間中でも、すぐに相手口座に着金したい場合には、便利な機能ですね。

 

ただし、このモアタイムシステムに対応していない銀行への振込は、5月7日に反映されます。

 

ちなみに、三井住友銀行(SMBC)は、祝日に現金での振り込みはできず、キャッシュカードでのみ振込手続きが可能となっておりますので、注意してくださいね。

コンビニATM利用での注意

2019年のGWは10連休と長い休みとなることから、ATMでの現金切れになる可能性があると言われています。

 

ATMは稼動しているけれど、現金切れになってしまうと入出金ができなくなってしまう可能性がありますので、余裕を持って手続きをするほうが良いでしょう。

 

以前は大型連休に、ATMが利用できず、不便な思いをした人も多くいるでしょう。今では24時間365日ATMが利用できるようになっています。

 

急な出費も多くあるGW。ぜひ参考にして銀行やATM利用時に役立てください。

sponsored link
おすすめの記事