sponsored link

GWが終わったかと思えば、あっという間に5月も終わりですね。

 

こうやってまたひとつ年を重ねていくんですよねぇ…。

 

と、なんか哀愁漂う私の気持ちはさておき、今回は関東地方の2019年の梅雨入り・梅雨明け予想をお届けしたいと思います。

 

その前に、意外と知らない方もいるかもしれませんので関東地方についてちょっと説明。

 

関東地方とは、明確なきまりはないですが、一般的には東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県の1都6県をいいます。

 

ちなみに、関東甲信地方は、この1都6県に山梨県と長野県を合わせたことをいいます。

 

そして首都圏は、法律で決められており、東京都と埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県及び山梨県の区域とする。と定義されています。

 

テストに出ます?笑

sponsored link

2019年関東地方の梅雨入り予想

気象庁が発表している1951年から昨年までの梅雨入り・梅雨明けのデータを見てみると、最も早かった梅雨入りは5月6日ごろで、最も遅かった梅雨入りは6月22日ごろということがわかります。

 

6月の前半に梅雨入りとなっている年が多いようにみえますね。

 

平年は6月8日ごろ、昨年は6月6日頃に梅雨入りとなっています。

 

これらのデータから、2019年の関東地方の梅雨入りを予想すると、5月29日~6月11日ごろと考えられます。

sponsored link

2019年関東地方の梅雨明け予想

梅雨入りのデータと同じく、梅雨明けの過去のデータをみてみると、最も早い梅雨明けは6月29日ごろ、最も遅い梅雨明けは8月4日ごろということがわかります。

 

8月に梅雨明けとなっている年はほぼなく、7月半ばから下旬にかけて梅雨明けとなっている年が多いように見えます。

 

平年は7月21日ごろ、昨年は6月29日に梅雨明けとなっていますね。

 

これらのデータから2019年の関東地方の梅雨明け予想は7月12日~7月25日ごろと予想します。

 

また梅雨の時期の長さは、平均して40日前後です。

 

2019年も例年と同じく、40日前後の長さとなるのではないかと思われます。

sponsored link

雨の日でもおすすめ!関東地方の観光スポット

1.鴨川シーワールド(千葉県)

シャチのパフォーマンスや、イルカなど海の生き物と触れあえるディスカバリーガイダンスなど、たっぷり遊べる水族館です。

 

2.東京ジョイポリス(東京都港区お台場)

屋内型テーマパークで、20種類以上のアトラクションも楽しめます。

 

デックス東京ビーチ内の3F~5Fが東京ジョイポリスとなっており、家族で楽しめるものから迫力満点のものまで、幅広い世代が楽しめる場所です。

 

3.カップヌードルミュージアム(神奈川県)

藤沢市にある観光スポット。約3000種類ほどのカップラーメンが展示されています。

 

歴史の探索から体験まで奥深くカップラーメンと触れ合える場所になっています。

 

4.オービィ横浜

みなとみらいにある2013年誕生のエンターテイメント施設。セガが企画開発しています。

 

「大自然体感ミュージアム」というコンセプトをもとに、動物とのふれあいや、迫力あるシアターでの演出、動物が多くいるアフリカの温度差の体感ブースなど、非日常的な空間から、「学び・感じ」ることができる施設となっています。

 

5.JAXA 筑波宇宙センター

1972年に筑波研究学園都市の敷地内にできた施設。

 

施設内の見学ツアーや、一部無料で見られるスペースドームなど、宇宙について勉強できる貴重な施設です。

 

関東地方にはたくさんの観光スポットがありますので、梅雨の時期でも楽しめそうですね。

 

是非、お出かけの参考にしてみてください。

sponsored link
おすすめの記事