sponsored link

はいさい!ミショーです、。

 

今日の映画レビューは【三国志】です。

 

アンディ・ラウ主演のアクション歴史?映画。

 

三国志と聞くと、諸葛孔明や、関羽と曹操とか、各国の王を思い浮かべますが、今回の主人公はなんと蜀の兵士、アンディ・ラウ演じる「趙雲(ちょううん)」という男。

 

名前を聞いたことあったかな?どうかな?勘違いかも。と思う程の人です。

sponsored link

三国志(映画)のあらすじと見た感想

これは相当三国志や歴史に詳しくないと、分からないかなーとスタート直後から不安に。

 

それでも、「あの、アンディ・ラウ」主演だし!助演には「サモハンキンポー」もいるし!きっと面白いはず!と期待して観てしまった私がバカだったのか、、、

 

趙雲(ちょううん)が修行して、同じ地方出身のサモハンキンポーをなぜか(義)兄と慕い、戦えば勝つ。というストーリーですが、映画の始まりからナレーションベースで進んで行き、歴史の流れや、戦力配置図、勢力図などなどがほとんど出てこず、

 

「三国志の歴史の流れや登場人物なんて全世界の人類が知っていて当然でしょ。」

 

と言わんばかりの登場人物の説明が少なすぎです…。

 

名探偵コナンを見習って、「俺は高校生探偵工藤新一、黒ずくめの男に薬を飲まされ体が縮んでしまった!」なんて、分かりやすい設定紹介が欲しかった?

 

その割りには戦意を削がせるために送られてきた兵士たちの削がれた耳が入った箱を映す時間が無駄に長くて、そんなに血、もう垂れてるはずないでしょ。と突っ込みたくなる程のグロテスクさ。

 

グロテスクな作りにしたかったのか、カメラの前で血しぶきが上がる演出がやたらと多かった。

 

戦いのシーンだから強調したいのだろうけど、鎧の上から一回切っただけでそんなに血、飛ぶ?!と思った。

 

演出とか、無駄だなぁと思うシーンがたくさんあったのに、主人公の趙雲(ちょううん)が恋に落ちた出身地の村の娘との恋に落ちるまで、と、恋に落ちてから、

 

「君の為に戦う。必ず生きて帰って迎えに来る」

 

なんて言ってるけど、そんなに愛、深める所ありました!?って言うほどアッサリ。出会いから旅立ち迄何分だったか(汗)

 

村の娘とのシーンの途中に出てきた『お花畑の映像』は、夜を供にしたということなのかなぁ、たぶん。私としては夜を供にした。なら、男女のどちらかが半裸で布団から起き上がり、どちらかが身支度をしている。もしくは、床の周りの枕だけでも映せば、美しかったと思う。

 

そんな彼女は、その後映画が終わるまで出てこない(笑)なんでやねんと。

 

最後には趙雲(ちょううん)は何も悪いことをしていないのに勝手に嫉妬に駆られた慕っていた(義)兄(サモハンキンポー)にいきなり裏切られ、鎧を脱ぐ(=死)ことになってしまった。

 

いゃいゃ、サモハン、おかしいでしょ。趙雲悪くないし、あなたも嫉妬するようなひどい扱い、誰からもされてないじゃん。と思って終わってしまった映画でした…。

 

オススメするかどうかは、ここまでの文章を読んで判断してください^^;

sponsored link

三国志(映画)を配信している動画サイトは?

私はdTVで見ましたが、他にもU-NEXT、アマゾンプライムビデオ、Hulu、ビデオマーケットなどで配信されています。

 

もし視聴してみたいと思った際は、他作品のラインナップや電子書籍の有無、月額料金、初月無料サービスなど比較して、あなたに合ったサイトに入会してみてください^^

sponsored link
おすすめの記事