sponsored link

はいさい!ミショーです。

 

今日の海外ドラマレビューは「ジェーン・ザ・ヴァージン」です。

 

早速どうぞ!

sponsored link

ジェーン・ザ・ヴァージンのあらすじと見た感想

この作品は一度も男性と経験が無いジェーンが医師の手違いで人工授精をさせられてしまうという所から始まります。

 

しかも、その相手はリッチでハンサム、その上、ジェーンと過去に出会っていた男性でした。

 

ジェーン自身が付き合っている男性もいて、もちろん人工授精を試みた男性の奥さんもいて、三角関係で収まらず、四角関係ととても複雑な関係性になっていきます。

 

ジェーン一家もそうですが、周りを取り巻く友人、人工授精の相手の家族もとても個性豊かで、その上、サスペンス要素もあり、とても魅力的な作品です。

 

現在シーズン4、81話までありますが、次から次へと観てしまい、あっという間に終わってしまいます。

 

ジェーン達だけではなく、母親、祖母、と年齢を重ねた女性の恋愛模様も描かれていて、可愛らしいです。

 

ジェーンは小説を書いていて、時々、自分の世界に入り込みます。その小説の中でも、言葉のチョイスが素敵です。

 

個人的に一番好きなのはジェーンの父親です。

 

最初は登場してきませんが、とても自己中心的な人物で最初はとても不愉快な気分になりました。

 

しかし、とても家族思いで、おちゃめな部分も見えてきて、好きになりました。

 

娘の為に今までできなかった分、してあげようという気持ちがジェーンにはたまに重くなるようですが。

 

またとてもプライドが高く、俳優である自分の作品が一番というスタンスですが、作品の内容はとてもヒットしなさそうなものです。

 

作中にちょこちょこ撮影風景やスタッフと作品について議論している所がありますが、そこがまた面白かったです。

 

ジェーン自身の恋愛は、ジェーンがとても優柔不断で、イライラします。でも、気持ちがわからないでもないのが、難しい所です。

 

乗り換えてばかりで、こんな女性が周りに居たら、絶対に友達にはなりたくないなと思ってしまいます。

 

ジェーン自身はとても知的で、ユーモアたっぷりの女性なのです、複雑です。

 

私は吹替えで観ていますが、吹替えの声もとても合っていて違和感を感じる所はありません。

 

まだ完結していないので、続きが気になってしまうかもしれません。

 

81話の最後はとても気になる終わり方をしているので、私自身も気になって仕方ないです。

 

ナレーションも入っていて、わかりやすく、恋愛のドロドロも、サスペンスも、ホームドラマも、そしてコメディも、全ての要素が入った作品だと思います。

 

個人的に一部のキャラクター以外はとても愛すに値するキャラクターだと思います。

sponsored link

ジェーン・ザ・ヴァージンを配信している動画サイトは?

現在、Netflix(ネットフリックス)で配信されています!

 

他の有名所の動画配信サイトでは取り扱いはなさそうです。

sponsored link
おすすめの記事