sponsored link

2019年4月1日発売のBE LOVE 5月号に連載中の『新大久保で会いましょう』第8話!

 

仕事に恋にと人生どん底。アラサー漫画家・花がさまよう果てにたどり着いたのは、新大久保!

 

華やかな街、おいしい食べ物、そしてイケメン!? 女子の「好き」を満たす、新大久保グルメ漫画です。

 

単行本も人気で、現在1巻が発売されていますよ。

 

今回は第8話の『新大久保で会いましょう』のネタバレ、感想をまとめました。

 

→新大久保で会いましょう最新話のネタバレはこちら

sponsored link

新大久保で会いましょう【第8話】のネタバレ

「ねぇ、ミンギくん。スケッチに来たわけだけど…黒…黒…クロ!みんな黒い!」

「花さん知らないんですか?4月14日はブラックデーですよ。この日は黒い服を着て、ジャジャン麺を食べるんです」

「えぇ!?なんで?お葬式みたい!」

 

韓国の不思議な風習に驚く花。

 

「バレンタインもホワイトデーも縁がなかった人のための日です。みんな出会いを求めてくるんですよ」

 

二人がジャジャン麺のお店に目を向けると、そこにはクロくんの姿が…。

 

「もしかして、女性をナンパ!?」

「ちょっと、勝手なこと言わないでください!僕は人を捜してて…」

 

クロくんの話によると、昨年4月14日、ジャジャン麺を食べに来た時に、隣の席で泣きながらジャジャン麺を食べる女性を見て心惹かれ、その人が忘れていったイヤリングを渡したいために捜しているという。

 

「なんて健気なの!?私も一緒に探すよ!」

「オレも!」

「困ったときは助け合う!チームだもん!」

 

クロの記憶を頼りに、花はその女性の特徴を聞き出して、スケッチしていく。

書き上がった女性はとても美人で、クロも満足いく仕上がりとなった。

 

「この女性、どっかで描いたことあるような…」

 

覚えがあるようでないため、3人はその似顔絵をもとに聞き込みをすることに。

 

「さて、じゃああっちから探そうか」

「あっみんな~」

 

声の方を振り返る3人。

 

すると、そこには花が描いた顔と同じ顔をしたエマちゃんがいた。

 

「わーーーっ!」

「これ昔の私!?花さんエスパー!?」

「……」

 

驚きを隠せないクロ。とりあえず落ち着くためにお店に入ることにした4人。

 

「まさか…クロくんが私の黒歴史時代を知ってるなんて…」

「黒歴史じゃないですよ!僕食べる度に思い出すんですよね、お姉さんの顔」

「実はその日はモデルのオーディションに落ちた日なんだよね。個性がないって言われて…ジャジャン麺かっこんでたら、これだって思ったの!

私もとことん自分の好きを突き詰めた世界を表現しようって思って、ショートカットにして、ピンクにして、服も韓流に変えて…今の私になったんだ」

 

昔の気持ちを思い出すように語るエマ。

 

「これから大きいチャンスもきっとありますよ!」

 

エマの手をつかみ、顔を赤らめながら言うクロ。

 

「そうだよ!新生エマちゃんなら間違いない!」

「ところでクロ、美少女エマとイケメンエマどっちがいいんだ?」

 

ミンギの問いかけにシドロモドロになりながら答えるクロ。

 

「えっと、いまのエマさんは同性として見てしまうくらい…かっこよっくて…その」

「いじめないであげて」

 

食事を終え、外に出た一行。

 

「そうだ、エマさん。これ、昨年の忘れ物」

 

そう言ってエマにイヤリングを差し出すクロ。

 

するとエマはそっとクロに近づき、頬に手を添えて口づけをする。

 

「大事にしてくれてありがとう。よかったらクロにあげるよ」

 

クロが自分の耳に触れると、そこにはあのイヤリングがあった。

 

――ブラックデーはドラマチックな日なのかもしれないな――

sponsored link

新大久保で会いましょう【第8話】を読んだ感想

以上、第8話のネタバレでした!いかがでしたでしょうか?

 

4月14日のブラックデーはなかなか知られていない風習ですよね。真っ黒の服を着て、ジャジャン麺を食べると出会いにつながる…面白いですね!

 

今回のクロくんの恋はまさかのエマちゃんがお相手でした。思っていた結果とは違ったかもしれませんが、イケメンエマちゃんにクロくんはやられてしまいましたね。

 

次回最新話が掲載されるBE LOVE6月号は2019年5月1日発売予定です。お楽しみに!

 

→新大久保で会いましょう最新話のネタバレはこちら

sponsored link
おすすめの記事