sponsored link

2019年5月8日発売のプチコミック6月号から連載が始まりました『恋愛ジャッジメント』第1話!

 

人気作家、和久原にこ先生の最新作です。

 

親戚のすすめで、急なお見合い話が持ち上がった恋愛ベタな女のもとに、謎の“お見合い調査人”がやってきた!?

 

「お見合い相手として相応しいか否か、私が調査させていただきます」ハラハラ・ドキドキのハッピーウエディングラブコメです!

 

今回は第1話の『恋愛ジャッジメント』のネタバレ、感想をまとめました。

 

恋愛ジャッジメント最新話のネタバレはこちら

sponsored link

恋愛ジャッジメント【第1話】のネタバレ

裕福だったわけじゃないけど、昔から何かをどうしても欲しいと思ったことがない。誰かを困らせることもないし、私も特別困らない。だから昔も今も、私にはどうしても欲しいものがない。ずっと、何も…。

 

藤代紡希26歳。経理事務、彼氏なし、のんびり気楽。仕事が大変って時もあるけど、まあどうにかなってる。ずっとこのままやっていければ、それって結構幸せなのかも。

 

「おはようございます」

「藤代紡希さん?お待ちしておりました。…あなたがお見合いの相手なんですね。あなたは当グループ会社の御曹司のお見合い相手候補に選ばれました!」

「…御…曹…え?はい?……お見合い…?」

 

いきなりのことにまったく頭がついていかない紡希。

 

「お見合い相手の候補です。つきましては、あなたを調査しなくてはなりません。あなたがいったいどんな方なのか、本日より会社での仕事ぶりから、私生活の過ごし方に至るまで、全てを!詳細に!観察・分析・報告させていただきます!!
私はあなたを担当する調査人、斑目(まだらめ)と申します。どうぞよろしく」

 

―――…は、はあ~~~~~!?

 

「おかしいじゃないですか!部長!どうして部外者の居座りが許されるんです!?」

「それがね~あの人うちのグループ会社の本家本元から来てるから、断る権利がなくて…」

「あの、お見合い候補のお話ですけど、それ、絶対何かの間違いです。私は庶民ですし!」

 

事態がどうしても飲み込めない紡希は、斑目に食って掛かる。

 

「経緯はこうです。お見合い候補の対象を広げるべきという話になり、その場にいたあなたの叔父様が、あなたを推薦されたので、候補に加えたのです」

「…なに…それ…それなら辞退します。そもそも結婚願望もそんなにないし」

 

―――私にそこまで苦手なものはないと思ってたけど、この人苦手!

 

仕事中も、休憩中も、お昼の時間さえも付き添う斑目に、ぐったりと疲れてしまう紡希。そんな紡希にお構いなく、斑目は都度観察し、その様子をメモに書き留めていた。

 

「…査定なんて上から過ぎませんか?女性を何だと思って・・・」

「これだけは言っておく。性別は関係ない。善きお相手との善きご縁を探している。それだけです。…君は結婚についてどう考えている」

「そう言われても…斑目さんはどうなんですか?」

「ふむ。結婚とは、永遠の恋愛だ。恋愛とは相手を思いやり、慈しみ尊重し、誠実にして裏切らない。結婚はそれを契約したものだ。心は誰にも止められない。そうだろう」

 

予想もしていなかった真面目な返答に驚きつつ、少し照れてしまう紡希。

 

「見合いをしてどうなるかは本人たち次第だ。どんな相手だろうとお互い相性があるだろう。そこを強要するつもりはない。ただ、御曹司は少々クセがあるがいいやつだ。友人の私が保証する。安心するといい」

 

斑目の言葉を受けて、結婚について考えるようになった紡希。

 

――どうしても結婚したいというわけでも、彼氏が欲しいわけでもない。ねぇ私、薄々気づいていたけれど、恋愛に向いてない・・・?

 

私は何も望まないから。恋愛も結婚も手を出さないから。向いていないの。

 

飲み会の帰り道、一人で歩いていた紡希は、斑目と遭遇する。

 

「飲み会に行っていたのか?よい出会いはなかっただろう?簡単に見つかるものではないんだ。そういうものだ。だが、結婚について考え始めたのならなによりだ」

「…でもやっぱり、相手もいないのに具体的には考えられないです」

「相手を想像するんだな。目の前にいると思って」

 

――相手・・・目の前にいる・・・
紡希が見上げた先には、凛とした表情の美しい斑目の姿があった―――

 

――え、今…私、何を想像した・・・!?

 

まだ確たるものはないけれど、でも今思うのは、この人といたら何かが見つかるようなそんな気がする。…たぶん、きっと、もしかしたら…

sponsored link

恋愛ジャッジメント【第1話】を読んだ感想

以上、第1話のネタバレでした!

 

今回の作品は、恋愛にも結婚にも興味が持てない庶民の女性が、ひょんなことから会社御曹司のお見合い候補になってしまうシンデレラストーリーです。調査人である斑目の存在はとても大きいですね。

 

紡希は、御曹司ではなく、斑目に惹かれていってしまうのかも?

 

どんな展開になっていくのかはわかりませんが、人間関係の展開が楽しみですね。

 

次回最新話が掲載されるプチコミック7月号は2019年6月8日発売予定です。お楽しみに!

 

恋愛ジャッジメント最新話のネタバレはこちら

sponsored link
おすすめの記事