sponsored link

はいさい!ミショーです。

 

今日の映画レビューは「新感染」。

韓国のゾンビ映画です。

 

主役のコン・ユですが、個人的にラブストーリーのイメージが強かったのですが、予告で雪崩のように襲ってくるゾンビの映像を見て、なんか凄そう...と思い、huluで配信されたと知りすぐに視聴しました。

sponsored link

新感染(韓国映画)のあらすじと見た感想

洋画や邦画のゾンビ映画をいくつも見てきましたが、やっぱり洋画と邦画では洋画の方がスケールも大きく、リアルな感じがするというか…。洋画の方が、よりドキドキするんですよね。

 

韓国のゾンビ映画は初めて見ましたが…かなりドキドキしました。

 

“ 新幹線のなか”という、密室で脱出できない。しかも実際にありそうなシチュエーションなのも
個人的は良かったです。

 

本当に最後までどうするの?どうなるの?大丈夫?というハラハラ感が良かったです。

 

洋画のように銃で次々にゾンビを倒していくような映像や、ゾンビが人間を食い散らかすような
グロテスクな映像はありませんが、ゾンビのスピードのおかげか退屈せず飽きずに最後まで鑑賞することができました。

 

昔の、足を引きずりながらのろのろ歩くゾンビを想像してたら…進化してました。笑

 

登場人物たちの人間性の変化もわかりやすくてよかったです。

 

娘の誕生日にすでに持っているゲーム機をプレゼントしてしまうような父親だった主人公が、ハプニングのなかでどんどん父親らしくなっていく姿もかっこよく、とても素敵でした。

 

でも、こういう映画って、必ず嫌なキャラクターいますよね…。

 

その嫌な奴が最低オブ最低でした。笑

 

しかもしぶとい。人間らしいといえば人間らしいですが。

 

この状況になったとき、こんな考え方はしたくないな。という気持ちにさせられます。

 

ゾンビと闘うなかでちゃんと人間ドラマもあり、ゾンビ映画では珍しく、泣けました。最後はしっかり感動しました。主人公の娘の健気さが染みました。

 

自分が大事だから感染者と闘ってきた者達を同じように感染したのではないかと疑う気持ちも
わかりますが、そんな人達と怒鳴り合う父親の背中を見て泣きじゃくる娘の姿にめちゃくちゃ心打たれます。

 

妊娠中の妻を守る夫役のマ・ドンソクがめちゃくちゃかっこいいです。男臭く、男らしく頼もしい。(生き残って欲しかった…。)

 

でも主人公たちとゾンビを倒していく姿は心から応援してました。

 

実際あったら本当に怖いけど本当にありえるんじゃないかとも思いながらハラハラドキドキしながら見れました。

 

1週間後にもう一度見ましたが、最後はやっぱり泣けました。笑

 

このゾンビ映画はオススメできます。

sponsored link

新感染(韓国映画)を配信している動画サイトは?

Hulu、ビデオマーケット、dTV、アマゾンプライムビデオなどで配信されています。

 

他作品のラインナップや電子書籍の有無、月額料金、初月無料サービスなど比較して、あなたに合ったサイトで視聴されてみては^^

sponsored link
おすすめの記事