sponsored link

2019年4月1日発売のBE LOVE 5月号に連載中の『ピーチガールNEXT』第45話!

 

大人気マンガであった『ピーチガール』の主人公達が大人になってからの世界を描く待望の続編です。

 

累計1300万部突破したラブコメディの続きが気になっていた方は多いと思います!どんな展開になっていくのか楽しみですよね。

 

ヒロイン+イケメン×2+悪魔=ラブ・ハリケーン!!

 

単行本も大人気で、現在6巻まで発売されていますよ。

 

今回は第45話の『ピーチガールNEXT』のネタバレ、感想をまとめました。

 

→ピーチガールNEXT最新話のネタバレはこちら

sponsored link

ピーチガールNEXT【第45話】のネタバレ

操を助けたいと岡安はももと暮らしていた部屋から立ち去っていってしまう。

 

一方隣の家では、ももの天敵さえが想いを寄せるトージと一緒に暮らしていた。もものことを気遣うトージとの距離が近づいていく…。

 

「ももちゃん、私一週間ロケで家を空けるんだけどさ。私の留守中にとーじに手を出さないでよ!岡安も私もいなくて、ももちゃんは一人ぼっち。よりを戻すには絶好のチャンスじゃん」

 

さえの突拍子もない言葉にあきれるもも。

 

「絶対にありえない。傷つけたくないから。
もう二度と私のことでとーじを傷つけたくないの」

 

そんな二人のやり取りを、ドアの後でとーじが聞いていた。

 

次の日、ももが一人で洗濯物を片付けていると、玄関からとーじの呼ぶ声がする。

 

「安達!どうしよう安達!海結が…ずっと震えてて」

「落ち着いてとーじ。熱は測った?海結ちゃん吐いたりしてない?」

 

ももは慌てるとーじを落ち着かせ、とーじの家へと共に向かった。

 

もものアドバイスを受け、救急ダイヤルに電話をし、看護師の指示を受けるとーじ。

 

海結の症状を伝えると、発熱による震えであることがわかり、ほっと肩を撫で下ろすのであった。

 

「はー焦ったー…助かったよ、安達。ありがとう。」

「ううん、私だって一人だったらパニクっちゃうよ。」

「安達がいてくれてよかった」

 

すーっと眠りについた海結はももの手を握ったまま眠ってしまった。

 

「ごめんな、寝るまで付き合わせちゃって」

「ううん…。あの日の岡安もこんな気持ちだったのかな。…一緒に支えてあげればよかった。申し訳ないことしたな…」

 

出ていってしまった岡安の事を想うもも。

 

「今の気持ち、岡安に伝えるべきじゃないか?俺だったら絶対うれしい。岡安だって、安達のこと待ってるかもしれないぞ」

 

とーじの言葉に胸を押されたももであった。

 

一方、岡安が身を寄せている操の家。岡安は操の母の介護も積極的に手伝い、家の中を明るくしてくれる存在となっていた。

 

「今の俺があるのは操ちゃんのおかげなんですよ。中学のころ荒れてて…操ちゃんだけが見捨てず寄り添ってくれたんです。操ちゃんは俺のことを一人の人間として、大切にしてくれた。操ちゃんがしてくれたことを、俺は操ちゃんに返しているだけですよ」

 

とーじの言葉に押されたももは、岡安がいる操の家の近くまで来ていた。

 

しかし中に入ることも連絡をすることもできず、外で待つことしかできなかった。

 

するとちょうど、岡安と操が洗濯物を干すために外に出てきていた。二人はももには気づいていない。

 

「ありがとうカイリ。カイリが来てくれてうちの中が明るくなった。」

「ちょっとは操ちゃんも楽できた?」

「もちろんよ。カイリの一言ですごく報われることもあるの。」

「そお?操ちゃんの力になれたならよかった」

 

岡安のことを見つめる操。

 

「それで…ね、もしカイリが今でも私のことを想っててくれるなら、その気持に応えたいなって…」

 

操の突然の告白に驚く岡安。

 

「えっえっ…なに急に」

「ごめんね、ほんとに今さら。でもカイリがいてくれると心が暖かくなるの。カイリとこんなふうにこれからも過ごしていけたらって…」

「…ありがとう、嬉しいよ」

 

家の外ですべてを聞いていたももはその場にいることはできず、立ち去った。その後二人がどんな会話を交わしていたのかは知らず…。

 

その足でももはとーじの家を訪れる。

 

ももの様子がおかしいことに気がついたとーじは家の中へと招きいれる。

 

「…なにかあった?…岡安に会ったのか?」

 

とーじの質問に小さくうなずくもも。

 

「…岡安ね、操ちゃんに告白されてた。操ちゃん、岡安の気持ちの応えたいって…。
ショックだったけど、でも、やっと岡安の気持ちが報われたんだなって。…だったらもう、祝福するしかないよね」

 

我慢できず涙をこぼすもも。そんなももをそっととーじが抱きしめる。

 

「俺がいる。これからは俺がそばにいる」

 

驚くももにとーじの顔が近づく。

 

「安達になら傷つけられてもいい…」

 

そして、二人の距離はなくなった。

sponsored link

ピーチガールNEXT【第45話】を読んだ感想

以上、第45話のネタバレでした!いかがでしたでしょうか?

 

ももととーじの仲が急展開を迎えましたね。

 

岡安は操ちゃんの気持ちにどう応えたのか、最後まで聞くことができなかったももは、結局とーじを頼ってしまいます。

 

ももになら傷つけられてもよい、なんて言葉を言われたら、ももも落ちてしまいますよね。次回以降の展開がとても気になります!

 

次回最新話が掲載されるBE LOVE6月号は2019年5月1日発売予定です。お楽しみに!

 

→ピーチガールNEXT最新話のネタバレはこちら

sponsored link
おすすめの記事