sponsored link

2019年8月8日発売のプチコミック9月号で連載中の『つまり好きって言いたいんだけど、』第3話!

 

いじめられっ子の自分を変えたくて芸能界に入り、今ではマネージャーになった千歳。

 

ブレイク中の人気俳優を新しく担当することになったけど、彼の正体は・・・!?

 

演じることがすきだった、でも叶わない夢だった。だから支える側に。と思ってたのに、前言撤回!ちょっと、コイツ態度最悪、女癖最悪なんですけど!?

 

単行本化が楽しみな作品ですね。

 

今回は最新第3話の『つまり好きって言いたいんだけど、』のネタバレ、感想をまとめました。

 

前話(第2話)の内容を振り返りたい方はこちら

sponsored link

つまり好きって言いたいんだけど【第3話】のネタバレ

「おはようございます!…あれ?準備できてる…」

「おはよ~たまにはマネージャーに迷惑かけないようにしたいな、と。他ならぬ大好きなちーちゃんのためなら」

「寒いからやめてください。そんな気を遣わなくても、もう監視はしませんよ?トラブルなく無事映画は封切りできたし、評価も動員もいいですしね。さ、今日も頑張りましょう!」

 

舞台『トラゲティ』製作発表会見。

 

会見の裏で舞台の脚本を読んでいた千歳は、今回瀬那が演じる役がどこか瀬那に合っていないように感じていた。

 

「話題性も申し分ないんですが…今までの瀬那さんのやってきた役って、どちらかというと見てる人の共感を得られるような人物が多かったですし、でもこの役は…」

「イメージに合わないんじゃないかと言いたいのか、なるほど。…ちーちゃんは俺にどんな役を演じてほしいの?」

「え、ええと…」

「今までも結構やったけど、恋愛ドラマの正統派相手役がいいのかな?たくさんの夢見せるみたいな、無論、ちーちゃんにも」

 

その言葉を聞いて、カーっと顔が赤くなる千歳。

 

「さ、もう時間です!行きましょう!!」

 

――言えるか、言えるか!どうして彼の恋愛ドラマの相手役に、一瞬自分が浮かんだ!あれは嫌いな不二宗純なのに、事務所の大切なタレントなのに、何を血迷ってるんだか…!

 

自分が感じた違和感や瀬那の性格を、先輩に相談することにした千歳。

 

「冴島は本当に真面目だなあ。藤代は自他ともに認める男前なんだしいいんじゃない?」

「男前なのは認めますが、あの嘘つきは全くいただけないんですけどね…」

「なあ、嘘つきってそんなに悪いことか?…あいつの演技の才能って、嘘つきが由来だと思っててさ。嘘を本当だと信じ込ませる能力っていうのか」

「へ…?」

 

――そういうふうに考えたことなかった…。嘘つきが才能…かあ…。

 

舞台稽古が進むにつれて、評判の怖い監督の怒声が飛び交うことも多くなった。瀬那の体調を心配していろいろな差し入れを行う千歳であったが、瀬那はどこか距離を置いているようで、千歳を避けることが多くなっていった。

 

「何が本当かわからない…それになんであんな冷たい目…」

 

――だけどショックなのは、思ったよりも傷ついてる私自身…
それなりに一緒にいる時間が長かったから、きっとどこかで距離感をはかり間違えただけだ。冷静になれ。…私はただのマネージャーってだけ…。

 

そして迎えた公演当日。千歳は客席から見守っていた。舞台が始まると、一気に引き込まれていく千歳。

 

――一瞬で全部吹っ飛んでしまった。もう全部どうでもよくなって。ただのマネージャーで何か不満があるんだろうか。ずっと近くで見ていられる。この才能を…すごく幸せじゃない…。

 

舞台を終えた瀬那がやってきた。

 

「どうだった?俺。…あは、ザマーミロ、その顔ぐうの音も出ないって感じだな。ちーちゃんよっぽどこの役が気にいらないみたいだったから、感動のあまりケチひとつつけられない程のもの演じてやろうと思ってさ。で?もう一回聞くよ?どう感想は?」

「…森崎さんが言ってました。あなたの演技の才能はおそらく、嘘を本当だと信じさせてしまう能力からなんじゃないかって」

 

千歳は晴れやかな笑みを浮かべた。

 

「もしそれが本当なら、素敵な才能だと思う。…小さい頃からさんざん悩まされたけれどもういい。私、もうあなたの言葉が全部、嘘であってもかまわない」

「…え?」

「どうかそのままずっと、嘘をつき続けて」

「…嘘…」

 

―――ピリリリリ。千歳の携帯が鳴り響く。

 

「はい、もしもし…え!?火事!?…うちのマンションがですか!?」

sponsored link

つまり好きって言いたいんだけど【第3話】を読んだ感想

以上、最新話第3話のネタバレでした!

 

瀬那の言っていることが嘘なのか本当なのか、どの言葉を信じればよいのかわからなくなってしまった千歳。瀬那に振り回される中で、彼の嘘は才能なのだと気が付きます。

 

そして演技の才能に圧倒されて、瀬那を少し見直すことも。

 

瀬那の本当の想いに、千歳が気がつく時はくるのでしょうか?二人の関係はどうなっていくのか、今後の展開が楽しみですね。

 

次回最新話が掲載されるプチコミック10月号は2019年9月6日発売予定です。お楽しみに!

sponsored link
おすすめの記事