sponsored link

2019年7月1日発売のBE LOVE 8月号にて連載中の『水晶の響』第3話!

 

実在のバイオリニスト・式町水晶さんをモデルにしたオリジナル漫画で、ドキュメント漫画「水晶の音」続編です。

 

脳性まひの式町水晶少年は特別支援学級で耳の聞こえない少年“なっちゃん”と出会う。彼にバイオリンの音を聞かせたい水晶は、ゆるやかに鮮やかに覚醒していく!

 

単行本化も楽しみな大注目作品です。

 

今回は最新第3話の『水晶の響』のネタバレ、感想をまとめました。

 

前話(第2話)の内容を確認したい方はこちら

sponsored link

水晶の響【第3話】のネタバレ

なんだ、これ…。悪気があって言っているわけじゃない?気のせい?ぼくの、気のせい…?

 

あっという間に「障がい者くん」の名前が広まり、クラスの皆からそう呼ばれてしまうことになった水晶。また、授業の速さにも戸惑っていた。

 

――支援学級と全然違う…。いままでは先生がマンツーマンで自分のペースで勉強できてたのに…。ここでは待ってもらえないんだ。ついていかなきゃ、また言われる『障がい者くん』…。失敗しちゃダメだ、失敗しちゃダメだ…。自分がこんなにみんなより、いろんな事がうまくできないなんて…。

 

「障がい者くんにも、迷惑かけるばっかじゃなくて、もしかして特別な才能とかあるんじゃねーの?ほら、例えば…あの変なダンス!?」

「…え?」

 

そう言うと何人かのクラスメイトが水晶の前に出てきて、水晶のヒョコヒョコとした歩き方を真似てからかいだした。

 

――これって…悪意だ…。ぼくがみんなに迷惑かけてるから?ぼくが、障がい者だから…?

 

別の日、水晶はバイオリニストの中吉の元へレッスンへと来ていた。

 

いつもと同じ様に音楽に合わせて歩き、リズムを取る練習を終えた水晶。

 

「…先生、バイオリンにはいつ触れるんですか?…ぼくの歩き方がヘンだから、こんな歩く練習してるんですよね?でも、ぼくはバイオリンを教えてほしいです」

「…うーん…『障がいがあるから』っていうのはちょっと違うかな。確かに君の体にはハンデがある。他の人ができて当たり前のことをたぶん君はとても努力しないといけない。音楽に限らず。きっとそうだよね」

「…ハイ」

「だけどたとえば、『正確にリズムをとる』これはハンデのない普通の人にもなかなかできないことなんだよ。自分のモノにするのはとてもむずかしい。それを君が人以上に努力してできるようになれば…?不可能だと思ったら、そこでおしまい。君の演奏を見て…正直リズムはメチャメチャだった。でも、君の出すバイオリンの『音』は、たぶん誰もが出せる音じゃない」

 

――ぼくの『音』?

 

「だからリズムを手に入れたら、他のいろんな基礎を手に入れたら、障がいなんて感じられなくなるよ、きっと」

 

――ぼくが、普通の人以上の『音』を出せるようになるのは、不可能じゃない…?

 

「次回のレッスンでは、手の力の抜き方、考えてみようか」

 

――そうだ、ぼくにはバイオリンがある、これがあれば…!

 

翌日、水晶はバイオリンを持参して登校した。

 

「なんですか、その荷物は。…預かります」

「僕が持ってます!大事なものだから…っ」

「ダメです。学校で目立つことは、排除につながります。ただでさえ式町くんは目立ってるんです。楽器は邪魔になるので、預かっておきます」

 

――排除?…そんな…

 

1時間目の授業が始まった。自分の机から教科書とノートを取り出した水晶は、落書きされたノートに気がつく。

 

『ボク障がい者くん』『なまえおぼえてくださーい』『ヒョコヒョコ』

 

――ぼくが、障がい者だから…?

 

「先生、すみません、お腹痛いのでトイレ行っていいですか…?」

 

水晶はバイオリンを手にしてトイレの個室へと駆け込んだ。

 

――ハァ、ハァ、ハァ…。ズキン、ズキン、ズキン…どうしよう、どうしよう…

 

長い時間バイオリンを抱えたままそのままでいると、どこからともなくピアノの音色が聞こえてきた。
その音色に合わせてバイオリンを演奏したくなるような、そんな不思議な音色であった―。

 

水晶はバイオリンを抱えたまま音の方へと歩き出す、しかし、トイレの外へ出たところで意識を失い、そのまま倒れてしまった。

 

「式町くん…!?」

sponsored link

水晶の響【第3話】を読んだ感想

以上、最新話第3話のネタバレでした!

 

支援学級との違いに戸惑い、自分を追い詰めていってしまう水晶。クラスメイトからたちのいじめも始まり、自分がどうすればよいのかわからなくなってしまいます。

 

そんな中ふと聞こえてきた心地よいピアノの音色。

 

いったい誰が演奏しているのか、倒れてしまった水晶は大丈夫なのか、次回以降の展開が非常に気になりますね。

 

次回最新話が掲載されるBE LOVE10月号は2019年8月30日発売予定です。お楽しみに!

sponsored link
おすすめの記事