sponsored link

2019年4月25日発売のKiss 6月号に連載中の『モトカレマニア』第23話!

 

難波ユリカ・27歳。彼女の心を占めているのはただ一人…22歳の時に別れた元カレのマコチこと斉藤真!

 

元カレを神のように崇拝するユリカは不動産店の営業として働くこととなったが、なんと、そのマコチと同僚として再会して…!?

 

元カレ×お仕事!? 切れ味バツグンのノンストップ・ラブコメディです。

 

単行本も大人気で、現在2巻まで発売されていますよ。

 

今回は第23話の『モトカレマニア』のネタバレ、感想をまとめました。

sponsored link

モトカレマニア【第23話】のネタバレ

元カレの存在を引きずり、元カレマニアと化していた難波ユリカは、転職した不動産店で、当の元カレ・マコチとまさかの再開を果たした。

 

5年ぶりのマコチに心揺さぶられ、優しい素振りについ「マコチが好き」と告白してしまったが、返事は保留。

 

そして、マコチの同居人・丸の内さくらの存在を脅威に感じたユリカは、押して押してついに、マコチとキスをする。しかし「好きだけど、付き合うとは言ってない」と言われてしまい・・・!?

 

ユリカは一人で本屋の恋愛書コーナーで立ち読みに耽っていた。

 

――なぜマコチが「付き合う」と言えなかったのか、わかってきた。重かったんだ。私が「そういうこと?」「同居は解消?」とか聞いたから、引いたんだ…!

 

やっぱり、また機会を作るしかない。こんな私でも気軽にやれるなら…そばにいてくれるかもしれないもの。

 

マコチは家でモヤモヤとしながら、ランニングマシンに乗っていた。

 

――言えなかった。ちゃんと考えてから話したいって。あの時、怒るか泣くかすると思った。なのに、まさかの反応で。急にユリカが全然知らない人に見えて怖くなった…。

 

トレーニングを終えたマコチは、同居人のさくらより一緒に飲もうと話しかけられる。さくらから、何かあったのかと尋ねられ、今回の事を相談することにしたマコチ。

 

「…えーと話せば長いんですけど、実は…カクカクシカジカ。…で、キスしちゃって」

 

――キス!?あの女―!くそっ…油断してた…!

 

「…ふーん…真くんがもし同居解消を望むなら、別にいーよ」

 

――これは強がりでもあるし、人生は必ずしも思い通りにはならないことを知っているアラフォーの本心でもある。

 

「あー、いや、まだそんな段階じゃなくて。モヤモヤするなって…。おれは今の生活が好きで、どっちかを選ぶって今はできない感じなんです」

 

マコチの言葉に少しホッとしつつ、焦りも感じるさくらであった。

 

――たぶん、あの女に粘られると、分が悪いのは私の方だ…。

 

話を終えた二人は就寝することに。ひょんなことから二人は一緒の布団に入り、並んで寝ることが習慣になっている。さくらは眠れずもんもんとしているが、隣のマコチは寝息を立ててぐっすりと眠っていた。

 

「…言っちゃえばよかったな、『あなたのモトカレと一緒に寝てる』って。

『真くんと私は一緒に寝てもセックスしない特別な関係なんだ』って…。」

――ねえ真くん、絶対に手を出さないのと、うっかり手を出すの、どっちが特別?
なんとなく感じていた特別が揺らいでる――。

 

家でパックをしながら本屋で買った恋愛書を読み漁っていたユリカ。すると、さくらからのメッセージの着信が。恐る恐る開くとそこにはメッセージと写真が添付されていた。

 

『告白します』

『私たち、ソフレです。』

『↑添い寝フレンド』

 

布団の中で寄り添う二人の写真。真はぐっすりと寝ており、横のさくらが自撮りしたものであった。

 

「……は?」

sponsored link

モトカレマニア【第23話】を読んだ感想

以上、第23話のネタバレでした!

 

マコチもユリカもモヤモヤを抱えつつ、お互いに自分の気持ちを探り合っている期間ですね。

 

そんな中、マコチから話を聞いたさくらは、ユリカに危機感を覚え、思い切った行動に出ます。

 

二人が寄り添う写真を見てしまったユリカ。次回はいったいどんな展開になるのか、続きが楽しみですね!

 

次回最新話が掲載されるKiss7月号は2019年5月25日発売予定です。お楽しみに!

sponsored link
おすすめの記事