sponsored link

2019年8月8日発売のプチコミック9月号にて連載中の『今度の恋は勝ちましょう』第4話!

 

大注目のブレイク作家、七島佳那先生の最新作です。

 

これぞ新時代のオトナ女子のたしなみ!?

“一口馬主”ライフ&モテ期到来…なんてワケある!?

 

仕事漬けで、気づけば金はあれども女子力ゼロのアラサー女と化したなの加。

 

このまま20代を終えるのか・・・と迷える彼女は、偶然訪れた競馬場で“運命の出会い”を果たし・・・!?

 

今回は最新第4話の『今度の恋は勝ちましょう』のネタバレ、感想をまとめました。

 

前話(第3話)の内容を振り返りたい方はこちら

sponsored link

今度の恋は勝ちましょう【第4話】のネタバレ

毎日仕事漬けでお金はあるが女子力ゼロなアラサー女・なの加は、イケメン上司・黒瀬のすすめで“一口馬主”を始めることに。

 

初めて知る世界に気持ちが浮き立つなの加だけど、黒瀬と参加した牧場見学ツアーでまさかの事件が…!?

 

一口馬主をやっている上司の黒瀬さんと、北海道の牧場ツアーから帰ってきましたが、あんな…事件があったので、黒瀬さんから連絡がくるだけで、ドキッとするようになってしまいました。

 

『どの馬にするか決まったか?』

『第一希望はハナマルレディの18、第二希望はエアコイの18です』

『オレは第一がフォーチュンルーンの18、第二はプリンセスシップの18』

『お互い第一で取れますように!』

「黒瀬さんって…あんなふうに彼女を大事にするのか…でも…黒瀬さんは結婚願望がないんだよね。…勘違いしないようにしようっと!」

 

翌日、出勤したなの加は、気分転換とイメチェンを兼ねて、いつもより高い位置でポニーテールにくくり、シュシュを付けて仕事に臨んでいた。

 

「黒瀬さん、データ送りましたので、チェックをお願いします」

「わかった」

 

――いつもどおりの日常。なんなら黒瀬さんの記憶にもない…。そういえば競馬場ではしゃいでたな…いつもの仕事の時とは全然違う。黒瀬さんって実は、かわいい人なのかもしれない――

 

イメチェンしたことで、社内の若い女性たちから、何かあったのかと話をふられることが多くなったなの加。自分では自覚がないが、周りから見ると明るくなったようである。

 

「鹿山はあれだもんな、モテ期が来てるもんな」

 

黒瀬の思わぬ発言に驚くなの加。

 

「ええ!?そ…そうなんですか!?」

「鈍感」

 

――知らないうちに大きく変化しているのかもしれない。競馬場へいったあの日から――

 

黒瀬の言葉に顔が真っ赤になるなの加。

 

「鹿山さん、やっぱり好きな人ができたんですね!」

「えっ私…好きな人ができたの!?」

「そうなんじゃないんですか?その赤い顔。鹿山さんっておもしろい」

 

――面白いなんて初めて言われた…どんどん変わっていく。何かを始めると、こうも違ってくるんだ。自分はわりと無欲な人間だと思っていたけど、心が動いたり、人と心を通わせたり…恋をしたかったのかも――

 

ある日、希望していた一口馬主の抽選結果が出た。会社で黒瀬とこっそり連絡を取り合い、二人で人気のない場所で落ち合うことに。

 

なの加は北海道での出来ごとを一人思い出し、そわそわした気持ちだった。

 

結果は見事、ふたりとも第一希望の馬の馬主に当選することができた。

 

「これで鹿山も一口馬主だな!」

「は、はい!」

「おめでとう、また一人一口仲間が増えたなー。一口の女友達は初めてだけどな!」

 

笑顔でそう話す黒瀬に、固い笑顔を向けることしかできなかったなの加。

 

――そうだった、この人結婚願望がないんだった。
だけど今は、チクリと痛む胸に、喜びすら感じる。
それはきっと、始まりの予感がしているから――

sponsored link

今度の恋は勝ちましょう【第4話】を読んだ感想

以上、最新話第4話のネタバレでした!

 

北海道での出来事を意識してしまうなの加と、まったく記憶になくいつもどおりに接してくる黒瀬。

 

黒瀬に結婚願望がないと知りつつも、少しずつ黒瀬への恋心に気づき始めるなの加。

 

無事一口馬主にも当選することができ、きっとこれから二人で競馬場へ行く機会ももっと増えるのかもしれませんね。

 

今後の二人の関係がどうなっていくのか、次回以降の続きが気になります。

 

次回最新話が掲載されるプチコミック10月号は2019年9月6日発売予定です。お楽しみに!

sponsored link
おすすめの記事