sponsored link

沖縄の次に梅雨入りするのは、九州地方ですが、今回は九州北部地方の梅雨入り・梅雨明け予想をチェックしていきたいと思います。

 

九州南部の梅雨入り・梅雨明け予想はこちら。雨の日のオススメスポットもチェック!

sponsored link

2019年の九州北部地方梅雨入りはいつ?

2019年九州北部(山口県、福岡県、大分県、佐賀県、長崎県、熊本県)地方の梅雨入り予想を見ていきましょう。

 

1951年からの、過去68年間のデータを見ると、

平年の梅雨入りは6月5日ごろとなっています。

 

2018年は6月5日、2017年は6月20日に梅雨入りとなりました。

 

過去のデータでは、5月下旬に梅雨入りとなった年もあったりしたようですが、2019年の梅雨入りは、5月28日~6月12日ごろとなるでしょう。

 

近年梅雨入りの時期が、5月になる年もあることから、梅雨入りが早まっている傾向にあるともいえますので、平年6月5日よりも早く梅雨入り可能性もありますよ。

sponsored link

2019年九州北部地方の梅雨明けはいつ?

データから、過去の梅雨明け時期をみていくと、平年の梅雨明けは、7月19日頃となっています。

 

2018年は7月9日ごろ、2017年は7月13日ごろに梅雨明けとなっており、2019年の梅雨入りは7月13日~7月24日ごろではないかと予想します。

 

過去のデータをみると、梅雨明けの時期が遅くなっている傾向になっていることから、九州北部地方の梅雨の時期が長くなっているようですね。

sponsored link

九州北部地方の梅雨の特徴は?

九州北部地方の梅雨の特徴は、バケツをひっくり返したような大雨が、長時間降り続けるという天気が多くなってきます。

 

九州地方の上空は、梅雨前線に加え、南から暖かい空気が入り込み、その影響から大雨となってしまいます。

 

2018年には、6月28日~7月8日までに東海地方から九州北部まで広く大雨となり、平年7月の降水量が2~4倍ともなったことがありました。

 

2017年7月5日~6日には九州北部で集中豪雨があり、局地的に大雨が降って、観測史上最も雨が降ったところも。

 

これらの原因は、梅雨前線に、温かく湿った空気が入りこみ、上空には冷たい空気もあったことで天気が不安定となり、それに伴って次々と積乱雲が出たことが原因なのではないかと考えられています。

 

今までも九州地方の豪雨により、亡くなった方も複数おられ、土砂崩れや洪水の被害も大きく出ました。

 

特に九州北部地方は、今までも大雨による被害に見舞われることがあったので、特に気をつけたい時期ですね。

 

梅雨の時期は、じめじめして嫌だなと感じる人も多いと思いますが、九州地方の梅雨の時期は、生死に関わるほど危険な時期にもなり得るのですね。

九州北部地方の梅雨入りまでの災害対策

災害時の対策や避難場所・避難経路などの確認も大切かと思います。

 

梅雨前線はかなり不安定なので、毎日の天気予報も外れることが多いでしょう。

 

梅雨の時期は特に、細かく日々の天気予報をチェックすると備えられますね。

 

また、土砂災害には前兆があり、異様な匂いや、山鳴りがしてきます。そして土石流の前兆は、川が濁ったり、川のかさが急に下がったりします。

 

もしこれらのようなサインがあれば必ず避難し、周りの人に連絡してくださいね。

 

また備蓄品も大切です。

 

・食料品、水
・電池やガスコンロの準備
・ラジオの用意
・浴槽に水を張っておく

 

などをしていくと、ライフラインが使えなくなってもパニックにならず、冷静に対応できると思います。

 

梅雨が明ければ本格的な夏がやってきます。

 

その前に大雨に警戒して、無事に梅雨明けを迎えたいものです。

sponsored link
おすすめの記事