sponsored link

2019年5月1日発売のBE LOVE 6月号に連載中の『ちはやふる』第215話!

 

2016年に映画化された話題作で、2019年10月からはアニメもスタート!

 

まだ“情熱”って言葉さえ知らない、小学校6年生の千早。そんな彼女が出会ったのは、福井からやってきた転校生・新。

 

大人しくて無口な新だったが、彼には意外な特技があった。それは、小倉百人一首競技かるた。千早は、誰よりも速く誰よりも夢中に札を払う新の姿に衝撃を受ける。

 

しかし、そんな新を釘付けにしたのは千早のずば抜けた「才能」だった…。まぶしいほどに一途な思いが交差する青春ストーリーです。

 

単行本も大人気で、現在41巻まで発売されていますよ。

 

今回は第215話の『ちはやふる』のネタバレ、感想をまとめました。

 

ちはやふる最新話のネタバレはこちら

sponsored link

ちはやふる【第215話】のネタバレ

「はぁぁぁ」

 

新を前にして緊張の糸がと切れたのか、深い溜め息をつく千早。

 

「お、おお、大丈夫か?」

「あ…あら、新でも緊張するの?」

「うんする。ほやで早めに緊張するーって言ってまう。消そうとすると逆効果なんや」

 

すると、急に会場がざわつく。見ると、着物姿とお団子頭の詩暢が現れていた。

 

「あら、千早さん。制服でいらしたんや、真面目やねぇ。うちの周りにカメラが多いけど、気にせんといてね」

 

そして前夜祭が始まる。壇上には千早と詩暢、新と周防名人の4人が並ぶ。

 

周防名人の簡素な挨拶に続き、新の挨拶の番が来る。旗からみても緊張している様子がわかる。

 

「こんばんは、周防名人の胸を借りて、精一杯のかるたを取らせてもらいます」

 

緊張しながらもしっかりとした挨拶を終えた新。次は詩暢の挨拶の番が来る。

 

「こんばんは、若宮詩暢です」

 

指でポーズを付けながら自己紹介をする詩暢に会場はシーンとなる。

 

「なんなんですかねぇ、あれは…」

「最近の若い人たちのやり方…目に余りませんか?」

「特に女子…自由にやりすぎっていうか…名人と同じ5試合っていうのも、女の子たちがギスギス勝負しなくても…」

 

詩暢の自由奔放な振る舞いに、参列者達から次々に苦言がなされる。その声は壇上まで届くほどであった。

 

「今年もクイーン位の名に恥じぬよう、一生懸命務めさせていただきます」

 

周囲の声を気に留めることなく、詩暢の堂々とした挨拶が終わった。次は千早の番である。司会者にマイクを勧められるもその場から動かず、まず一礼をした千早。そのまま地声で話し続けた。

 

「今回、クイーン戦を五番勝負の新しいものにしてくださって、ありがとうございます。
小さいころから、かるた会でも部活でも、男子と同じ土俵で戦ってきました。
団体戦も個人戦も、男女の差のない競技かるたに育てられました。
この五番勝負でどうか、私と若宮クイーンの、鍛えてきた気力と体力を見てください」

 

まっすぐ前を見据えて放つ千早の言葉は会場に響いた。

 

誰からともなく大きな拍手が巻き起こり、無事に挨拶を終えた千早であった。

 

挨拶を終え降壇した千早たち。すると、慌てたように主催者側から報告がある。

 

「えー、お知らせがございます。まことにゆゆしき事態ですが、インフルエンザ罹患により、明日五十嵐読手と牧野読手が欠席となりました。」

「えっ!」

 

驚きとともにざわつき始める会場内。

 

「芹沢読手一人というわけにいかないので、急遽山城読手にお願いしております。もう1名は未定…もしかしたら2名の読手で行うこともあるかと…」

「そんな…何が起こるかわからないね…」

 

前夜祭を終え、母と泊まるホテルの部屋に戻った千早。

 

「不思議ね。千早は主役の一人なのに、アウェイで戦っているみたいで。
かっこよかった。壇上の姿に震えたわ」

 

母の言葉に嬉しそうに微笑む千早。

 

「さて、荷物から着物出して広げておかないとね」

 

そういって荷物を開ける千早。

そのスーツケースの中身は千早が準備したものではなく、姉の荷物であった。

 

同時期に家を出発した姉のスーツケースと千早のスーツケースは入れ替わってしまっていたのだった。

 

「ぎゃあああああああ!」

 

――1月4日午後8時45分。何が起こるかわからないまま、明日、名人・クイーン戦。

sponsored link

ちはやふる【第215話】を読んだ感想

以上、第215話のネタバレでした!

 

クイーン戦に向けて前夜祭に参加した千早。歴代のクイーンや名人たちが参列者として集まる中、新も千早も堂々とした挨拶を行いました。周囲のプレッシャーや愚痴を跳ね除ける挨拶はかっこよかったですね。

 

そしていよいよ明日クイーン戦を迎えるというときに、なんと荷物の入れ替わりが発覚。姉がいるのは佐賀県。

 

着物が手元にない状態でどうやってクイーン戦に臨むのか…続きがとても気になりますね!

 

次回最新話が掲載されるBE LOVE7月号は2019年6月1日発売予定です。お楽しみに!

 

ちはやふる最新話のネタバレはこちら

sponsored link
おすすめの記事